保田與重郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

保田 與重郎保田 与重郎、やすだ よじゅうろう、1910年明治43年)4月15日 - 1981年昭和56年)10月4日)は日本文芸評論家で多数の著作を刊行した。湯原冬美の筆名も用いた。

来歴[編集]

奈良県桜井町(現桜井市)生まれ。旧制奈良県立畝傍中学校大阪市阿倍野区にあった旧制大阪高校から東京帝国大学美学科美術史学科卒業。大阪高校時代にはマルクス主義にも触れ、蔵原惟人中条百合子の作品を評価していた。また、高校時代の同級に竹内好がおり、後に保田が中国を訪れたときに、竹内が案内をしたことがある。

在学中より、『コギト』、亀井勝一郎らとともに『日本浪曼派』創刊同人として活躍。高校時代のマルクス主義から後に、ヘルダーリンシュレーゲルを軸としたドイツロマン派に傾倒して、近代文明批判と日本古典主義を展開。1936年昭和11年)に、処女作である「日本の橋」で第一回池谷信三郎賞を受賞、批評家としての地位を確立する。以後、日本浪曼派の中心人物として、太平洋戦争大東亜戦争)終了まで、時代を代表する評論家となる。

大東亜戦争を「正当化」したとされ、戦線の拡大を扇動する論陣を張る(論者によって捉え方が異なる)。1948年(昭和23年)、公職追放。戦後、言論および存在は黙殺された時期があったが、1960年代後半から復権した。その間も「祖国」を創刊し、匿名で時評文を書く(「絶対平和論」「日本に祈る」など)。その姿勢は、戦前から一貫していた。

橋川文三『日本浪曼派批判序説』では、保田の作風はデスペレートな(絶望的な)諦観に貫かれており、それが古典の学識に彩られており、ファシズム的な、あるいはナチズム的な能動的な高揚感ではなく、死を背後に担った悲壮感を漂わせていたとのことであり、それが、特攻を企画した軍への反感とあいまって、戦意高揚に資したと戦後批判されることになったとされる。

明治維新以降の神道の国教化(国家神道)に疑問を呈し、上古の神道とは異なるのではと評した。キリスト教のような布教する宗教ではなく、あくまで自然に根ざした人間の本源的な宗教であり、信仰の強制=皇民化に反対していた。大東亜共栄圏の侵略の方便に神道が使われることに、祭政一致の観点から嫌悪を示していた。

「絶対平和論」では、近代性の克復により、アジアの根源的精神性の目覚めを期待していた。当人は、そもそもの文明の母体であるアジアの豊繞さの熟成が望まれているのだから、当然戦争という手段は、峻拒されると考えていた。

戦時下の保田の文章でも、神儒分離が徹底主張され、所謂「皇国史観」とは、種類を異にしている。消極的ながら、厭戦的なものを忍ばせていた。本居宣長が「直毘霊」以来の神ながらの道に純粋に徹したと言われる。

作品は、「大和桜井の風土の中で身につけた豊かな日本古典の教養と迅速な連想による日本美論である」と言われていたが、渡辺和靖『保田與重郎研究』により大正教養主義イデオローグの圧倒的影響下にあることが立証された。

滋賀県大津市義仲寺の再建に尽力し、分骨の墓所は同寺にある。本来の墓所は、菩提寺から桜井市脇谷公園墓地に移されている。

著作[編集]

