橋口倫介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
橋口 倫介
人物情報
生誕 (1921-06-24) 1921年6月24日
日本の旗 日本東京府
死没 2002年10月27日(2002-10-27)(81歳)
出身校 東京大学
学問
研究分野 歴史学(西洋史)
研究機関 上智大学
テンプレートを表示

橋口 倫介(はしぐち ともすけ、1921年6月24日 - 2002年10月7日)は、日本西洋史学者。上智大学名誉教授。元上智大学学長。勲二等瑞宝章受章。

経歴[編集]

1921年、東京府生まれ。1943年東京帝国大学西洋史学科繰り上げ卒業、海軍予備学生となる。

第二次世界大戦後復学し、1947年に東京大学大学院を修了。1951年より上智大学講師、1963年に同教授1984年学長となる。1992年に定年退職し、名誉教授。洗礼を受けたキリスト教徒であった。

受賞・栄典[編集]

著書 [編集]

  • 騎士の城 人物往来社 1967 (世界のドキュメント)
  • 中世騎士物語 社会思想社 1970 (現代教養文庫)
  • 騎士団 近藤出版社 1971 (世界史研究双書)
  • 十字軍 その非神話化 岩波新書 1974、復刊1980ほか
  • 十字軍 教育社歴史新書 1980
  • 人間の世界歴史 5 中世のコンスタンティノープル 三省堂 1982

共著編 [編集]

翻訳 [編集]

  • ルネ・グルッセ 『十字軍』 白水社 1954 (文庫クセジュ)
  • W.ドルメッソン 『教皇』 ドン・ボスコ社 1959 (カトリック全書)
  • C.コンバルジェ 『ひとり子の心理』 中央出版社 1960 (心理学叢書)
  • B.ギュマン 『中世教会史』 磯見辰典共訳 ドン・ボスコ社 1962 (カトリック全書)
  • B.ギュマン 『中世末期教会史』 ドン・ボスコ社 1962 (カトリック全書)
  • ジャン・ドゥロルム 『年表世界史 第2、4』 白水社 1967 (文庫クセジュ)
  • セシル・モリソン 『十字軍の研究』 白水社 1971 (文庫クセジュ)
  • レジーヌ・ペルヌー 『テンプル騎士団』 白水社 1977.3 (文庫クセジュ)
  • ジャック・ダヴー 『エチエンヌ・マルセルのパリ革命』 共訳 白水社 1988.6 (ドキュメンタリー・フランス史)

記念論集 [編集]

  • 西洋中世のキリスト教と社会 橋口倫介教授還暦記念論文集 刀水書房 1984.4

脚注[編集]


参考文献 [編集]