川村二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

川村 二郎(かわむら じろう、1928年1月28日 - 2008年2月7日)は、日本ドイツ文学者、文芸評論家。

来歴・人物[編集]

愛知県名古屋市に、陸軍軍人川村宇一の次男として生まれる。父の転勤で、静岡、東京、金沢、朝鮮光州、名古屋と転々とし、熱田中学校から第八高等学校在学中に敗戦を迎え、1950年東京大学文学部独文科卒業、愛知学芸大学助手、1952年講師、1953年名古屋大学教養部講師、1957年、篠田一士の誘いで丸谷才一らの同人誌『秩序』に参加、1958年助教授、1960年東京都立大学人文学部助教授となる。

ブロッホムージルなどの翻訳の一方、「保田與重郎論」(1966年)で文藝評論家としてデビュー。

1969年、『限界の文学』で亀井勝一郎賞受賞、また近世文藝や前近代的な近代作家を論じた『銀河と地獄』(1973年)で芸術選奨新人賞、1975年都立大学教授、『内田百間論』(1983年)で読売文学賞、『アレゴリーの織物』で伊藤整文学賞受賞。

1991年都立大学を定年退官、1992年大阪芸術大学教授となり、1998年定年、客員教授となり、2004年まで務める。1996年 紫綬褒章受章、2000年 日本芸術院賞受賞。2005年より日本芸術院会員。

『内部の季節の豊穣』では内向の世代を論じ、独文科の後輩である古井由吉を援護、また池内紀との共著、都立大の同僚だった篠田一士との共訳などもあり、幅広く目配りをしつつ、幻想的な文学を中心に評論活動を行った。民俗学にも関心が深く、定年以後は紀行文も目立つ。説経節浄瑠璃などの語り物文藝から、『南総里見八犬伝』も論じ、特に泉鏡花を愛好したが、幸田露伴の『幻談』などの再評価にも一役かった。また吉行淳之介中上健次も高く評価した。

2008年2月7日心筋梗塞のため逝去。80歳没 。叙正四位

著書[編集]

単著[編集]

  • 『限界の文学』河出書房新社 1969
  • 『幻視と変奏』新潮社 1971
  • 『銀河と地獄-幻想文学論』講談社 1973/講談社学術文庫 1985
  • 『懐古のトポス』河出書房新社 1975
  • 『チャンドスの城』講談社 1976
  • 『内部の季節の豊穣』小沢書店 1978。作家論集 
  • 『感覚の鏡-吉行淳之介論』講談社 1979
  • 『文学の生理 文芸時評1973~1976』小沢書店 1979
  • 『黙示録と牧歌』集英社 1979
  • 『語り物の宇宙』講談社 1981/講談社文芸文庫 1991
  • 『内田百閒論』福武書店 1983
  • 『古典を読む 里見八犬伝』岩波書店 1984/同時代ライブラリー 1997
  • 『日本廻国記一宮巡歴』河出書房新社 1987/講談社文芸文庫 2002
  • 『文芸時評』河出書房新社 1988
  • 『白夜の廻廊 世紀末文学逍遥』岩波書店 1988
  • アレゴリーの織物』講談社 1991/講談社文芸文庫 2012
  • 『日本文学往還』福武書店 1993
  • 『神々の魅惑―旅のレリギオ』小沢書店 1994
  • 『幻談の地平―露伴・鏡花その他』小沢書店 1994
  • 『河内幻視行』トレヴィル 1994
  • 和泉式部幻想』河出書房新社 1996
  • 『伊勢の闇から』講談社 1997
  • 『白山の水--鏡花をめぐる』講談社 2000/講談社文芸文庫 2008
  • 『イロニアの大和』講談社 2003(保田與重郎論)

共著[編集]

翻訳[編集]

記念論集[編集]

  • 『プリスマ 川村二郎をめぐる変奏』 川村二郎先生退職記念文集刊行会編、小沢書店 1991