  • 『英雄と詩人 文藝評論集』人文書院、1936 
  • 『日本の橋』芝書店、1936。角川選書 1970。講談社学術文庫 1990
  • 『蒙疆』生活社、1938 
  • 『戴冠詩人の御一人者』東京堂、1938
  • 後鳥羽院 日本文學の源流と傳統』思潮社、1939 
  • 『ヱルテルは何故死んだか』ぐろりあ・そさえて、1939。酣燈社学生文庫 1951(新書判)
  • 『浪曼派的文藝批評』人文書院、1939 
  • 佐藤春夫』弘文堂〈教養文庫〉、1940、同・新版1958。日本図書センター「近代作家研究叢書」 1993(復刻)
  • 『文學の立場』古今書院、1940 
  • 『民族的優越感』道統社、1941 
  • 『日本語録』新潮社〈新潮叢書〉、1942 
  • 和泉式部私抄』育英書院、1942。日本ソノ書房 1969 
  • 『古典論』講談社、1942 
  • 萬葉集の精神-その成立と大伴家持』筑摩書房、1942 
  • 『風景と歴史』天理時報社、1942 
  • 『詩人の生理』人文書院、1942 
  • 『芭蕉』新潮社〈日本思想家選集〉、1943。講談社学術文庫 1989
  • 『南山踏雲録』小学館、1943 
  • 『文明一新論』第一公論社、1943 
  • 『皇臣傳』大日本雄辯會講談社、1943
  • 『機織る少女』萬里閣、1943
  • 『現代畸人傳』新潮社 1964 
  • 『保田與重郎著作集 第2巻』南北社 1968。本巻のみ「後鳥羽院・西行・芭蕉・佐藤春夫」を収録。
  • 『日本の美術史』新潮社 1968 
  • 『日本浪曼派の時代』至文堂 1969 
  • 『日本の美とこころ』読売新聞社〈読売選書〉 1970
  • 『木丹木母集』新潮社 1971。歌集
  • 『日本の文學史』新潮社 1972 
  • 『方聞記』新潮社 1975
  • 『萬葉集名歌選釈』新学社教友館〈新学選書〉 1975
  • 『冰魂記』白川書院 1978。恒文社 1985
  • 『天降言』文藝春秋〈人と思想〉 1979
  • 『わが萬葉集』新潮社 1982。文春学藝ライブラリー 2013(文庫判)
  • 『日本史新論』新潮社 1984
  • 『身余堂書帖』講談社 1989。書蹟集「全集」完結出版
  • 『保田與重郎文芸論集』講談社文芸文庫 1999。川村二郎
  • 『保田與重郎 日本浪曼派の時代(抄)/みやらびあはれ』 「作家の自伝97」日本図書センター 1999。桶谷秀昭
  • 『ふるさとなる大和 日本の歴史物語』展転社 2013

作品集[編集]

  • 『保田與重郎選集』全6巻 講談社 1971-72 
  • 『保田與重郎全集』全40巻別巻5 講談社 1985-1989 (全巻解説・谷崎昭男)
  • 『保田與重郎文庫』全32巻 新学社 1999-2003(各巻に解説)

共著[編集]

  • 『大和 長谷寺』淡交社、1965(写真:葛西宗誠)
  • 『心の対話 日本の心-日本浪漫派の美意識』 中河與一と、日本ソノ書房、1969。ぺりかん社、1982
  • 『万葉路 山ノ辺の道』新人物往来社 1973(写真:片岡敏男)
  • 『カラー万葉の歌』淡交社 1975(写真:大道治一)
  • 『歌集 炫火頌(カギロイシヨウ)』棟方志功画、講談社文庫、1982
    • 『棟方志功 講談社アート・ブックス』講談社、1956(新書判)、解説を担当、終生深い交流があった。

伝記研究[編集]

  • 谷崎昭男 『花のなごり 先師保田與重郎』(新学社、1997)
  • 前田英樹 『保田與重郎を知る』(新学社、2010)
  • 『保田與重郎のくらし 京都・身余堂の四季』 (谷崎編、新学社、2007) - 愛蔵版も刊行。
  • 『私の保田與重郎』(新学社、2010) - 175篇の感懐・回想を所収。
  • 桶谷秀昭 『保田與重郎』(新潮社、1983/講談社学術文庫、1996)
  • 桶谷秀昭 『浪曼的滑走 保田與重郎と近代日本』(新潮社、1997)
  • ロマノ・ヴルピッタ 『不敗の条件 保田與重郎と世界の思潮』(中央公論社〈中公叢書〉、1995)
  • 福田和也 『保田與重郎と昭和の御代』(文藝春秋、1996)
  • 吉見良三 『空ニモ書カン 保田與重郎の生涯』(淡交社、1998)
  • 川村二郎 『イロニアの大和』(講談社、2003)
  • 近藤洋太 『保田與重郎の時代』(七月堂、2003)
  • 渡辺和靖 『保田與重郎研究 一九三〇年代思想史の構想』(ぺりかん社、2004)
  • 古木春哉 『保田與重郎の維新文学 私のその述志案内』(白河書院、2005)
  • 阿部正路 『保田與重郎 主としてその戦後論』 (林道舎、1987)
  • 神谷忠孝・奥出健編 『保田與重郎書誌』(笠間書院〈笠間叢書〉、1979)、オンデマンド版2015

参考著作[編集]

関連項目[編集]