滝澤正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

滝澤 正(たきざわ ただし、1946年昭和21年)7月 - )は、日本の法学者。第14代上智大学学長。前上智大学法科大学院教授。専攻は比較法学及びフランス法

略歴[編集]

長野県中野市生まれ。1979年から2年間フランス政府給費留学生としてパリ第2大学パンテオン・アサスに留学。1986年に『フランス行政法の理論』で、文学・歴史分野以外では初めて日本側の渋沢・クローデル賞受賞者となった。

学歴[編集]

  • 1969年 - 東京大学法学部卒業
  • 1971年 - 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了
  • 1976年 - 東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了。法学博士。学位論文「フランス法における行政契約-行政契約の標識を中心として-」

職歴[編集]

  • 1976年 - 上智大学法学部助教授
  • 1984年 - 上智大学法学部教授
  • 2004年 - 上智大学法科大学院教授
  • 2011年 - 上智大学学長
  • 2017年 - 上智大学定年退職

著作[編集]

単著[編集]

  • 『フランス法〔第4版〕』(三省堂、2010年)
  • 『比較法』(三省堂、2009年)
  • 『フランス法〔第3版〕』(三省堂、2008年)
  • 『フランス法〔第2版〕』(三省堂、2002年)
  • 『フランス法』(三省堂、1997年)
  • 『フランス行政法の理論』(有斐閣、1984年)

編著[編集]

訳書[編集]

  • (P. ウェール、D. プイヨー)『フランス行政法』(三省堂、2007年)(兼子仁と共訳)