乗代雄介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
乗代 雄介
(のりしろ ゆうすけ)
誕生 (1986-06-18) 1986年6月18日(36歳)
日本の旗 日本北海道江別市
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士(社会学)
最終学歴 法政大学社会学部メディア社会学科卒業
活動期間 2015年 -
ジャンル 小説
代表作 『旅する練習』(2021年)
主な受賞歴 群像新人文学賞(2015年)
野間文芸新人賞(2018年)
三島由紀夫賞(2021年)
坪田譲治文学賞(2022年)
デビュー作 『十七八より』(2015年)
テンプレートを表示

乗代 雄介(のりしろ ゆうすけ、1986年6月18日[1] - )は、日本の小説家東京都葛飾区在住[2]

来歴[編集]

北海道江別市生まれ。幼少期に東京都練馬区に移る。中学生のとき、「侍魂」などのテキストサイトが流行していたことや、いがらしみきおの『のぼるくんたち』の影響などからブログで「創作」と呼ばれる文章を書き始める。ブログのタイトルは、キンクスの曲名に由来する「ミック・エイヴォリーのアンダーパンツ」。高校時代から、読んだ本の気に入った部分をノートに書き写すという習慣を持つようになる。ブログを創作の原点と考えているという[3]。大学のセンター入試前後、2ちゃんねる国内サッカー板に立てたスレッド「今日俺が一人で近所の公園でリフティングをしてたら」が別の書き手によって書き継がれ[4]、小学館から単行本化された経験をもつ[5]

法政大学社会学部メディア社会学科卒業。在学中は田中優子のゼミに所属[6]。卒業後、学習塾に勤務。インターネットで知り合った爪切男(『死にたい夜にかぎって』著者)やこだまらとともに文芸同人誌「なし水」に参加[7]

2015年、「十七八より」[8]で第58回群像新人文学賞を受賞しデビュー。受賞時の職業は塾講師[9]

2018年、『本物の読書家』で第40回野間文芸新人賞受賞。同時受賞は金子薫『双子は驢馬に跨って』。2019年、「最高の任務」で第162回芥川龍之介賞候補。2020年、「旅する練習」で第164回芥川龍之介賞候補。

2021年、『旅する練習』で第34回三島由紀夫賞受賞。同年、「皆のあらばしり」で第166回芥川龍之介賞候補。2022年、『旅する練習』で第37回坪田譲治文学賞受賞。

作品リスト[編集]

単行本[編集]

  • 『十七八より』(2015年8月、講談社/2022年1月、講談社文庫
    • 「十七八より」 - 『群像』2015年6月号
  • 『本物の読書家』(2017年11月、講談社) 
    • 「本物の読書家」 - 『群像』2016年9月号
    • 「未熟な同感者」 - 『群像』2017年7月号
  • 『最高の任務』(2020年1月、講談社)
    • 「生き方の問題」 - 『群像』2018年6月号
    • 「最高の任務」 - 『群像』2019年12月号
  • 『ミック・エイヴォリーのアンダーパンツ』(2020年7月、国書刊行会
    • 「創作」 - 初出:本人ブログ(掌編66篇)
    • 「ワインディング・ノート」 - 初出:本人ブログ(長篇エッセイ)
    • 「虫麻呂雑記」 - 書き下ろし
  • 『旅する練習』(2021年1月、講談社)
  • 『皆のあらばしり』(2021年12月、新潮社)
    • 「皆のあらばしり」 - 『新潮』2021年10月号
    • 「旅する練習」 - 『群像』2020年12月号
  • 『掠れうる星たちの実験』(2021年12月、国書刊行会)
    • 「掠れうる星たちの実験」 - 『群像』2021年7月号
    • 「書評」
      • 『職業としての小説家』村上春樹
      • 『このサンドイッチ、マヨネーズ忘れてる/ハプワース16、1924年』J・D・サリンジャー(金原瑞人訳)- 『図書新聞』第3370号
      • 『アナーキストの銀行家 フェルナンド・ペソア短編集』フェルナンド・ペソア(近藤紀子訳)
      • 『ペンギン・ブックスが選んだ日本の名短編29』ジェイ・ルービン編 - 『新潮』2019年6月号
    • 「創作」
      • 「八月七日のポップコーン」
      • 「センリュウ・イッパツ」
      • 「水戸ひとりの印」
      • 「両さん像とツバメたち」
      • 「鎌とドライバー」
      • 「本当は怖い職業体験」
      • 「This Time Tomorrow」
      • 「六回裏、東北楽天ゴールデンイーグルスの攻撃は」
      • 「フィリフヨンカのべっぴんさん」
  • 『パパイヤ・ママイヤ』(2022年5月、小学館)
    • 「パパイヤ・ママイヤ」 - 『STORY BOX』2022年3月号

