岩阪恵子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岩阪 恵子
(いわさか けいこ)
誕生 (1946-06-17) 1946年6月17日(71歳)
日本の旗 奈良県
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士(文学)
最終学歴 関西学院大学文学部史学科卒業
ジャンル 小説
主な受賞歴 川端康成文学賞(2000年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

岩阪 恵子(いわさか けいこ、1946年6月17日 - )は、日本小説家奈良県生まれ。関西学院大学文学部史学科卒業。

夫は詩人作家清岡卓行(きよおか たかゆき)。また前妻の息子の清岡智比古も、フランス語研究者(明治大学理工学部教授)であり、意欲的に創作活動も行っている。

略歴[編集]

1歳から23歳までを大阪市旭区で送る。19歳から詩作を始める。24歳で、師事していた24歳年上の清岡卓行と結婚し、東京に転居。この年から小説を書き始めた。画家小出楢重の評伝執筆が契機となって、故郷大阪の土地とことばを生かした短編集『淀川にちかい町から』を上梓し高い評価を受けた。

受賞[編集]

著作[編集]

編著[編集]

  • 『清岡卓行論集成』勉誠出版、2008年。(宇佐美斉共編、2冊組)、知人友人ら100余名の作家作品論集
  • 『木下杢太郎随筆集』講談社文芸文庫、2016年