半保護されたページ

村田沙耶香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

村田 沙耶香
(むらた さやか)
誕生 (1979-08-14) 1979年8月14日(41歳)
日本の旗 日本千葉県
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 玉川大学文学部
活動期間 2003年 -
ジャンル 小説
代表作 『ギンイロノウタ』(2008年)
『しろいろの街の、その骨の体温の』(2012年)
コンビニ人間』(2016年)
主な受賞歴 群像新人文学賞優秀賞(2003年)
野間文芸新人賞(2009年)
三島由紀夫賞(2013年)
芥川龍之介賞(2016年)
デビュー作 『授乳』(2003年)
テンプレートを表示

村田 沙耶香(むらた さやか、1979年[1]8月14日 - )は、日本小説家エッセイスト

人物

千葉県印西市出身[2]。10歳の時に執筆を開始し、執筆しているときだけ自分自身を表現し解放することができるようになったと感じていた[3]。小学生の時にジュール・ルナールの『にんじん』を読み、「最後まで絶望的であることにすごく救われ」、中学時代は同級生から「死ね」と言われ実際に死のうと思ったものの、小説を書いていて生への執着につながったと語る[4]

家庭は保守的で、兄は医者か裁判官になるようプレッシャーをかけられていた[3]一方、村田自身は「女の子」としてピアノを習い、清楚なワンピースを着て、伝統ある女子大学に進み、しかるべき男性に「見初められて」結婚してほしいというのが、母親の願いだったという[4]

二松學舍大学附属沼南高等学校(現・二松學舍大学附属柏高等学校[5])、玉川大学文学部芸術学科芸術文化コース卒業。大学時代には、小説と向き合うためにコンビニエンスストアでアルバイトを開始し、2016年に『コンビニ人間』で芥川龍之介賞を受賞した後もしばらくアルバイトを続けていた[4]。大学時代、周囲の人間から、金持ちの結婚相手を見つけ出産について考えなければいけない、と言われ、何のために大卒資格を取るのかとショックを受けたという[3]

10代から20代にかけて、世間が期待する可愛い女性を演じようと努めるも、それは「恐ろしい経験」であったという[3]

横浜文学学校にて宮原昭夫に学ぶ[6]

朝井リョウ加藤千恵西加奈子ら作家仲間からは「クレイジー沙耶香」[7][8]と呼ばれている。

受賞歴

文学賞

その他

作品リスト

  • 『授乳』(2005年2月、講談社)のち文庫
    • 授乳(『群像』2003年6月号)
    • コイビト(『群像』2003年12月号)
    • 御伽の部屋
  • 『マウス』 (2008年3月、講談社)のち文庫
  • 『ギンイロノウタ』 (2008年10月、新潮社)のち文庫
    • ひかりのあしおと(『新潮』2007年2月号)
    • ギンイロノウタ(『新潮』2008年7月号)
  • 『星が吸う水』 (2010年2月、講談社、ISBN 978-4-06-216097-1)のち文庫
    • 星が吸う水(『群像』2009年3月号)
    • ガマズミ航海(『群像』2009年12月号)
  • 『ハコブネ』(2011年11月、集英社ISBN 978-4-08-771428-9
    • ハコブネ(『すばる』2010年10月号)
  • 『タダイマトビラ』(2012年3月、新潮社)
    • タダイマトビラ(『新潮』2011年8月号)
  • 『しろいろの街の、その骨の体温の』(2012年9月、朝日新聞出版ISBN 978-4-02-251011-2)のち文庫
  • 『殺人出産』(2014年7月、講談社、ISBN 978-4-06-219046-6
    • 殺人出産(『群像』2014年5月号)
    • トリプル(『群像』2014年2月号)
    • 清潔な結婚(GRANTA JAPAN with 早稲田文学01)
    • 余命(『すばる』2014年1月号)
  • 『消滅世界』(2015年12月、河出書房新社ISBN 978-4-309-02432-5
  • 『コンビニ人間』(2016年7月、文藝春秋ISBN 978-4-16-390618-8)のち文庫化
    • コンビニ人間(『文學界』2016年6月号)
  • 『地球星人』(2018年8月、新潮社ISBN 978-4103100737)のち文庫
  • 『生命式』(2019年10月、河出書房新社、ISBN 978-4309028309
  • 『変半身(かわりみ)』(2019年11月、筑摩書房、ISBN 978-4480804914
  • 『丸の内魔法少女ミラクリーナ』(2020年2月、KADOKAWA、ISBN 978-4041084236

エッセイ

  • 『きれいなシワの作り方〜淑女の思春期病』(2015年9月17日、マガジンハウス/2018年12月、文春文庫)
  • 『となりの脳世界』(2018年10月5日、朝日新聞出版)
  • 『私が食べた本』(2018年12月7日、朝日新聞出版)

単行本未収録作品

  • 水槽(『群像』2005年5月号)
  • 街を食べる(『新潮』2009年8月号)
  • 信仰(『文學界』2019年2月号)

出演

脚注

  1. ^ 『殺人出産』(村田 沙耶香) 製品詳細 講談社BOOK倶楽部” (日本語). 講談社BOOK倶楽部. 2020年11月27日閲覧。
  2. ^ 第155回芥川龍之介賞候補作品決定!
  3. ^ a b c d McNeill, David (2020年10月9日). “Sayaka Murata: 'I acted how I thought a cute woman should act - it was horrible'” (英語). the Guardian. 2020年11月27日閲覧。
  4. ^ a b c 『コンビニ人間』で海外でも注目・村田沙耶香:「魔法少女」に変身できない私たちが生き抜くために” (日本語). nippon.com (2020年10月23日). 2020年11月27日閲覧。
  5. ^ “印西出身の村田沙耶香さん 入学時文集「いつか理想の自分に」 二松学舎大学付属柏高、母校も喜びに沸く /千葉” (jp). Mainichi Daily News. (2016年7月21日). https://mainichi.jp/articles/20160721/ddl/k12/040/584000c 2020年11月27日閲覧。 
  6. ^ “三島由紀夫賞・山本周五郎賞・川端康成文学賞贈呈式「挑戦してよかった」喜びと感謝と”. MSN産経ニュース (産経新聞社). (2013年7月3日). オリジナルの2013年7月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130709095912/http://sankei.jp.msn.com/life/news/130703/art13070307370003-n1.htm 
  7. ^ 【#38 作家たちの忘年会2015】”. オールナイトニッポン0[ZERO] 毎週月曜日〜金曜日 27:00〜29:00 (2015年12月18日). 2016年5月4日閲覧。
  8. ^ コンビニ店員作家の過激すぎるコンビニ小説が芥川賞候補に。クレイジー沙耶香の狂気に震えろ - エキレビ!(2/2)”. エキサイトニュース (2016年6月24日). 2016年8月16日閲覧。
  9. ^ “高畑充希、飛躍の一年を回顧「台風の目にいるような感じ」”. ORICON STYLE. (2016年11月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2081875/full/ 2016年11月24日閲覧。 
  10. ^ “りゅうちぇる、心霊写真の正体は“もののけ”「勘違いして寄ってきた」”. ORICON STYLE. (2016年12月7日). http://www.oricon.co.jp/news/2082668/full/ 2016年12月7日閲覧。 

外部リンク