渋沢・クローデル賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渋沢・クローデル賞(しぶさわ・クローデルしょう)は、日本およびフランスにおける学術賞

概要[編集]

1984年、創立60周年を迎えた日仏会館が、創立者である渋沢栄一ポール・クローデルとを記念して設けた。2007年度まで毎日新聞社共催、2008年度より読売新聞社共催。日仏両国において、それぞれ相手国の文化に関する優れた研究成果(著作や翻訳書)に対して贈られる。受賞者には日本・フランス間往復航空券と、相手国での1か月間の滞在費が贈呈される。日本側では第3回から、ルイ・ヴィトンジャパン社の名を冠したLVJ特別賞も加わり、原則として年2件顕彰される。

受賞一覧[編集]

賞名、受賞者、受賞作の順。

  • 第1回(1984年)
  • 第2回(1985年)
    • 本賞 篠田勝英 ジョルジュ・デュビー(Georges Duby)著『中世の結婚 騎士・女性・司祭』翻訳 (新評論、1984 )
    • フランス側 ドミニク・テュルク 『ラニマル・ストラテジック 日本企業におけるあいまいな構造』
  • 第3回(1986年)
  • 第4回 (1987年)
  • 第5回(1988年)
    • 本賞 坪井善明 L'Empire vietnamien : face à la France et à la Chine, 1847-1885, Harmattan, 1987
    • LVJ特別賞 木村三郎 リュック・ド・ナントゥイユ著『David』翻訳 (美術出版社、1987)
    • フランス側 ジャン=ノエル・ロベール 『九世紀初期における日本の天台宗の教義』
  • 第6回(1989年)
  • 第7回(1990年)
  • 第8回(1991年)
  • 第9回(1992年)
  • 第10回 (1993年)
    • 本賞 松澤和宏 Introduction à l'étude critique et génétique des manuscrits de L'Education sentimentale de Gustave Flaubert : l'amour, l'argent, la parole (フランス図書、1992)
    • LVJ特別賞 栗田啓子 『エンジニア・エコノミスト フランス公共経済学の成立』 (東京大学出版会、1992)
    • 第10回記念特別賞 月村辰雄 『恋の文学誌 フランス文学の原風景をもとめて』 (筑摩書房、1992)
    • フランス側 マルグリット大矢 『江戸時代の漢詩』
  • 第11回(1994年)
    • 本賞 西野嘉章 『十五世紀プロヴァンス絵画研究 祭壇画の図像プログラムをめぐる一試論』 (岩波書店、1994)
    • LVJ特別賞 今橋映子 『異都憧憬 日本人のパリ』 (柏書房、1993)
    • 藤田亀太郎特別賞 森村敏己 『名誉と快楽 エルヴェシウスの功利主義』 (法政大学出版局、1993)
    • フランス側 クリスチャン・セギ 『明治期における日本新聞史』
  • 第12回(1995年)
  • 第13回(1996年)
    • 本賞 大村敦志 『法源・解釈・民法学 フランス民法総論研究』 (有斐閣、1995)
    • LVJ特別賞 山下雅之コントデュルケームのあいだ 1870年代のフランス社会学』 (木鐸社、1996)、松浦寿輝 『平面論 1880年代西欧』 (岩波書店、1994)
    • フランス側 ジョルジュ・ゴトリーブ 『日本の小説の一世紀』
    • 特別賞 エマニュエル・ロズラン 『1912年から1921年の森鴎外・林太郎』
  • 第14回 (1997年)
  • 第15回(1998年)
  • 第16回(1999年)
  • 第17回(2000年)
    • 本賞 矢後和彦 『フランスにおける公的金融と大衆貯蓄 預金供託金庫と貯蓄金庫 1816-1944』 (東京大学出版会、1999)
    • LVJ特別賞 塚本昌則 ラファエル・コンフィアン(Raphaël Confiant)著 『コーヒーの水』翻訳 (紀伊國屋書店、1999)
    • 現代フランス・エッセー賞特別賞 西川長夫 『フランスの解体? もうひとつの国民国家論』 (人文書院、1999)
    • 現代フランス・エッセー賞特別賞 鈴木裕之 『ストリートの歌 現代アフリカの若者文化』 (世界思想社、2003)
    • フランス側 クレール・ドダヌ 『与謝野晶子 情熱の歌人・日本女性解放運動の先駆』(博士論文)
