土田将雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

土田 将雄(つちだ まさお、1923年1月16日 - 2018年10月26日)は、国文学者、イエズス会司祭上智大学元学長・名誉教授、藤女子大学元学長。

経歴・人物[編集]

東京市芝区新堀町(現・東京都港区)生まれ。旧制芝中学校を経て1943年慶應義塾大学経済学部入学。同年横須賀第二海兵団に入り、1945年9月海軍中尉。復学しイエズス会に入る。1947年慶大卒業。1952年上智大学文学部哲学科卒。1954年同大学院修士課程修了。1956年司祭。1957年上智大大学院神学研究科修士課程修了。1958-1959年フランスイギリスアイルランドに学ぶ。1959年上智大講師。1965年慶大大学院国文学博士課程満期退学。1966年社会福祉専修学校長。1967年上智大助教授。1969年教授。1979-85年文学部長。1987-93年上智大学長。1993-97年藤女子大学長。1988年聖母大学理事。1990年「細川幽斎の研究」で慶大文学博士[1]。細川幽斎を研究した。

2018年10月26日に老衰のため95歳で死去[2]

著書[編集]

  • 『細川幽斎の研究』笠間書院 1976
  • 『続・細川幽斎の研究』笠間書院 1994

編纂[編集]

  • 細川幽斎『衆妙集』編および翻刻 古典文庫 1969
  • 『細川玄旨集』編 古典文庫 1986
  • 『細川幽斎聞書』編 古典文庫 1987
  • 『綿考輯録 第4-6巻 忠利公』編 出水神社 1989-1990
  • 『綿考輯録 第7巻 光尚公』編 出水神社 汲古書院 1991

監修[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
先代:
永田淑子
藤女子大学学長
第4代: 1993年 ‐ 1997年
次代:
永田淑子