藤本能道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

藤本 能道(ふじもと よしみち、1919年1月10日 - 1992年5月16日)は日本の陶芸家。1986年に人間国宝に認定された。

略歴[編集]

東京府南豊島郡大久保村(後の東京市淀橋区、現・東京都新宿区)出身。麹町小学校[1]府立一中を経て[1]1931年東京美術学校工芸科図案部卒業後[1]文部省技術講習所に入所する。翌1932年加藤土師萌に師事。1938年には富本憲吉の助手を務めながら、九谷焼系の色絵磁器の技法を習得する。一時は輸出陶磁器のデザインや窯業技術指導を行うなど、陶器の制作を主にしていたが、再び色絵に着手し、1968年第31回光風会展で「礎器色絵花瓶」が光風工芸賞を受賞する。以後は釉薬や描画法の研究に励んだ。

1946年には日展国展に初入選。1956年日本陶磁協会賞、1965年日本工芸会東京支部展受賞、同年ジュネーブ国際陶芸展で銀賞(「赤絵大壷」)。その後も日本伝統工芸展等で作品を発表した。

1963年東京都青梅市に築窯する。着彩を白磁焼成の本焼工程前に行う独自の描画方法を確立。その技術が評価され、1986年4月28日に重要無形文化財「色絵磁器」保持者に認定される。

東京芸術大学教授を経て、1985年から5年間は学長を務めた。

1992年5月16日、東京都葛飾区で逝去。

脚注[編集]

外部リンク[編集]