  • 第18回(2001年)
    • 本賞 秋吉良人サドにおける言葉と物』 (風間書房、2001)
    • LVJ特別賞 高階絵里加 『異界の海 芳翠清輝天心における西洋』 (三好企画、2000)
    • 現代フランス・エッセー賞特別賞 大谷悟 『みちくさ生物哲学 フランスからよせる「こころ」のイデア論』 (海鳴社、2000)
    • フランス側 エリザベト・ドゥ・トゥシェ 『横須賀海軍工廠の創立1865‐1882 フランスから日本への技術移転』(博士論文)
  • 第19回(2002年)
    • 本賞 中山洋平 『戦後フランス政治の実験 第四共和制と「組織政党」 1944-1952』 (東京大学出版会、2002)
    • LVJ特別賞 亀井克之 『新版 フランス企業の経営戦略とリスクマネジメント』 (法律文化社、2001)
    • 現代フランス・エッセー賞特別賞 コリン・コバヤシ 『ゲランドの塩物語 未来の生態系のために』 (岩波書店、2001)
    • フランス側 ミカエル・リュケン 『20世紀の日本美術』(南明日香訳、三好企画、2007)
  • 第20回(2003年)
  • 第21回(2004年)
    • 本賞 木村琢麿 『財政法理論の展開とその環境 モーリス・オーリウの公法総論研究 』 (有斐閣、2004)
    • LVJ特別賞 桑瀬章二郎 Les confessions de Jean-Jacques Rousseau en France (1770-1794) : les aménagements et les censures, les usages, les appropriations de l'ouvrage , Honoré Champion, 2003
    • フランス側 ファビエンヌ・デュテイユ・オガタ 『東京の下町における日常生活の中の宗教』 (博士論文)
    • 特別賞 ミッシェル・ビエイヤール・バロン(Michel Vieillard-Baron) 『作庭記』翻訳 "De la création des jardins : traduction du Sakutei-ki", Tokyo : Maison franco-japonaise, 2003
  • 第22回 (2005年)
    • 本賞 竹中幸史 『フランス革命と結社』 (昭和堂、2005)
    • LVJ特別賞 宇野重規 『政治哲学へ 現代フランスとの対話』 (東京大学出版会、2004)
    • フランス側 エマニュエル・ロズラン 『文学と国柄 19世紀における日本文学史の誕生』
  • 第23回(2006年)
    • 本賞 寺戸淳子ルルド傷病者巡礼の世界』 (知泉書館、2006)
    • LVJ特別賞 鳥海基樹 『オーダー・メイドの街づくり パリの保全的刷新型「界隈プラン」』 (学芸出版社、2004)
    • フランス側 アルノー・ナンタ 『日本列島の住民の起源に関する人類学的・考古学的考察 1870‐1990』(博士論文)
  • 第24回(2007年)
    • 本賞 原大地 Lautréamont, vers l'autre : étude sur la création et la communication littéraires, L'Harmattan, 2006
    • LVJ特別賞 河本真理 『切断の時代 20世紀におけるコラージュの美学と歴史』 (ブリュッケ、2007年)
    • フランス側 ミッシェル・ダリシエ 『西田幾多郎 統一の哲学』(博士論文)
  • 第25回(2008年)
    • 本賞 川嶋周一 『独仏関係と戦後ヨーロッパ国際秩序 ドゴール外交とヨーロッパの構築 1959-1963』(創文社、2007)
    • LVJ特別賞 高村学人 『アソシアシオンへの自由 「共和国」の論理』(勁草書房、2007)
    • フランス側 ギブール・ドラモット 『日本の防衛政策の決定要因と政治ゲーム』(博士論文)
  • 第26回(2009年)
    • 本賞 藤原貞朗 『オリエンタリストの憂鬱 植民地主義時代のフランス東洋学者とアンコール遺跡の考古学』(めこん、2008)
    • LVJ特別賞 林洋子藤田嗣治 作品をひらく 旅・手仕事・日本』(名古屋大学出版会、2008)
    • フランス側 カリン・プペ 『LES JAPONAIS 日本人』(Tallandier、2008年)
  • 第27回(2010年)
