されどわれらが日々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

されどわれらが日々ー』(されどわれらがひび)は、柴田翔中編小説である[1]

概要[編集]

同人誌「象」に発表されたのち、1964年(昭和39年)の「文学界」に転載された、1960年学生運動を背景とした青春小説[2]

同作品は1964年に文芸春秋新社より258ページに渡る作品として出版された[3]

1964年上半期の第51回芥川龍之介賞を受賞した[4]。1962年のドイツ留学前に著者の柴田翔が完成させ、その後186万部のベストセラーとなり、1960年から1970年代にかけての若者のバイブルとなっている[5][6]

あらすじ[編集]

日本共産党武装闘争の方針を撤回した1955年第6回全国協議会(六全協)前後の東大を舞台として、デモ活動から逃げ出してきた経験を持つ男性や学生運動の挫折後に主婦として生きることに疑問を持つ女性などの様子を描くことによって、出会い・別れ・闘争・裏切り・死などの要素を作中に登場させ、確かなものなど何一つない時代を生き抜く若者たちの様子を写し出した[5][6][7]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ されどわれらが日々―とは - Weblio辞書”. www.weblio.jp. 2020年11月24日閲覧。
  2. ^ されどわれらが日々―(されどわれらがひび)の意味 - goo国語辞書” (日本語). goo辞書. 2020年11月24日閲覧。
  3. ^ されどわれらが日々ー - 国立国会図書館リサーチ”. 2020年11月24日閲覧。
  4. ^ 柴田翔(しばた しょう)-芥川賞受賞作家|芥川賞のすべて・のようなもの”. prizesworld.com. 2020年11月24日閲覧。
  5. ^ a b 集団主義に巻き込まれる弱さ 柴田翔「されど われらが日々――」|好書好日” (日本語). 好書好日. 2020年11月24日閲覧。
  6. ^ a b finalvent. “「青春の考古学」としての芥川賞受賞作――『されど われらが日々――』の蹉跌[一 | 新しい「古典」を読む | finalvent]” (日本語). cakes(ケイクス). 2020年11月24日閲覧。
  7. ^ 『されどわれらが日々――』柴田翔 | 電子書籍” (日本語). 文藝春秋BOOKS. 2020年11月24日閲覧。