バール・サンドリオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

バール・サンドリオン』はKiss-FM KOBEでかつて放送されたラジオドラマ。架空のバーを舞台にし、ジャズの選曲を織り交ぜながらバーテンダーと客の会話を通した人間の心の機微を綴った。

番組の内容[編集]

  • 当初は毎日の1時間番組であった。その後、週末のみの放送となり、末期は30分番組となった。
  • 1995年1月からラジオドラマは休止。マスターが語りかける形となった。その後、1月17日の阪神・淡路大震災を機に番組自体が一時休止となる。1997年4月に約2年ぶりに復活したが、2000年3月31日の放送をもって番組が終了。(名目上はマスターが一人旅に出るというもの)また、番組終了後の2002年10月には特別番組として1日だけ復活した。
  • 大震災前は旧居留地のシーサイドの店、大震災後は北野町山本通に移転し新装オープンした設定。同時に男性バーテンダーに交代。

コンセプト[編集]

  • 番組のコンセプトは、"24時過ぎのシンデレラ"。なお、タイトル"Bar Cendriillon"は「シンデレラのバー」という意味である。
  • 当初、番組は24:00から放送開始であった。冒頭は物語「シンデレラ」を思わせる鐘の音で始まる。
  • 「24時を過ぎてもシンデレラでいたい」という、女性の気持ち(女性達の様々な悩みや、その女性達と恋をする男性達の切ない気持ち)などを、バーテンダーと客の会話で表現した。

出演者[編集]

  • 当初のバーテンダーは女性で、声の出演は女優の久仁亮子
  • 震災後の再開時には、男性バーテンダーに交代。同時に久仁はオーナーとなり、時折店に顔を出す設定に変更された。

放送時間[編集]

  • 放送開始から1995年1月までは、毎日深夜24:00 - 25:00。
  • 1997年4月のタイムチャートでは、土曜日深夜(日付上は日曜日、以下同様)24:00 - 24:30。
  • 1998年1月のタイムチャートでは、土曜日深夜24:00 - 25:00。
  • 1998年12月のタイムチャートでは、土曜日深夜26:00 - 26:30。

エピソード[編集]

  • 本来ジャズを選しているが、1994年12月度の最終放送は、1970年代の関西フォークグループ・三輪車の「水色の街」であった。この選曲の意図は不明である。
  • 1994年12月19日 - 23日にかけての放送では“Bar Cendriillon Mystery Week「サンタが死んだクリスマス」”と題したミステリーイベントを放送。放送はミステリーの『問題編』。12月25日に京都全日空ホテルでミステリーイベント「ラビリンス・ナイト」を催して結末を明らかにする企画が行われた。このイベントが神戸でなく京都で開催された背景には、Kiss-FMが発信出力増大も含めて京都エリアにも聴取者層を拡げようとした意図があったと推察される。