加藤千恵 (歌人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加藤 千恵
(かとう ちえ)
誕生 同じ
(1983-11-10) 1983年11月10日(35歳)
日本の旗 日本北海道旭川市
職業 小説家
言語 日本語
教育 学士文学
最終学歴 立教大学文学部
活動期間 2000年 -
ジャンル 小説短歌
デビュー作 『ハッピーアイスクリーム』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

加藤 千恵(かとう ちえ、1983年11月10日 - )は、日本の歌人小説家

ニックネームは、かとちえ。北海道旭川市出身。

経歴[編集]

北海道旭川北高等学校立教大学文学部日本文学科を卒業する。

高校時代に本格的に創作を始めてインターネット上で作品を発表する傍ら、NHKの短歌番組の常連入選者として活躍する。10代の微妙な心情を平易な言葉で巧みに表現した作風は、枡野浩一らに高く評価される。2000年に短歌研究社主催の「うたう」で作品賞佳作となる。2001年雑誌『ハッピーマウンテン』、処女短歌集『ハッピーアイスクリーム』を出版し、後者は歌集として異例のベストセラーとなる。

2002年の進学を機に上京して本格的に作家活動を開始する。第2短歌集『たぶん絶対』を出版して雑誌「Zipper」で短歌エッセイを連載するほかに、恋愛小説も多数執筆する。

人物[編集]

出演[編集]

ラジオ[編集]

ネットテレビ[編集]

著作[編集]

歌集[編集]

  • ハッピーアイスクリーム(2001・マーブルトロン、のち中公文庫集英社文庫(短編五つを追加し「ハッピー☆アイスクリーム」に改題)
  • たぶん絶対(2002・マーブルトロン)

小説[編集]

  • ゆるいカーブ(2006・スリーエーネットワーク) 真夜中の果実(改題、幻冬舎文庫
  • ハニー ビター ハニー(2009・集英社文庫)
  • 誕生日のできごと(2010・ポプラ文庫ピュアフル
  • さよならの余熱(2010・集英社文庫)
  • あかねさす 新古今恋物語(2011・河出書房新社
  • カノン(2011・ソニー・デジタルエンタテメント)
  • その桃は、桃の味しかしない(2012・幻冬舎
  • あとは泣くだけ(2012・集英社
  • 映画じゃない日々(2012・祥伝社文庫
  • 春へつづく(2013・ポプラ社
  • いろごと(2014・ぶんか社
  • こぼれ落ちて季節は(2014・講談社)
  • 点をつなぐ(2015・角川春樹事務所
  • 蜜の残り(2015・角川文庫
  • アンバランス(2016・文藝春秋
  • ラジオラジオラジオ!(2016・河出書房新社
  • いつか終わる曲(2016・祥伝社文庫)
  • いびつな夜に(2018・幻冬舎文庫)
  • 消えていく日に(2018・徳間書店)
  • そして旅にいる(2019・幻冬舎)

共編著[編集]

  • ヴァイブレーション!フルエル心ノケータイ短歌 ふかわりょう共編 マーブルトロン 中央公論新社 (発売) 2003.10
  • ケータイ・プチポエム 阿部和重共選 コバルト編集部編 集英社コバルト文庫 2005.1
  • 写真短歌部 放課後(2008・雷鳥社、タクマクニヒロ写真)

翻訳[編集]

  • ガールズ・ルール 女の子って最高! アシュリー・ライス 汐文社 2005.1
  • フレンズ・ルール 友だちって最高! アシュリー・ライス 汐文社 2005.2 

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]