宮内勝典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮内 勝典(みやうち かつすけ、1944年10月4日- )は、日本の小説家エッセイスト。旧満州国ハルビン出身[1]鹿児島県立甲南高等学校卒業[2]大阪芸術大学教授

経歴[編集]

ハルビンに生まれ、子どもの頃は鹿児島県指宿市に住む[2]。鹿児島県立甲南高校では部活動の文学部(文芸部)に所属[3]1979年に『南風』で作家デビュー。1960年代から4年間および1980年代から9年間、ニューヨークに在住。アメリカヨーロッパ中東アフリカ南アメリカなど60数カ国を渡り歩く。早稲田大学旧文学部客員教授日本大学芸術学部講師、大阪芸術大学文芸学科教授を歴任。[4]

日本による対韓輸出優遇撤廃に反対する、<声明>「韓国は「敵」なのか」呼びかけ人の1人[5]

受賞歴[編集]

作品リスト[編集]

小説[編集]

  • 『南風』(1979年、河出書房新社/1990年、河出文庫)
  • 『グリニッジの光りを離れて』(1980 年、河出書房新社/1983年河出文庫
  • 『金色の象』(1981年、河出書房新社/1988年、河出文庫)
  • 『火の降る日』(1983年、河出書房新社/1993年、河出文庫)
  • 『ぼくは始祖鳥になりたい』(1998年、集英社/2001年、集英社文庫)
  • 『金色の虎』(2002年、講談社
  • 『焼身』(2005年、集英社)
  • 『魔王の愛』(2010年、新潮社) 
  • 『永遠の道は曲がりくねる』(2017年、河出書房新社)

エッセイなど[編集]

  • 『LOOK AT ME』(1983年、新潮社
  • 『宇宙的ナンセンスの時代』(1986年、教育社/1988年、新潮文庫)改題『鷲の羽を贈る』(1995年、三五館])
  • 『ニカラグア密航計画』(1986年、教育社/1990年、「地球を抱きしめたい」新潮文庫)
    • 改題新装版『人は風に生まれる』(1995年、三五館)
  • 『この惑星こそが楽園なのだ』(1991年、講談社)
  • 『戦士のエロス』(1992年、集英社)
  • バリ島の日々』(1995年、集英社)
  • 『善悪の彼岸へ』(2000年、集英社)
  • 『海亀通信』(2001年、岩波書店
  • 『裸の王様、アメリカ』(2002年、岩波書店)
  • 『麦わら帽とノートパソコン』(2006年、講談社)
  • 『惑星の思考 〈9・11〉以後を生きる』(2007年、岩波書店)

共著[編集]

翻訳[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b STUDIO VOICE」vol.290 インファス、2000年12月 p.21
  2. ^ a b 日本経済新聞2018年3月32日夕刊「宮内勝典「南風」 鹿児島・指宿市」、WEB版 2019年2月7日閲覧
  3. ^ 『惑星の思考 〈9・11〉以後を生きる』(2007年、岩波書店)
  4. ^ 『永遠の道は曲がりくねる』(2017年、河出書房新社)著者プロフィール
  5. ^ 韓国は「敵」なのか呼びかけ人