三光長治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三光 長治(さんこう ながはる、1928年9月24日 - )は、日本の音楽学者、ドイツ文学者、埼玉大学名誉教授。

来歴[編集]

広島県生まれ。1952年、京都大学独文科卒業。愛知大学講師、神戸大学助教授、埼玉大学教授、1994年定年退官、名誉教授、神戸松蔭女子学院大学教授。2008年秋、瑞宝中綬章受勲。テオドール・アドルノリヒャルト・ワーグナーの研究、翻訳等に従事。

著書[編集]

  • 『エルザの夢 新しいワーグナー像を求めて』法政大学出版局, 1987
  • 『アドルノのテルミノロギー』法政大学出版局, 1987
  • 『ワーグナー』新潮社(新潮文庫), 1990
  • 『知られざるワーグナー』法政大学出版局, 1997
  • 『晩年の思想 アドルノ、ワーグナー、鏡花など』法政大学出版局, 2004
  • 『〈新編〉ワーグナー』 平凡社, 2013 (「ワーグナー」(新潮社 1990年刊)の改題,増補・再編)

共著[編集]

  • 思索する耳 ワーグナーとドイツ近代 同学社, 1994

翻訳[編集]

  • 楽興の時 アドルノ 川村二郎共訳 白水社, 1969
  • ゾチオロギカ 社会学の弁証法 アドルノ 市村仁共訳 イザラ書房, 1970
  • 不協和音 管理社会における音楽 アドルノ 高辻知義共訳 音楽之友社, 1971 のち平凡社ライブラリー
  • ワーグナー クルト・フォン・ヴェステルンハーゲン 高辻知義共訳 白水社, 1973
  • 文学ノート アドルノ イザラ書房, 1978
  • ミニマ・モラリア 傷ついた生活裡の省察 アドルノ 法政大学出版局, 1979
  • トリスタンとイゾルデ ワーグナー 白水社, 1990
  • コジマの日記 リヒャルト・ワーグナーの妻 1(1869.1-1870.5) 池上純一,池上弘子共訳 東海大学出版会, 2007

参考[編集]

  • 「三光長治名誉教授略歴・業績一覧」埼玉大学紀要 外国語学文学篇 1994