大道珠貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大道 珠貴(だいどう たまき、女性、1966年4月10日 - )は、日本小説家福岡市出身。福岡県立福岡中央高等学校卒業。2000年、「裸」が第30回九州芸術祭文学賞を受賞して小説家デビュー。同作で第123回芥川賞候補。2003年、「しょっぱいドライブ」で第128回芥川賞受賞。2005年、『傷口にはウオッカ』で第15回Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞(選考富岡多恵子)。

作品リスト[編集]

小説[編集]

  • 『背く子』(講談社、2001年/講談社文庫、2004年、ISBN 9784062749275
  • 『裸』(文藝春秋、2002年/文春文庫、2005年、ISBN 9784167698010
    • 裸(『文學界』2000年4月号)
    • スッポン(『文學界』2000年10月号)
    • ゆううつな莓( 『文學界』2001年12月号)
  • 『しょっぱいドライブ』(文藝春秋、2003年/文春文庫、2006年、ISBN 978-4167698027
    • しょっぱいドライブ(『文學界』2002年12月号)
    • 富士額(『文學界』2001年2月号)
    • タンポポと流星(『文學界』2002年6月号)
  • 『銀の皿に金の林檎を』(双葉社、2003年/双葉文庫、2006年、ISBN 9784575510805
  • 『ひさしぶりにさようなら』(2003年、講談社/講談社文庫、2006年、ISBN 9784062754835
    • ひさしぶりにさようなら(『群像』2002年12月号)
    • いも・たこ・なんきん(『群像』2003年6月号)
  • 『ミルク』(中央公論新社、2004年/中公文庫、2007年、ISBN 9784122049253
    • ミルク、野菜ジュース、マシュマロを焼く、ラ・フランス、回転キャンディー、朝がゆにしない?、日の丸弁当
  • 『素敵』(光文社、2004年/光文社文庫、2007年、ISBN 9784334742270
    • 純白(『小説宝石』2003年4月号)
    • 素敵
    • 一泊(『小説宝石』2003年12月号)
    • 走る(『小説宝石』2004年6月号)
    • カバくん
  • 『傷口にはウオッカ』(講談社、2005年/講談社文庫、2008年、ISBN 9784062759656
    • 初出:『群像』2004年11月号
  • 『たまたま…』(2005年、朝日新聞社
  • 『後ろ向きで歩こう』(文藝春秋、2005年/2008年、文春文庫、ISBN 9784167698034
    • 後ろ向きで歩こう(『文學界』2005年1月号)
    • 旬(『文學界』2004年7月号)
    • 多生の縁(『文學界』2003年7月号)
  • 『ハナとウミ』(双葉社、2005年 のち文庫)
    • 初出:『小説推理』2004年4月号 - 2005年3月号
  • 『ケセランパサラン』(小学館、2006年)のち文庫 
    • ちまきのこと、草太のこと、フユヲとハルヲのこと、剣のこと
  • 『蝶か蛾か』(文藝春秋、2006年)
  • 『オニが来た』(光文社、2007年)
  • 『ショッキングピンク』(講談社、2007年)のち文庫 
    • 青すぎる空(『小説現代』2004年4月号)
    • さらわれたい
    • 準ミス熱海(『小説現代』2006年2月号)
    • 懐く、冷たいスミレ、髄を吸う、ショッキングピンク
  • 『立派になりましたか?』(双葉社、2008年)のち文庫 
    • 初出:『小説推理』連載
  • 『きれいごと』(文藝春秋、 2011)
    • 初めてなのに懐かしいひと(『文學界』2010年1月)身重で身軽(『文學界』2010年7月)きれいごと(『文學界』2010年11月)を下敷きに長篇として書き下ろし。
  • 『煩悩の子』双葉社、2015 

エッセイ[編集]

  • 『東京居酒屋探訪』(講談社、2006年 のち文庫 
    • 初出:『小説現代』連載

単行本未収録作品[編集]

  • こたつ(『文學界』2001年5月号)
  • 乳しぼり器(『文學界』2001年10月号)
  • チョーク(『文學界』2002年2月号)
  • ガソリン(『文學界』2003年3月号)
  • 落ち葉焚き(『新潮』2003年5月号)
  • チワワ(『小説新潮』2003年8月号)
  • 当たり屋(『新潮』2003年10月号)
  • 鳥から落ちた羽(『小説宝石』2005年3月号)
  • ブルーギル日和(『オール讀物』2005年10月号)
  • 大きくなあれ(『文學界』2005年11月号)
  • 目を合わせないで下さい(『オール讀物』2006年2月号)
  • ゆうれいトンネル(『私らしくあの場所へ』講談社文庫、2006年)
  • 命からがら(『文學界』2011年7月)
  • 隙(『オール讀物』2013年4月号)

外部リンク[編集]