前田英樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

前田 英樹(まえだ ひでき、1951年9月4日[1]- )は、日本のフランス文学者、文芸映画評論家立教大学教授

経歴[編集]

大阪府生まれ。1974年中央大学文学部仏文科卒、1980年同大学院博士課程満期退学。1985年広島大学総合科学部専任講師、1987年助教授、1991年立教大学文学部フランス文学科助教授、1994年教授、2006年立教大学現代心理学部映像身体学科教授。

はじめソシュール研究者だった[2]が、映画、文芸評論、美術武術[3]などを論考著作を刊行。

著書[編集]

共著[編集]

  • ソクーロフとの対話 魂の声、物質の夢』ソクーロフと共著・解説、児島宏子訳 河出書房新社 1996
  • 『剣の思想』甲野善紀共著 青土社 2001、増補新版2013
  • 『彫刻空間 物質と思考 対論』若林奮共著 書肆山田 2001
  • 『からだで作る〈芸〉の思想 武術と能の対話』安田登対談 大修館書店 2013

訳注[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『文藝年鑑』2015年
  2. ^ 大学院で、ソシュール研究で著名な言語哲学丸山圭三郎の指導を受け、「著作集」の編集委員を、加賀野井秀一と務めている(岩波書店全5巻, 2013-2014)。
  3. ^ 若年時より新陰流剣術を学び、現在は新陰流・武術探求会を主宰。
  4. ^ 柳田國男柳宗悦の共通項と差異を論じている。

参考[編集]

外部リンク[編集]