村上直次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
村上 直次郎
人物情報
生誕 (1868-02-26) 1868年2月26日慶応4年2月4日
豊後国玖珠郡森(現・大分県玖珠郡玖珠町
死没 (1966-09-17) 1966年9月17日(98歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 同志社英学校
帝国大学文科大学
学問
研究分野 歴史学(日欧交渉史、東南アジア史、キリスト教史
研究機関 東京外国語学校
東京帝国大学文科大学史料編纂掛→東京帝国大学文学部史料編纂掛
台北帝国大学文政学部
上智大学文学部
学位 文学博士(日本・1921年)
称号 上智大学名誉教授(1964年)
主要な作品 『貿易史上の平戸』(1917年)
『耶蘇会士日本通信』(1927-1928年)
『長崎オランダ商館の日記』(1956-1958年)
学会 帝国学士院、日本歴史地理研究会、キリシタン文化研究会
テンプレートを表示

村上 直次郎(むらかみ なおじろう、1868年2月26日慶応4年2月4日) - 1966年昭和41年)9月17日)は明治時代から昭和時代にかけての日本歴史学者文学博士

経歴[編集]

豊後玖珠(大分県玖珠町)出身。1878年(明治11年)から1884年(明治17年)の6年間を同志社英学校に学び、同予科(神学科)卒業後は東京府に移る。第一高等学校を経て1895年(明治28年)帝国大学文科大学史学科を卒業。その後東京帝国大学講師、東京外国語学校(現:東京外国語大学)校長、東京音楽学校(現東京芸術大学音楽学部)校長、台北帝国大学文政学部長、上智大学第4代学長などを歴任。帝国学士院会員、勲一等瑞宝章、日欧通交史、日本・東南アジア関係史の権威。

栄典[編集]

著作[編集]

村上直次郎
単著
翻訳・校訂
  • 『異国日記抄 校註』三秀舎 1911年(明治44年)
  • 『耶蘇会士日本通信』異国叢書 聚芳閣、1927年(昭和2年) - 1928年(昭和3年)、のち雄松堂「異国叢書」
  • 『異国往復書翰集・増訂異国日記抄』異国叢書 駿南社、1929年(昭和4年)、のち雄松堂 同
  • 『耶蘇会士日本通信 豊後篇』帝国教育会出版部、1936年(昭和11年)
  • ドン・ロドリゴ日本見聞録 ビスカイノ金銀島探検報告』駿南社、1929年(昭和4年)、のち雄松堂 同
  • 『バタヴィア城日誌』日蘭交通史料研究会、1937年(昭和12年)、のち平凡社東洋文庫〉全3巻
  • 『出島蘭館日誌』オランダ東インド会社長崎商館編 文明協会 1938年(昭和13年)
    • 『長崎オランダ商館の日記』岩波書店、1956年(昭和31年) - 1958年(昭和33年)
  • 『蘭領印度史』A. J. エイクマン, F. W. スターペル 原徹郎共訳 東亜研究所、1942年(昭和17年)
  • 『六昆王山田長政』編訳、朝日新聞社、1942年(昭和17年)
  • 『耶蘇会の日本年報』拓文堂 1943年(昭和18年) - 1944年(昭和19年)、のち『イエズス会日本年報』雄松堂 
  • 「山田長政」J. ファン・フリート『世界ノンフィクション全集29』筑摩書房1962年(昭和37年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第124号「叙任及辞令」1912年12月27日。
  2. ^ 『官報』第1201号「叙任及辞令」1916年8月1日
  3. ^ 『官報』第2104号「叙任及辞令」1934年1月10日。
  4. ^ 読売新聞「晴れの勲一等親授式 第2回生存者叙勲 清瀬、正力氏ら」1964年11月7日付け朝刊1面

関連文献[編集]

  • キリシタン文化研究会編 『キリシタン研究』第12輯、吉川弘文館、1967年3月
  • 『キリシタン文化研究会会報』第9年第9号(村上直次郎博士追憶特輯号)、1967年5月
  • 『上智史学』第13号(村上直次郎先生追憶号)、上智大学史学会、1968年10月
  • 「先學を語る 村上直次郎博士」(東方学会編 『東方学回想 I 先学を語る(1)』 刀水書房、2000年1月、ISBN 4887082460
  • 「日欧交渉史研究のパイオニア : 村上直次郎」(坂東省次著 『スペインを訪れた日本人 : エリートたちの異文化体験』 行路社、2009年6月、ISBN 9784875344155


学職
先代:
藤田豊八
日本の旗 台北帝国大学文政学部長
1929年 - 1932年
次代:
安藤正次