福井直俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

福井 直俊(ふくい なおとし、1904年2月15日 - 2001年4月2日[1])は、日本のピアニスト富山県上市町出身。学校法人武蔵野音楽学園名誉学園長、元東京芸術大学学長。勲二等旭日重光章1974年に受章)[1]

略歴[編集]

武蔵野音楽大学創立者の福井直秋の長男として生まれる。弟に元武蔵野音楽大学の学長である福井直弘が、妹にピアニストの若尾輝子がいる[1]

東京音楽学校研究科を卒業。萩原英一レオニード・コハンスキに師事。1930年ベルリンに渡り、アルトゥル・シュナーベルに師事。帰国後、新交響楽団(現 NHK交響楽団)との共演や、「ベートーベン:ソナタ・アルバム」などの校訂に携わる[1]

武蔵野音楽大学教授を経て、東京芸術大学音楽学部の教授に就任。1963年、同学部長に就任。1964年、学校法人武蔵野音楽学園の理事長に就任。1969年12月21日、東京芸術大学学長に就任。1979年12月20日まで学長職に在職した[2]1980年に退官し、東京芸術大学名誉教授に就任。この間、ユネスコ・アジア文化センター理事長も務めた[1][3]

2001年4月2日午後9時、老衰のため東京都の自宅で死去。97歳没[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『新撰 芸能人物事典 明治~平成』日外アソシエーツ、2010年11月11日。ISBN 978-4-8169-2283-1
  2. ^ 東京藝術大学 | 大学紹介 | 歴代校長及び学長”. 2019年12月5日閲覧。
  3. ^ a b “福井 直俊氏死去/ピアニスト、元東京芸大学長”. 四国新聞社. (2001年4月3日). http://www.shikoku-np.co.jp/national/okuyami/article.aspx?id=20010403000099 2019年12月5日閲覧。