古川真人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
古川 真人
ペンネーム 古川 真人
誕生 (1988-07-29) 1988年7月29日(32歳)
日本の旗 日本 福岡県福岡市
職業 小説家
最終学歴 國學院大學文学部中退
主な受賞歴 第48回新潮新人賞(2016年)
第162回芥川龍之介賞(2020年)
デビュー作 「縫わんばならん」
テンプレートを表示

古川 真人(ふるかわ まこと、1988年7月29日[1] - )は、福岡県福岡市出身[2]神奈川県横浜市在住の小説家[2]

略歴[編集]

第一薬科大学付属高等学校卒業、國學院大學文学部中退[2]

2016年、「縫わんばならん」で第48回新潮新人賞を受賞し[3][2]、同作で第156回芥川龍之介賞候補[4]

2017年の「四時過ぎの船」で第157回芥川龍之介賞候補[5]、第31回三島由紀夫賞候補[6]

2019年、「ラッコの家」で第161回芥川龍之介賞候補[7]

2020年、「背高泡立草」で第162回芥川龍之介賞受賞[8]

作品[編集]

母が長崎県平戸市的山大島(あづちおおしま)出身ということもあり、作品中では同島独特の方言である「大島弁」会話が頻出している[9]

単行本[編集]

単行本未収録作品[編集]

  • 「タイマイ異聞」(『新潮』2019年7月号)
  • 「生活は座らない」(『群像』2020年3月号)
  • 「宿酔島日記」(『文學界』2020年7月号)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “第161回芥川賞候補に5作:高山羽根子、古市憲寿が前回に続き2度目ノミネート”. ほんのひきだし. (2019年6月17日). https://hon-hikidashi.jp/more/86325/ 2020年3月15日閲覧。 
  2. ^ a b c d 古川真人 『縫わんばならん』 新潮社、2017年1月31日。ISBN 978-4-10-350741-3http://www.shinchosha.co.jp/book/350741/ 
  3. ^ “(黒板)第48回新潮新人賞”. 朝日新聞デジタル. (2016年10月14日). https://www.asahi.com/articles/DA3S12606588.html 2020年3月15日閲覧。 
  4. ^ “第156回「芥川賞・直木賞」候補10作決まる 恩田陸氏・冲方丁氏ら直木賞ノミネート”. ORICON NEWS (oricon ME). (2016年12月20日). https://www.oricon.co.jp/news/2083277/full/ 2020年3月15日閲覧。 
  5. ^ “芥川賞候補『星の子』が描き出す“むきだしの真実””. AERA dot. (朝日新聞出版). (2017年6月20日). https://dot.asahi.com/dot/2017061900007.html 2020年3月15日閲覧。 
  6. ^ “第31回三島賞・山本賞の候補作が発表 服部文祥さん『息子と狩猟に』など”. Book Bang (新潮社). (2018年4月23日). https://www.bookbang.jp/article/551455 2020年3月15日閲覧。 
  7. ^ “第161回芥川賞・直木賞候補作が決定!候補作11タイトルと著者情報を一挙紹介!”. ブクログ通信. (2019年6月17日). https://hon.booklog.jp/award/akutagawanaoki161thfinalist-20190617 2020年3月15日閲覧。 
  8. ^ “第162回「芥川賞」は古川真人氏『背高泡立草』 4回目ノミネートで受賞”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年1月15日). https://www.oricon.co.jp/news/2153160/full/ 2020年3月15日閲覧。 
  9. ^ “芥川賞候補ゆかりの島「吉報」待つ 祖母も「取らしてあげたか」”. 西日本新聞 (西日本新聞社). (2020年1月15日). https://www.nishinippon.co.jp/item/n/575795.amp 2020年1月16日閲覧。