丸山健二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

丸山 健二(まるやま けんじ、1943年12月23日 - )は、日本小説家

経歴[編集]

長野県飯山市出身。1964年、国立仙台電波高等学校(現在の仙台高等専門学校広瀬キャンパス)を卒業後、東京の商社に勤務[1][2]

1966年、「夏の流れ」が第23回文学界新人賞受賞。翌年、同作が第56回芥川賞受賞(23歳での受賞は当時最年少)[1][3]

1968年、長野県へ移住[1]

1973年に「雨のドラゴン」が第9回谷崎潤一郎賞候補作、1976年に「火山の歌」が第12回谷崎潤一郎賞候補作、1987年に「月に泣く」が第14回川端康成文学賞候補作となるが、この3件の受賞を辞退[1]

2013年、「丸山健二文学賞」を創設[3]

2015年、「丸山健二塾」を開始[4]

著書[編集]

小説[編集]

※=短編集・中短篇集・中篇集

  • 『夏の流れ』文藝春秋 1967 のち「正午なり」と併せて講談社文庫
  • 『正午(まひる)なり』文藝春秋 1968 ※
  • 『明日への楽園』新潮社 1969 のち角川文庫
  • 『穴と海』文藝春秋 1969 のち角川文庫
  • 『朝日のあたる家』講談社 1970 求龍堂より復刊
  • 『黒暗淵の輝き』新潮社 1971
  • 『三角の山』文藝春秋 1972 求龍堂より復刊 ※
  • 『黒い海への訪問者』新潮社 1972
  • 『薔薇のざわめき』河出書房新社 1972 のち角川文庫 ※
  • 『丸山健二集(新鋭作家叢書)』河出書房新社 1972
  • 『雨のドラゴン』河出書房新社 1973 のち角川文庫
  • 『アフリカの光』河出書房新社 1974 のち角川文庫 ※
  • 『赤い眼』文藝春秋 1974 求龍堂より復刊
  • 『火山の歌』新潮社 1976
  • 『サテンの夜』角川書店 1977 求龍堂より復刊 ※
  • 『シェパードの九月』文藝春秋 1977 のち文庫 ※
  • 『水に映す 12の短篇小説』文藝春秋 1978 ※
  • 『砂のジープ』角川書店 1978 ※
  • 『アラフラ海 6つの中・短篇小説』文藝春秋 1979 ※
  • 『イヌワシのように』集英社 1981 ※
  • 『火山流転』角川書店 1981 ※
  • 『さらば、山のカモメよ』集英社 1981
  • ときめきに死す』文藝春秋 1982 のち文庫、求龍堂より復刊
  • 『台風見物』講談社 1983 ※
  • 『雷神、翔ぶ』文藝春秋 1984 のち文庫
  • 『踊る銀河の夜』文藝春秋 1985 ※
  • 『月に泣く』文藝春秋 1986 ※
  • 『惑星の泉』文藝春秋 1987 求龍堂より復刊
  • 『さすらう雨のかかし』文藝春秋 1988
  • 『水の家族』文藝春秋 1989 求龍堂より復刊
  • 『丸山健二自選短篇集』文藝春秋 1989
  • 『野に降る星』文藝春秋 1990
  • 『丸山健二自選中篇集』文藝春秋 1991
  • 『千日の瑠璃』文藝春秋 1992 のち文庫 求龍堂より復刊
  • 『見よ 月が後を追う』文藝春秋 1993
  • 『丸山健二全短編集成』全5巻 文藝春秋 1994
    • 第1巻 その日は船で
    • 第2巻 血と水の匂い
    • 第3巻 青色の深い帽子
    • 第4巻 追憶の火山
    • 第5巻 月と花火
  • 『白と黒の十三話』文藝春秋 1994 ※
  • 『争いの樹の下で』新潮社 1996 のち文庫
  • 『ぶっぽうそうの夜』新潮社 1997 のち文庫
  • 『いつか海の底に』文藝春秋 1998
  • 『虹よ、冒涜の虹よ』新潮社 1999 のち文庫
  • 『逃げ歌』講談社 2000
  • 『るりはこべ』講談社 2001
  • 『月は静かに』新潮社 2002
  • 『銀の兜の夜』新潮社 2003
  • 『鉛のバラ』新潮社 2004 (表紙写真は高倉健であり、主人公も高倉をモデルとしている)
  • 『貝の帆』新潮社 2005
  • 『夏の流れ―丸山健二初期作品集』講談社文芸文庫 2005
    • 「夏の流れ」「その日は船で」「雁風呂」「血と水の匂い」「夜は真夜中」「稲妻の鳥」「チャボと湖」収録。
  • 『荒野の庭―言葉、写真、作庭』求龍堂 2005 写真
  • 『花々の指紋―言葉、写真、作庭』求龍堂 2005 写真
  • 『落雷の旅路』文藝春秋 2006 ※
  • 『小説家の庭』朝日新聞社 2006 写真
  • 『日と月と刀』文藝春秋 2008
  • 『生きる命』ポプラ社 2008 写真・前川貴行
  • 『百と八つの流れ星』岩波書店、2009
  • 『草情花伝―草に情けあり、花がそれを伝えん』駿河台出版社 2010
  • 『猿の詩集』文藝春秋、2010
  • 『眠れ、悪しき子よ』文藝春秋、2011
  • 『深海魚雨太郎の呼び声』文藝春秋、2012
  • 『白鯨物語』ハーマン・メルヴィル原作 眞人堂 2013
  • 『我、涙してうずくまり』岩波書店、2013
  • 『風を見たかい?』求龍堂、2013 ※
  • 『白鯨物語』眞人堂、2014
  • 『夢の夜から口笛の朝まで』左右社、2015
  • 『我ら亡きあとに津波よ来たれ』左右社 2016

