ラジオドラマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ラジオドラマ: radio drama: Hörspiel)は、音声のみのメディア(主にラジオ放送)上で制作および発表されるドラマのことである。放送劇(ほうそうげき)、オーディオドラマサウンドドラマ声劇(せいげき)とも。他にも、同種の用語としてボイスドラマがあるが、こちらは音系の同人活動やネット声優に関連して製作されるメディアを限定して指すことが多い。詳細は#ボイスドラマという媒体についてにて。

テレビが普及していない時代(1960年代まで)における、放送文化の重要なコンテンツであったが、その後は減少傾向にある。

放送番組や、ウェブ上の公開作品として制作されることがほとんどであるが、この項目では放送における広告用に制作されたものも含む。いわゆる「ラジメーション」についても、この項目で扱う。

主に俳優声優が、声のみで役柄を演じる。聴取者に対し、映像なしで、情景を含む作中世界のイメージをいかに想起させるかが問われるため、演者の能力とともに、演出効果音の作り方・出し方といった、いわゆる音作り)が重要になる。

脚本は、既に発表されている小説、漫画などを原作とするものもあれば、ラジオドラマ用に特別に書き下ろされるものもある(後述)。

歴史[編集]

日本において[編集]

日本では、単に演劇の音声を放送波に乗せた、という意味でなら、1925年のラジオ放送の開始と同時にその歴史が始まったといっていい。試験放送の第一日目(3月1日)および本放送の第一日目(3月22日)には、来日中だったイタリア歌劇団(正式名称不明)による『フィデリオ』『リゴレット』『魔笛』の歌唱部分がそれぞれ放送されている[1]。また、試験放送期間中の3月11日には、活動弁士熊岡天童が「映画物語」と称して、『噫無情』をひとりで演じている[1]

同年7月12日、5代目中村歌右衛門5代目中村福助3代目中村時蔵らが坪内逍遥作の歌舞伎桐一葉』の一部を「ラジオ劇」と称して演じた[2]。その翌週には、新派井上正夫初代水谷八重子による『大尉の娘』が放送された[2]。いずれにせよ、これらの「ラジオ劇」は舞台の演技や演出をそのままスタジオ内で再現しただけのもので、演出には改良の余地があった。

日本において、初の「本格的ラジオドラマ[3][4]」とみなされているのは、同年8月13日[2]放送の『炭坑の中』である。イギリスのBBCで放送されたリチャード・ヒューズ脚本の『危機』を小山内薫が翻訳し[5]、小山内率いる築地小劇場のメンバーが出演した[2]。本格と評されるゆえんは、聴者に臨場感をもたらす音響効果がふんだんに用いられるという、現代に通じる演出要素が備わっていたことである。この演出は、築地小劇場の舞台音響を担当していた和田精が担当した[4][5]。和田は、日本の演劇における音響効果の第一人者であり、それまでに様々な装置[5]を開発するなどした実績を持ち、ラジオスタジオにおいてその技術を応用した。

『炭坑の中』は大きな反響を呼び、ラジオドラマが放送のコンテンツとして重要な位置を占めると確信したNHKは、主要な小説家に500円の原稿料を与え(当時の500円はかなりの大金である)、単発作品の脚本執筆を次々に依頼した(これらは俗に「500円ドラマ」と呼ばれた[2])。演劇界では、これに呼応する形で上述の井上、小山内や、長田幹彦らを中心に「ラジオドラマ研究会」が結成された[2]。1950年代には、中村真一郎花田清輝のような、いわゆる純文学に属する作家たちが多くラジオドラマを手がけ、単なる台詞を語るのではなく、音楽も含めた抽象的な表現の可能性を探った。この試みは外国からも注目され、東ヨーロッパ諸国の放送局では、中村たちの脚本を翻訳して、放送したり、研究材料にしたりしたという。

NHKではラジオドラマ専門の俳優を養成して、東京放送劇団を発足させ、これが声優の始まりとされている。1970年代後半に始まる第2次声優ブームに、ニッポン放送などの民間放送が呼応し、漫画アニメーションコンピュータゲームなどを原作としたメディアミックス展開をなすコンテンツとしてのラジオドラマが盛んに制作されるようになった。2000年代中期以降は、漫画やゲームを原作とする作品がアニメ化される際、その前段階にラジオドラマが制作される傾向がある。

