西野嘉章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

西野 嘉章(にしの よしあき、1952年1月 - )は、日本の美術史学者。文化財保存科学、博物館工学専攻。東京大学総合研究博物館館長・教授。

来歴[編集]

1979年東大文学部美術史専攻(現:歴史文化学科 美術史学専修課程)卒業、1982年同大学院博士課程中退、1984年弘前大学専任講師、1986年、同助教授、1993年、「十五世紀プロヴァンス絵画研究 祭壇画の図像プログラムをめぐる一試論」で東京大学文学博士1994年渋沢・クローデル賞受賞、東京大学総合研究資料館助教授、1996年、総合研究博物館と改称、1998年、教授。2010年、から館長を務める。

著書[編集]

単著[編集]

  • 十五世紀プロヴァンス絵画研究 祭壇画の図像プログラムをめぐる一試論(岩波書店 1994年)
  • 博物館学 フランスの文化と戦略(東京大学出版会 1995年)
  • 大学博物館 理念と実践と将来と(東京大学出版会 1996年)
  • 裝釘考(玄風舎 2000年/平凡社ライブラリー 2011年)
  • 二十一世紀博物館 博物資源立国へ地平を拓く(東京大学出版会 2000年)
  • マーク・ダイオンの「驚異の部屋」講義録 ミクロコスモグラフィア(平凡社 2004年)
  • チェコ・アヴァンギャルド ブックデザインにみる文芸運動小史(平凡社 2006年)
  • 西洋美術書誌考(東京大学出版会 2009年)
  • 浮遊的前衛(東京大学出版会 2012年)
  • モバイルミュージアム 行動する博物館 21世紀の文化経済論(平凡社新書、2012年)

編著[編集]

  • 東アジアの形態世界(青柳正規共編 東京大学総合研究資料館(東京大学コレクション 1) 1994年)
  • 動く大地とその生物(大場秀章共編 東京大学出版会(東京大学コレクション 2) 1995年)
  • 歴史の文字 記載・活字・活版(東京大学総合研究博物館(東京大学コレクション 3) 1996年)
  • 真贋のはざま デュシャンから遺伝子まで(東京大学総合研究博物館(東京大学コレクション 12) 2001年)
  • プロパガンダ1904-45 新聞紙・新聞誌・新聞史(東京大学総合研究博物館(東京大学コレクション 18) 2004年)
  • 鳥のビオソフィア 写真家上田義彦のマニエリスム博物誌(秋篠宮文仁共編 東京大学出版会 2008年)
  • 百石譜 写真家上田義彦のマニエリスム博物誌編(東京大学出版会 2008年)
  • インターメディアテク 東京大学学術標本コレクション(東京大学総合研究博物館、2013年)
  • 黄金郷を彷徨う アンデス考古学の半世紀(鶴見英成共編、東京大学総合研究博物館、2015年)

翻訳[編集]

  • 形象の解読 1 芸術の社会学的構造 (ピエール・フランカステル 新泉社 1981年)
  • 幻想の中世 ゴシック美術における古代と異国趣味(ユルジス・バルトルシャイティスリブロポート 1985年/平凡社ライブラリー(上下)、1998年)
  • ロダン「デッサン・エロティク」(フィリップ・ソレルス岩崎力共訳 リブロポート 1987年)
  • イコノゲネシス イメージからイコンへ(H・W・ジャンソン、J・ビアウォストツキ 松枝到共訳 平凡社 1987年)
  • ホックニー画集 ひとつの回顧(ヘンリー・ゲルツァーラー リブロポート 1988年)
  • かたちと力 原子からレンブラントへ(ルネ・ユイグ 寺田光徳共訳 潮出版社 1988年)
  • 中世の美術 「ケンブリッジ西洋美術の流れ2」(アニー・シェイヴァー=クランデル 岩波書店 1989年)
  • アレゴリーとシンボル 図像の東西交渉史 R・ウィトカウアー (大野芳材共訳、「ヴァールブルク・コレクション」平凡社 1991年)
  • ムンク画集 油彩、下絵、習作(アルネ・エッグム リブロポート 1991年)
  • ゼロの記号論 無が意味するもの(ブライアン・ロトマン 岩波書店 1991年)
  • イコン 聖画像新釈(エフラム・ヨン、フィリップ・セール リブロポート 1995年)

外部リンク[編集]