長嶋有

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
長嶋 有
(ながしま ゆう)
誕生 1972年9月30日(41歳)
日本の旗 日本埼玉県草加市
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士文学
最終学歴 東洋大学国文科
活動期間 2001年 -
ジャンル 小説
代表作 『猛スピードで母は』(2001年)
『夕子ちゃんの近道』(2006年)
主な受賞歴 文學界新人賞(2001年)
芥川龍之介賞(2002年)
大江健三郎賞(2007年)
処女作 サイドカーに犬』(2001年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

長嶋 有(ながしま ゆう、1972年9月30日 - )は日本小説家である。ネット・コラムニスト「ブルボン小林」、俳人「長嶋肩甲」[1]としても活動している。俳誌「恒信風」所属。

経歴[編集]

埼玉県草加市生まれ、北海道登別市室蘭市育ち。登別市立幌別西小学校、室蘭市立港南中学校、北海道室蘭清水丘高等学校普通科を経て、東洋大学2部文学部国文学科を卒業。

1990年代半ばからASAHIネットパソコン通信に出入りし、「パスカル短篇文学新人賞」に応募するなどしていた。1997年シヤチハタに就職し、結婚。ネットで知り合った仲間と俳句の同人に参加するようになり、その中の一人には川上弘美がいた。1998年に「ブルボン小林のインテリ大作戦」というウェブサイトを立ち上げる。投稿作品が予選通過や佳作を取るようになったため1999年にシヤチハタを退職、作品執筆に専念する。2000年にASAHIネット時代からの友人が立ち上げたメールマガジンにコラムを連載し、フリーライターとして活動を開始。

2001年に5つの文芸誌に同時に応募、このうち『文學界』に送った『サイドカーに犬』が第92回文學界新人賞を受賞し、小説家デビュー。同作で第125回芥川賞候補となる。2002年、『猛スピードで母は』で第126回芥川賞受賞。

2003年、『タンノイのエジンバラ』で第29回川端康成文学賞候補。2004年、『夕子ちゃんの近道』で第30回川端康成文学賞候補。2007年、『夕子ちゃんの近道』で第1回大江健三郎賞受賞。同年『サイドカーに犬』が根岸吉太郎監督により映画化。また2008年に『ジャージの二人』が中村義洋監督により映画化された。

2006年柴崎友香名久井直子福永信法貫信也とともに同人誌『メルボルン1』を刊行、2008年にも第2弾『イルクーツク2』を刊行している。

2011年からは漫画制作ソフト「コミPo!」を使用し、ウェブコミック配信サイトぽこぽこ』(太田出版)にて漫画作品『フキンシンちゃん』の連載を開始する。この『フキンシンちゃん』は2012年に加筆修正の上、ウェブコミック配信サイト『WEBコミック EDEN』(マッグガーデン)へと移籍し第1話より再掲載されており、単行本も同社より発売されている。

人物[編集]

  • 漫画好きであり漫画への言及も多い。著書のいくつかの表紙絵も漫画家に依頼している。14歳のとき室蘭市まで講演にやってきた手塚治虫と握手してもらったという。ブルボン小林名義で、手塚治虫文化賞選考委員を務める。
  • 父・長嶋康郎は『古道具ニコニコ堂です』(河出書房新社)などの著書のある国分寺市の古道具店「ニコニコ堂」の店主。同店の常連であった関係から、佐野洋子が『猛スピードで母は』の装画を手がけている。叔父・長嶋善郎は言語学者学習院大学名誉教授。
  • 自身がPHSウィルコム)ユーザーであることを公表している。「まだ(使ってるの)?」と聞かれることが多いため、PHS使いとして、その気持ちを察してほしいとコラムにも書いたほどである[2]
  • 「ブルボン小林」というペンネームは、ASAHIネット時代にブルボン小林製薬のコマーシャルのセンスについて熱弁したところ名付けられた。

作品一覧[編集]

小説[編集]

単行本未収録作品[編集]

  • オールマイティのよろめき(『文學界』2005年1月号)
  • 邦夫のイメージ(『読売新聞』夕刊、2006年5月10日)

随筆[編集]

漫画作品[編集]

その他[編集]

「ブルボン小林」名義[編集]

  • ブルボン小林の末端通信 Web生活を楽にする66のヒント(カッパ・ブックス)(2003年1月24日、光文社ISBN 978-4334007508
  • ジュ・ゲーム・モア・ノン・プリュ(自腹文庫)(2004年12月、太田出版ISBN 978-4872339215
    • 長嶋有名義の書き下ろし小説「ジャージの一人」収録。
  • ぐっとくる題名(中公新書ラクレ)(2006年9月、中央公論新社ISBN 9784121502278
  • スポンジスター ブルボン小林個人誌(2007年11月、自費出版)
  • ジュ・ゲーム・モア・ノン・プリュ(ちくま文庫)(2009年9月9日、筑摩書房)ISBN-13 978-4480426284
  • ゲームホニャララ(2009年9月12日、エンターブレインISBN 9784047260368
  • マンガホニャララ(2010年5月27日、文藝春秋)ISBN 9784163722603

「長嶋肩甲」名義[編集]

いずれも私家版のミニ句集。

  • 月に行く
  • 春のお辞儀
  • 健康な俳句

脚注[編集]

  1. ^ 2008年以降は俳句も本名の長嶋有名義で句作している。
  2. ^ 2011年2月23日付『中日新聞』・『北陸中日新聞』「紙つぶて」、東京新聞『放射線』(それぞれ夕刊)より。

外部リンク[編集]