鹿島田真希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鹿島田 真希
(かしまだ まき)
誕生 (1976-10-26) 1976年10月26日(40歳)
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士文学
最終学歴 白百合女子大学仏文科
活動期間 1999年 -
ジャンル 小説
代表作 『六〇〇〇度の愛』(2005年)
『冥土めぐり』(2012年)
主な受賞歴 文藝賞(1999年)
三島由紀夫賞(2005年)
野間文芸新人賞(2007年)
芥川龍之介賞(2012年)
デビュー作 『二匹』(1999年)
配偶者 あり
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

鹿島田 真希(かしまだ まき、1976年10月26日 - )は日本小説家。特にフランス文学の影響を受けた前衛的な作品を執筆している。

経歴[編集]

東京都出身。高校時代にドストエフスキーなどのロシア文学に傾倒。作品世界への興味から教会に通うようになり、17歳のときに日本ハリストス正教会で受洗し正教会信徒となる[1]白百合女子大学文学部ではフランス文学科に進みプルーストなどを読む。卒論はジュリア・クリステヴァ。大学在学中の1999年、友人の勧めで応募した「二匹」で第35回文藝賞受賞しデビュー。2003年に日本正教会の聖職者(結婚当時伝教師、結婚後に輔祭)の男性と結婚。

2004年、『白バラ四姉妹殺人事件』で第17回三島由紀夫賞候補、2005年『六〇〇〇度の愛』で三島由紀夫賞受賞。受賞作はマルグリット・デュラス『ヒロシマ、私の恋人』を下敷きに、長崎の原爆を主題としたものであった。2006年「ナンバーワン・コンストラクション」で第135回芥川賞候補。2007年『ピカルディーの三度』で野間文芸新人賞受賞。2009年「女の庭」で第140回芥川賞候補、「ゼロの王国」で第5回絲山賞を受賞。2010年『その暁のぬるさ』で第143回芥川賞候補。2012年『冥土めぐり』で第147回芥川賞受賞。笙野頼子以来の純文学新人賞三冠作家となった。

著書[編集]

  • 『二匹』( 1999年、河出書房新社)のち文庫
    • 初出:『文藝』1999年冬号
  • 『レギオンの花嫁』(2000年、河出書房新社)
  • 『一人の哀しみは世界の終わりに匹敵する』(2003年、河出書房新社)のち文庫 
    • 天・地・チョコレート(『文藝』2001年秋号)
    • 聖メリーゴーラウンド(『文藝』2001年冬号)
    • この世の果てでのキャンプ
    • エデンの娼婦
    • 一人の哀しみは世界の終わりに匹敵する(『文藝』2003年夏号)
  • 『白バラ四姉妹殺人事件』(2004年、新潮社
    • 初出:『新潮』2004年3月号
  • 『六〇〇〇度の愛』(2005年、新潮社)のち文庫 
    • 初出:『新潮』2005年2月号
  • 『ナンバーワン・コンストラクション』(2006年、新潮社)
    • 初出:『新潮』2006年1月号
  • 『ピカルディーの三度』(2007年、講談社
    • 美しい人(『早稲田文学0』)
    • ピカルディーの三度(『群像』2007年3月号)
    • 俗悪なホテル(『早稲田文学』2005年5月号)
    • 万華鏡スケッチ(『en-taxi』2004年春号)
    • 女小説家(『群像』2005年5月号)
  • 『女の庭』(2009年、河出書房新社)
    • 女の庭(『文藝』2008年秋号)
    • 嫁入り前(『文藝』2006年夏号)
  • 『ゼロの王国』(2009年、講談社)のち文庫 
    • ゼロの王国(『群像』2008年1月号~2009年1月号連載)
  • 『黄金の猿』(2009年、文藝春秋)のち文庫 
    • もう出ていこう
    • ブルーノート(『早稲田文学』2008年12月)
    • ハネムーン(『新潮』2006年3月号)
    • 緑色のホテル(『新潮』2008年11月)
    • 二人の庭園(『文學界』2008年11月)
  • 『来たれ、野球部』(2011年、講談社)のち文庫  
  • 『冥土めぐり』(2012年、河出書房新社)のち文庫 
  • 『少女のための秘密の聖書』(2014年、新潮社)
  • 『選ばれし壊れ屋たち』(2016年、文藝春秋)
  • 『少年聖女』河出書房新社 2016年 

アンソロジー[編集]

「」内が鹿島田真希の作品

  • 『どうぶつたちの贈り物』(2016年、PHP研究所)「キョンちゃん」
  • 『文学2015』(2015年、講談社)「ガーデン・ノート」

単行本未収録作品[編集]

  • 強くなりたい(『小説新潮』2006年5月号)
  • 月が見ている(『小説新潮』2007年3月号)
  • 女小説家の一日(『新潮』2007年8月号)
  • ふれないで(『小説新潮』2007年11月号)
  • 川でうたう子ども(『文學界』2008年1月号)
  • 冷たい月だった(『小説新潮』2008年10月)
  • パーティーでシシカバブ(『文學界』2009-2)
  • エスパーニャの神(『思想地図 vol.4』2009年11月)~「戦国BASARA」にキリスト教を混ぜたボーイズラブ同人的なパロディ作品。
  • 湖面の女たち(『新潮』2009-8)
  • 99の接吻(『文芸』2009 )
  • 第三の愛(『群像』2009-9)
  • まあめいど(『文學界』2009-12)
  • その暁のぬるさ(『すばる』2010年4月)

脚注[編集]

  1. ^ ドストエフスキーと正教会の関係は極めて濃密である。なお鹿島田を「ロシア正教徒」としている文章もあるが、「ロシア正教会」は組織名であり「正教会」「正教」が信仰するものの名であるため「正教徒」とするのが正しい。

外部リンク[編集]