大谷啓治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大谷 啓治(おおたに けいじ、1930年(昭和5年)12月13日 - 2018年(平成30年)10月3日)は、日本の哲学者上智大学名誉教授。上智大学長を務めた。

略歴[編集]

1930年(昭和5年)東京都に生まれる。上智大学大学院哲学研究科修士課程修了、ミラノ・カトリック聖心大学博士課程修了。1955年上智大学文学部哲学科助手、1961年専任講師、1965年助教授を経て、1972年教授、2000年より名誉教授。1993年4月から1999年3月まで上智大学学長を務めた[1]

1996年イタリア共和国功労勲章(コンメンダトーレ章)、2009年秋に瑞宝重光章を受章[1]

2018年10月3日、胆嚢癌のため死去。87歳没[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 【訃報】大谷啓治元学長逝去 上智大学、2018年10月9日

外部リンク[編集]