近年、いわゆるネット声優と呼ばれるアマチュアによる、インターネット上に限定して公開されるオリジナルオーディオドラマが作られるようになっており、それらは同人文化のボイスドラマの一環であるといえる。

ラジメーション[編集]

「ラジメーション」とは、アニラジのコーナーなどとして制作された、アニメやゲームなどのサブストーリーを展開させるラジオドラマの呼称である。「ラジメーション」の名称は、「ラジオ」と「アニメーション」を合わせた造語である。1982年1月3日、ニッポン放送などで放送された『オールナイトニッポン新春アニメスペシャル』で聖悠紀原作のSF漫画『超人ロック』シリーズの一編「炎の虎」のラジオドラマを放送するに際し、この名称がはじめて使用された。当時のプロデューサー・上野修(ドン上野)の考案とされる。以降数作品が制作された後、数年間この呼称は用いられなかったが、1993年の『ラジメーション・魔神英雄伝ワタル3』のラジオ放送以降この名称が定着した。当時は作品がオーディオソフト化されず、ニッポン放送も商標登録を行なわなかったため、他作品や他ラジオ局でも使われて、アニメ原作のラジオドラマを指す一般名詞化した。ワタルシリーズ固有のモノ・文化放送やビクター発売のアニメ系ドラマ固有のモノと誤解も生まれたが、そのようなことはない。

技術[編集]

録音[編集]

臨場感を出すためにバイノーラル録音が利用されることもある。

商品媒体化[編集]

商品化される際には、「ドラマCD」という名目で発売されている。現在は商品化を当初から前提として企画される作品が多く、実質的にラジオ放送がドラマCDの発売前先行オンエアともいえる。

商品化の際に、ラジオで先行公開されたドラマ(シナリオの加筆修正が加えられるケースもある)をラジオ(ドラマ)CD、ラジオで公開することなく発売されるものをドラマCDと区別して呼ぶ事もある。ビクターは商品化の際「絵のない映画」だとしてCDシネマの名称を用いているケースがある。

ラジオDJコーナーを集めた(ドラマコーナーのない)CDを含め、ラジオCDと総称している。

日本の主なラジオドラマ番組[編集]

現在[編集]

2017年3月時点で定期放送されているもの。

過去[編集]

オリジナル脚本
公募による脚本
その他
  • 火星物語 - リスナーのハガキを元に司会の広井王子が脚本を書く読者参加型ラジオドラマ。上記の「リスナー公募作品」と「原作の無い作品」の中間的存在。

ラジオドラマの題材となった著名な作品[編集]

一般小説
ライトノベル
商品媒体化されたものについては、ドラマCD化されたライトノベル一覧を参照。
漫画
アニメーション
テレビゲーム

ボイスドラマという媒体について[編集]

ボイスドラマ (Voice Drama) とは、音声や音だけで物語等を表現したものであり[6][7]ラジオドラマなどと同種の表現形態であるが、特に同人による音声作品・メディアをこのように称することが多い[8]

脚注[編集]

  1. ^ a b NHK編『放送の五十年 昭和とともに』 日本放送出版協会、1977年 pp.14-26「ラジオの夜明け」
  2. ^ a b c d e f 『放送の五十年』pp.28-30「ラジオドラマのはじまり」
  3. ^ 炭坑の中 NHKアーカイブス
  4. ^ a b 築地小劇場の「音」発見 創立メンバー和田精の遺品 朝日新聞デジタル、2007年1月18日
  5. ^ a b c 岩淵東洋男『わたしの音響史』 社会思想社、1981年 pp.146-167「『効果』の歩み」
  6. ^ nowisee(ノイズ) 新たな声優キャストとして加藤英美里を迎えたボイスドラマ『52Hz ―D side―』最新話を公開。人気絵師の秋赤音によるノベル『52Hz』挿絵イラストがついに完結!”. 日刊エンタメクリップ (2017年3月1日). 2017年10月8日閲覧。
  7. ^ nowisee、加藤英美里を迎えたボイスドラマ『52Hz -D side-』最新話公開”. BARKS (2017年2月28日). 2017年10月8日閲覧。
  8. ^ 新世紀の音楽たちへ 第7回「インターネットが拡張する声の劇空間」”. KAI-YOU (2016年10月19日). 2017年10月13日閲覧。

参考文献[編集]

  • Hans-Jürgen Krug (ドイツ語): Kleine Geschichte des Hörspiels. 2nd edition. Konstanz: UVK, 2008. ISBN 978-3-86764-076-3

関連項目[編集]