瀧澤美恵子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

瀧澤 美恵子(たきざわ みえこ、1939年3月1日 - )は、日本小説家

略歴[編集]

新潟県中蒲原郡村松町出身。旧本名・岡村美枝子。新潟県立村松高等学校卒業、1960年東京外国語大学外国語学部中国語学科中退。1961年日産汽船入社、1964年マーシュ・アンド・マクレナン勤務。1980年滝澤淳と結婚。81年退社し専業主婦となる。1987年朝日カルチャーセンター駒田信二の小説教室に入る。1989年「ネコババのいる町で」で第69回文學界新人賞受賞。1990年「ネコババのいる町で」で第102回芥川龍之介賞受賞[1]

作品リスト[編集]

  • 『ネコババのいる町で』(1990年3月、文藝春秋/1993年3月、文春文庫)
    • ネコババのいる町で(『文學界』1989年12月号)
    • 神の落とし子
    • リリスの長い髪
  • 『夕顔の宿』(1991年5月、文藝春秋/書き下ろし)
  • 『ドンツク囃子』(1995年3月、角川書店
    • ドンツク囃子(『野性時代』1993年6月号)
    • 足長少女(『野性時代』1993年9月号)
    • ナルシスの鏡(『野性時代』1993年12月号)
    • 春一番(『野性時代』1994年2月号)
    • 座右の銘(『野性時代』1994年4月号)
    • 通り雨(『野性時代』1994年6月号)
    • 穴(『野性時代』1994年8月号)
    • 不安信号(『野性時代』1994年10月号)
  • 『悲恋斬るべし』(1995年4月、飛鳥新社
  • 『舞台裏』(1997年8月、文藝春秋)

単行本未収録作品[編集]

    • ひとりぼっち(『野性時代』1995年6月号 - 1996年3月号)
    • 凍裂(『文學界』2004年2月号)

脚注[編集]

  1. ^ 『芥川賞全集15』年譜