澤村修治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

澤村 修治(さわむら しゅうじ、1960年 - )は、日本の編集者、学者。本名、横手拓治[1]

東京生まれ。千葉大学人文学部卒業後、牧野武朗に編集について学ぶ。中央公論社中央公論新社で37年にわたり編集者を務め、中公新書ラクレ中公選書の創刊編集長を担当した。2017年より帝京大学文学部非常勤講師を兼任し、2020年3月に中央公論新社を定年退職。同年4月より淑徳大学人文学部表現学科教授となる。また、思想誌『ひらく』編集委員長を務める[2][3]

連載[編集]

TV出演[編集]

  • 特別シリーズ「日本人とはそも何者ぞ」(西部邁浜崎洋介との共演。MXテレビ、2017年6月17日~2018年1月27日、全20回)
    • 『西部邁最後の思索「日本人とは、そも何者ぞ」』 飛鳥新社(2018年5月)、で書籍化。

著書[編集]

  • 徳田秋聲、仮装と成熟』(開港堂発行、ライトハウス開港社[5]発売、2010年) ISBN 978-4905200024
  • 宮澤賢治と幻の恋人 澤田キヌを追って』(河出書房新社、2010年) ISBN 978-4309020020
  • 『宮澤賢治のことば ほんとうの幸(さいわい)をさがしに』(編著。理論社、2012年) ISBN 978-4652042274
  • 『悲傷の追想 「コギト」編集発行人、肥下恒夫の生涯』(ライトハウス開港社、2012年) ISBN 978-4905200048
  • 『日本のナイチンゲール従軍看護婦の近代史』(図書新聞、2013年) ISBN 978-4886114525
  • 八木重吉のことば こころよ、では行っておいで』(編著。理論社、2013年) ISBN 978-4652200193
  • 『天皇のリゾート 御用邸をめぐる近代史』 (図書新聞、2014年) ISBN 978-4886114600
  • 『敗戦日本と浪曼派の態度』 (ライトハウス開港社、2015年) ISBN 978-4905200055
  • 『宮澤賢治、山の人生』(編著。エイアンドエフ、2016年) ISBN 978-4990706524
  • 唐木順三-あめつちとともに』(ミネルヴァ書房日本評伝選〉、2017年)ISBN 978-4623080557
  • 西郷隆盛-滅びの美学』(幻冬舎新書、2017年)ISBN 978-4344984677
  • 『幕末青春伝 西郷隆盛―時代をかけぬけた男』(理論社、2017年) ISBN 978-4652202418
  • 『ベストセラー全史 【現代篇】』(筑摩選書、2019年6月)ISBN 978-4480016836
  • 『ベストセラー全史 【近代篇】』(筑摩選書、2019年7月)ISBN 978-4480016843
  • 『日本マンガ全史 「鳥獣戯画」から「鬼滅の刃」まで』(平凡社新書、2020年6月)ISBN 978-4582859447

脚注[編集]

  1. ^ 『日本マンガ全史 「鳥獣戯画」から「鬼滅の刃」まで』p.457
  2. ^ 『大村 智 - 2億人を病魔から守った化学者』独特の研究勘は、どのように培われたのか? HONZ、2015年10月18日
  3. ^ 『日本マンガ全史 「鳥獣戯画」から「鬼滅の刃」まで』著者紹介
  4. ^ 表現者塾・講師澤村修治「西郷南洲論」”. 西部邁ゼミナール TOKYO MX (2015年5月31日). 2015年7月29日閲覧。
  5. ^ ライトハウス開港社