    • 本賞 互盛央フェルディナン・ド・ソシュール 〈言語学〉の孤独、「一般言語学」の夢』(作品社、2009)
    • LVJ特別賞 陳岡めぐみ 『市場のための紙上美術館 19世紀フランス、画商たちの複製イメージ戦略』(三元社、2009)
    • 特別賞 田口卓臣ディドロ 限界の思考 小説に関する試論』(風間書房、2009)
    • フランス側 クレール=碧子・ブリッセ (Claire-Akiko BRISSET) 『文章と絵画の交差点で』(Collège de France、2009)
  • 第28回(2011年)
    • 本賞 重田園江 『連帯の哲学Ⅰ―フランス社会連帯主義』(勁草書房、2010)
    • LVJ特別賞 伊達聖伸 『ライシテ、道徳、宗教学―もうひとつの19世紀フランス宗教史』(勁草書房、2010)
    • フランス側 ニコラ・ボーメール 『日本酒 日本固有の歴史、文化の地理学』の博士論文
  • 第29回(2012年)
    • 本賞 小田涼 『認知と指示 定冠詞の意味論』(京都大学学術出版会、2012)
    • LVJ特別賞 高山裕二 『トクヴィルの憂鬱―フランス・ロマン主義と〈世代〉の誕生』(白水社、2012)
    • フランス側 マチュー・セゲラ 『ジョルジュ・クレマンソーと極東』(博士論文)
  • 第30回(2013年)
    • 本賞 吉川順子 『詩のジャポニスムージュディット・ゴーチエの自然と人間』(京都大学学術出版会、2012)
    • LVJ特別賞 小島慎司 『制度と自由ーモーリス・オーリウによる修道会教育規制法律批判をめぐって』(岩波書店、2013)
    • フランス側 クレア・パタン 『日本美術市場の社会学的アプローチ 美術品の販売、流通、普及、価値形成のための仲介業者ネットワーク』(博士論文)
  • 第31回(2014年)
    • 本賞 泉美知子 『文化遺産としての中世―近代フランスの知・制度・感性に見る過去の保存』(三元社、2013)
    • LVJ特別賞 橋本周子 『美食家の誕生―グリモと「食」のフランス革命』(名古屋大学出版会、2014)
    • フランス側 ノエミ・ゴドフロワ 『古代から19世紀初頭までの蝦夷地をめぐる交流、支配と対外関係』(著作) 
  • 第32回(2015年)
    • 本賞 大森晋輔 『ピエール・クロソウスキー 伝達のドラマトゥルギー』(左右社, 2014)
    • LVJ特別賞 安藤裕介 『商業・専制・世論ーフランス啓蒙の「政治経済学」と統治原理の転換』(創文社, 2014)
    • フランス側 フランク・ミシュラン『太平洋戦争直前の仏領インドシナと日本の南進』(博士論文)
  • 第33回(2016年)
    • 本賞 該当作無し
    • 特別賞 小門穂 『フランスの生命倫理法 生殖医療の用いられ方』(ナカニシヤ出版, 2015)
    • 特別賞 森千香子 『排除と抵抗の郊外: フランス「移民」集住地域の形成と変容』(東京大学出版会, 2016)
    • フランス側 マルタン・ノゲララモス『日本の村落社会におけるカトリック教と潜伏キリシタン』(博士論文)
  • 第34回(2017年)
    • 本賞 渡辺優 『ジャン=ジョゼフ・スュラン― 一七世紀フランス神秘主義の光芒』(慶應義塾大学出版会 2016)
    • 奨励賞 宮下雄一郎 『フランス再興と国際秩序の構想―第二次世界大戦期の政治と外交』(勁草書房 2016)
    • フランス側 アルノ・グリボ『日本の政治体制の再編-1990年代以降の政治システムにおける官僚制』(博士論文)
  • 第35回(2018年)
    • 本賞 新居洋子 『イエズス会士と普遍の帝国 在華宣教師による文明の翻訳』(名古屋大学出版会 2017年)
    • 奨励賞 鳥山定嗣 『ヴァレリーの『旧詩帖』 初期詩篇の改変から詩的自伝へ』(水声社 2018年)
    • フランス側 リュシアン=ロラン・クレルク『日本におけるアイヌの社会文化的変容』(博士論文)
  • 第36回(2019年)
    • 本賞 該当作無し
    • 奨励賞 石川学 『ジョルジュ・バタイユ 行動の論理と文学』(東京大学出版会 2018年)
    • 奨励賞 梅澤礼 『囚人と狂気 一九世紀フランスの監獄・文学・社会』(法政大学出版局 2019年)
    • フランス側 シモン・エベルソルト『偶然と共同―日本の哲学者、九鬼周造』(論文)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]