エッセイ[編集]

  • 『走者の独白』角川書店 1975
  • 『イヌワシ讃歌』文藝春秋 1977 のち文庫
  • 『私だけの安曇野』朝日新聞社 1978
  • 『風の、徒労の使者』集英社 1978(写真・景山正夫
  • 『群居せず』文藝春秋 1980 のち文庫
  • 『メッセージ 告白的青春論』角川書店 1980 のち文庫
  • 『爆走オデッセイ 1980サファリ・ラリー』角川書店 1980
  • 『君の血は騒いでいるか 告白的肉体論』集英社 1981
  • 『ミッドナイト・サン 新北欧紀行』小学館〈写楽books〉1981
  • 『夜、でっかい犬が笑う』文藝春秋 1984 のち文庫
  • 『流れて、撃つ 大西部、魂の旅』集英社 1984
  • 『アルプス便り』文藝春秋 1985
  • 『安曇野の強い風』文藝春秋 1986
  • 『されど孤にあらず』文藝春秋 1991
  • 『丸山健二エッセイ集成』全4巻 文藝春秋 1992- 93
    • 第1巻 安曇野
    • 第2巻 日々の愉楽
    • 第3巻 世界爆走
    • 第4巻 小説家の覚悟
  • 『まだ見ぬ書き手へ』朝日新聞社 1994 のち文庫
  • 『生者へ』新潮社 2000
  • 『安曇野の白い庭』新潮社 2000 のち文庫
  • 『夕庭』朝日新聞社 2002 (写真・萩原正美
  • 『ひもとく花』新潮社 2003
  • 『生きるなんて』朝日新聞社 2005 のち文庫
  • 『田舎暮らしに殺されない法』朝日新聞出版 2008 のち文庫
  • 『新・作庭記』文藝春秋、2009
  • 『あなたの若さを殺す敵』朝日新聞出版 2010
  • 『さもなければ夕焼けがこんなに美しいはずはない』求龍堂 2011
  • 『首輪をはずすとき』駿河台出版社 2011
  • 『怒れ、ニッポン!』眞人堂 2011
  • 『人生なんてくそくらえ』朝日新聞出版 2012
  • 『ブナの実はそれでも虹を夢見る』求龍堂 2012

映画化作品[編集]

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

外部リンク[編集]