笹本寅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

笹本 寅(ささもと とら、1902年5月25日 - 1976年11月20日)は、日本の作家

佐賀県唐津市生まれ。1924年 東洋大学中退。1925年春秋社に入り、中里介山大菩薩峠』の刊行を担当する。1931年時事新報社入社、文芸部・社会部に在籍(1934年退社)。1939年海音寺潮五郎らと同人誌『文学建設』を創刊し、1941年「会津士魂」で第1回野間文芸奨励賞を受賞する。戦後は中里介山について書いたりした。

著書[編集]

  • 文壇郷土誌 プロ文学篇 公人書房 1933
  • 文壇手帖 橘書店 1934
  • 維新の蔭 八紘社 1939
  • 会津士魂 博文館 1941 のち春陽堂文庫
  • 小説葉隠 大日本雄弁会講談社 1941.12
  • 士法兵法 室戸書房 1942
  • 刀痕菩薩 春陽堂文庫 1943
  • 渡辺崋山 芸術の殉教者 偕成社 1954 (偉人物語文庫)
  • さむらい物語 逸話の泉 河出新書 1955
  • 化粧伝奇 河出新書 1955
  • 中里介山 大菩薩峠 河出書房 1956
  • 文壇人物誌 冬樹社 1980.10