澄川喜一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

澄川 喜一(すみかわ きいち、1931年5月2日 - )は、島根県出身の彫刻家。元東京芸術大学学長。新制作協会会員、2006年には同協会委員長を務めた。日本芸術院会員、文化功労者金沢美術工芸大学客員教授。東京芸術大学名誉教授。

島根県芸術文化センター グラントワセンター長・石見美術館長、財団法人横浜市芸術文化振興財団理事長を務める。

人物[編集]

島根県六日市町(現・吉賀町)生まれ。山口県立岩国工業高等学校機械科卒業。東京芸術大学美術学部彫刻科卒業。大学卒業後に助手として採用され、同大学専任講師、助教授を経て教授。 東京芸術大学学長を歴任。

「そりのあるかたち」シリーズで知られる作家。新制作協会会員。1998年に紫綬褒章、その他紺綬褒章日本芸術院賞日本芸術院恩賜賞などを受賞。

安藤忠雄と共に、東京スカイツリーのデザイン監修を務める。

主な彫刻作品の設置場所[編集]

主な受賞歴[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]