会員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

会員(かいいん)とは、会(集団も参照)と称する組織の構成員のことである。これらの代表者(長)を会長または会頭、代表などという。

概要[編集]

民法上の社員、即ち社団、特に社団法人の構成員(出資者)のことを意味する場合、権利能力なき社団いわゆる任意団体の構成員、会員制のサービスの利用者などを意味することもある。

称号としての会員[編集]

主に学術機関、学会などでは功労ある会員に対して以下の称号を授与・贈呈することがある。

美術団体における会員[編集]

一部の美術団体が主催する公募展で入賞又は入選を果たすと、同美術団体の会員として推挙される。 美術団体によって会員に続く地位に準会員、会友が存在し、会員として推挙される為には準会員、会友として推挙されないといけない事が大半である。 このような制度が存在するのは、プロとアマチュアの線引きが難しい芸術家に肩書きを与える事で 一定の技量や知識がある事を証明する為だと言われている。

関連項目[編集]