単行本未収録[編集]

小説[編集]

  • 「やおいな・こった」 - 同人誌『森のヤマンバ姉』(のりしろ名義)
  • 「さいごのしれい」 - 『tree』 連載企画「Story for you」〈7月31日〉
  • 「客人の思惑」 - 『STORY BOX』2021年9月号
随筆・論考・対談・その他
  • ミシェル・レリスはテニスが下手」 - 『文學界』2015年8月号
  • 「お手紙拝見」 - 『群像』2015年11月号
  • 「個人の個人による個人のための」 (村上春樹『職業的としての小説家』書評) - 『群像』2015年12月号
  • 「想像力の行き着く先」 - 『新潮』2016年4月号
  • 「月と純金」 - 『文芸ラジオ』3号
  • 野間文芸新人賞受賞記念対談「書かない者のまなざしを忘れて書くことはできない」(保坂和志との対談) - 『群像』2019年1月号
  • 「任務の半ばにある風景」 - 『本』2020年2月号
  • 「サメじゃないから」 - 『はなはなし』第109号
  • 「患者のよろこび」 - 『はなはなし』第110号
  • 特集 翻訳小説「最新翻訳小説地図」(フェリスベルト・エルナンデス、浜田和範訳『案内係』) - 『群像』2020年6月号
  • 「小説のプランを信じ続ける」 (磯﨑憲一郎との対談)- 『文學界』2020年8月号
  • 「いま再読したい「私を変えた一冊」」(J・D・サリンジャー『大工よ、屋根の梁を高く上げよ/シーモア-序章-』) - 『群像』2020年10月号
  • 「BOOK REVIEW ナニをかくにせよ」(木下古栗『サピエンス前戯』) - 『文藝』2020年冬季号
  • 「ニセ偽書事始」 - 『ユリイカ』2020年12月号 特集=偽書の世界
  • 「思い出せる限りの生活や景色――「小説を書くこと」に加え、「小説を読まれること」にも想像を巡らせる」(太田靖久『ののの』書評) - 『図書新聞』第3479号
  • 「片隅の佐竹徳」 - 『新潮』2021年9月号
  • 文庫解説 - 磯﨑憲一郎『鳥獣戯画/我が人生最悪の時』(講談社文芸文庫 2021年10月)

脚注[編集]

  1. ^ 第162回芥川賞候補に5作 木村友祐・千葉雅也・乗代雄介の3名が初ノミネート - ほんのひきだし、2019年12月16日
  2. ^ 芥川賞候補に江別出身・乗代雄介さん - 北海道新聞、2019年12月16日
  3. ^ 作家の読書道 第217回:乗代雄介さん - WEB本の雑誌
  4. ^ 今日俺が一人で近所の公園でリフティングをしてたら”. monica.jog.buttobi.net. 2020年10月6日閲覧。
  5. ^ hatenablog (1600999200). “「ブログ更新のため」に生きるとは?一人きりで15年以上書き続けたブログが書籍化されるまで|作家・乗代雄介【書籍プレゼントあり】” (日本語). 週刊はてなブログ. 2020年10月6日閲覧。
  6. ^ norishiro7 (1418482800). “ワインディング・ノート5(サリンジャー・田中優子先生・感傷)” (日本語). ミック・エイヴォリーのアンダーパンツ. 2020年12月18日閲覧。
  7. ^ 福田フクスケ (2018年2月26日). “爪切男×こだま「互いの人生が入れ替わっても大丈夫」 同人サークル出身の作家二人はこれからも書き続ける” (日本語). 日刊SPA!. 2021年4月10日閲覧。
  8. ^ タイトルは世阿弥風姿花伝」からの引用。
  9. ^ 毎日新聞 2015年9月9日 東京夕刊

外部リンク[編集]