日和聡子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日和 聡子
(ひわ さとこ)
誕生 (1974-09-27) 1974年9月27日(44歳)
日本の旗 島根県邑智郡邑智町
職業 詩人
小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士(文学)
最終学歴 立教大学文学部日本文学科卒業
活動期間 2002年 -
ジャンル
小説
主な受賞歴 中原中也賞(2002年)
野間文芸新人賞(2012年)
萩原朔太郎賞(2016年)
デビュー作 『びるま』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

日和 聡子(ひわ さとこ、1974年9月27日[1] - )は、日本詩人小説家

経歴・人物[編集]

島根県邑智郡邑智町(現・美郷町)に生まれる[2]島根県立大田高等学校立教大学文学部日本文学科卒業[3]。卒論は梅崎春生論。2002年、詩集『びるま』で第7回中原中也賞を受賞[4]。同作はもともと私家版だったが、受賞をきっかけに青土社から再刊された。その後小説も書くようになる。2006年、「尋牛図」が第32回川端康成文学賞で候補作に選ばれる[5]2008年、『おのごろじま』が第21回三島由紀夫賞で候補作に選ばれる[6]2012年、『螺法四千年記』で第34回野間文芸新人賞を受賞[3]2016年、詩集『砂文』で第24回萩原朔太郎賞を受賞[7]

作品リスト[編集]

詩集[編集]

  • びるま(2001年3月 私家版 / 2002年4月 青土社
  • 唐子木(2001年3月 私家版)
  • 風土記(2004年11月 紫陽社)
  • 虚仮の一念(2006年7月 思潮社
  • 日和聡子詩集(2014年3月 思潮社〈現代詩文庫〉)
  • 砂文(2015年10月、思潮社)

小説[編集]

  • 火の旅(2007年2月 新潮社
    • 【初出】『新潮』2006年5月号
  • おのごろじま(2007年11月 幻戯書房
  • 瓦経(2009年3月 岩波書店〈Coffee books〉)
  • 螺法四千年記(2012年7月 幻戯書房)
  • 御命授天纏佐左目谷行(2014年3月 講談社
  • 校舎の静脈(2015年9月 新潮社)

単行本未収録作品[編集]

  • 尋牛図(『すばる』2005年8月号)
  • 迷える衆生(『すばる』2005年11月号)
  • 時代の証言(『すばる』2006年3月号)
  • 光日(『すばる』2006年6月号)

アンソロジー[編集]

  • ナイン・ストーリーズ・オブ・ゲンジ(2008年10月 新潮社)
    • 【改題】源氏物語 九つの変奏(2011年5月 新潮文庫

脚注[編集]

  1. ^ 中原中也記念館 中原中也賞 第7回
  2. ^ ぶんかれんニュース 島根県文化団体連合会
  3. ^ a b 『御命授天纏佐左目谷行』(日和聡子)|講談社BOOK倶楽部
  4. ^ びるま / 日和 聡子【著】 - 紀伊國屋書店ウェブストア
  5. ^ 第三十二回川端康成文学賞|新潮社
  6. ^ 第二十一回三島由紀夫賞|新潮社
  7. ^ 萩原朔太郎賞に日和聡子さん - 産経ニュース