乗代雄介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
乗代 雄介
(のりしろ ゆうすけ)
誕生 1986年6月??
日本の旗 日本 北海道
職業 小説家
最終学歴 法政大学社会学部メディア社会学科卒業
主な受賞歴 第58回群像新人文学賞(2015年)
第40回野間文芸新人賞(2018年)
デビュー作 「十七八より」(2015年)
テンプレートを表示

乗代 雄介(のりしろ ゆうすけ、1986年 - )は、日本の小説家北海道江別市生まれ。法政大学社会学部メディア社会学科卒業。東京都足立区在住[1]。2015年、第58回群像新人文学賞を「十七八より」[2]で受賞。受賞時の職業は塾講師[3]2018年、『本物の読書家』で第40回野間文芸新人賞受賞。

著作[編集]

単行本[編集]

  • 『十七八より』(2015年8月、講談社
    • 十七八より - 『群像』2015年6月号
  • 『本物の読書家』(2017年11月、講談社) 
    • 本物の読書家 - 『群像』2016年9月号
    • 未熟な同感者 - 『群像』2017年7月号

雑誌掲載[編集]

  • 「生き方の問題」(『群像』2018年6月号)
  • 「最高の任務」(『群像』2019年12月号)

脚注[編集]

  1. ^ 第58回群像新人文学賞決定
  2. ^ タイトルは世阿弥風姿花伝」からの引用。
  3. ^ 毎日新聞 2015年9月9日 東京夕刊

外部リンク[編集]