藤沢周

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

藤沢 周(ふじさわしゅう、1959年1月10日 - )は日本の小説家法政大学教授。

新潟県西蒲原郡内野町(現・新潟市西区)出身。新潟明訓高等学校法政大学文学部卒業。書評誌『図書新聞』編集者などを経て1993年『ゾーンを左に曲がれ』(『死亡遊戯』と改題)でデビュー。1998年ブエノスアイレス午前零時』で第 119 回芥川賞受賞。日本文学協会に所属する研究者。2004年より母校・法政大学経済学部の教授に就任し、「文章表現」「日本文化論」などを講じている。直木賞作家藤沢周平とは、名前は似ているが無関係で、藤沢周平がペンネームであるのに対し、藤沢周は本名である。

著書[編集]

  • 『死亡遊戯』(1994、河出書房新社)のち文庫
  • 『SATORI』(1995、河出書房新社)のち文庫
  • 『刺青』(1996、河出書房新社)のち文庫
  • 『ソロ』(1996、講談社)のち文庫
  • 『サイゴン・ピックアップ』(1997、河出書房新社)のち文庫
  • 『境界』(1998、講談社)
  • 『ブエノスアイレス午前零時』(1998、河出書房新社)のち文庫
  • 『スミス海感傷』(1998、集英社)のち文庫
  • 『陽炎の。』(1998、文藝春秋)のち文庫
  • 『スモーク・オン・ザ・ナイフ』(1999、河出書房新社)
  • 『マダム・グレコ』(1999、河出書房新社)
  • 『礫』(1999、講談社)
  • 『鎌倉古都だより』(2000、新潟日報事業社)
  • 『オレンジ・アンド・タール』(2000、朝日新聞社)のち光文社文庫 
  • 『愛人』(2000、集英社)のち文庫
  • 『奇蹟のようなこと』(2000、幻冬舎)のち文庫 
  • 『さだめ』(2000、河出書房新社)のち文庫
  • 『黒曜堂』(2000、マガジンハウス
  • 『藪の中で…』(2001、徳間書店)のち文庫
  • 『紫の領分』(2001、講談社)のち文庫
  • 『雨月』(2002、光文社)のち文庫
  • 『ダローガ』(2003、新潟日報事業社)「雪闇」と改題、河出文庫
  • 『箱崎ジャンクション』(文藝春秋、2003)のち文庫
  • 『焦痕』(集英社、2005)
  • 『第二列の男』(作品社、2005)
  • 『幻夢』(文藝春秋、2007)
  • 『心中抄』(河出書房新社、2007)
  • 『キルリアン』(新潮社、2009) 
  • 『波羅蜜』(毎日新聞社、2010)のち光文社文庫
  • 武曲』(文藝春秋、2012)のち文庫
  • 『界』(文藝春秋、2015)
  • 『武蔵無常』(河出書房新社、2016)
  • 『サラバンド・サラバンダ』(新潮社、2016)

その他の著作[編集]

TV出演[編集]

新聞[編集]

メディアミックス[編集]

舞台[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]