がきデカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
がきデカ
ジャンル ギャグ漫画
漫画
作者 山上たつひこ
出版社 秋田書店
掲載誌 週刊少年チャンピオン
レーベル 少年チャンピオン・コミックス
発表期間 1974年44号 - 1980年52号
巻数 全26巻
アニメ
原作 山上たつひこ
脚本 照井啓司ほか
アニメーション制作 スタジオぎゃろっぷ
製作 フジテレビ、スタジオぎゃろっぷ
放送局 フジテレビ
放送期間 1989年10月16日 - 1990年3月26日
話数 22(全43話)
OVA
原作 山上たつひこ
監督 中村孝一郎、佐藤竜雄
脚本 浦沢義雄
製作 大映映像
発売日 1989年11月24日
漫画:中春こまわり君
作者 山上たつひこ
出版社 小学館
掲載誌 ビッグコミック
レーベル ビッグコミックススペシャル
発表期間 2004年 -
巻数 既刊2巻
その他 不定期掲載
テンプレート - ノート
ポータル 漫画アニメ

がきデカ』は、山上たつひこによる日本漫画。主人公である日本初の少年警察官と自称するこまわり君と、彼が通う「逆向(さかむけ)小学校」の同級生やその周辺のキャラクター達で展開されるギャグ漫画作品。『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)にて、1974年44号から1980年52号まで連載され、単行本の発行部数は3000万部を超える[1]

1989年にテレビアニメ化、ほぼ同時にOVAも作られているが、双方で制作会社と出演声優が異なる。時期や態勢の異なる再アニメ化は珍しくないが、同時に異なる会社でアニメ化されたケースは当時大変珍しかった。

2004年より続編の『中春こまわり君』(ちゅうしゅんこまわりくん)が『ビッグコミック』(小学館)でシリーズ連載中。

概要[編集]

いわゆる「ドタバタもの」作品で、本格的ギャグ漫画の草分け的存在である。ギャグ漫画自体は赤塚不二夫の『天才バカボン』や『おそ松くん』など、『がきデカ』が登場する以前から数多く存在していたが、「ボケとツッコミ」の役割分担を明確にさせ、ボケ役(ここでは主にこまわり君)がボケて、ツッコミ役(ここでは西城君など)がそれにツッコむ、という形式を漫画に取り入れたのは本作が最初である。このスタイルは後に、小林よしのりの『東大一直線』や高橋留美子の『うる星やつら』など他のギャグ漫画作品に大きく影響を与えた。また臼井儀人の『クレヨンしんちゃん』などにも、本作品の影響が強くみられる。

また、『がきデカ』の面白さは、当時のギャグマンガとしては例のなかった[2]劇画調の絵」によるところが大きい。「死刑」などのこまわり君の下品なポーズや、女性キャラ達のHなポーズのエロティシズム、頻繁に登場する動物たちの間抜けさ、などなど。それまでのギャグ漫画が「意味」で笑いを作っていたのに対し、劇画調のリアルなポーズそのものにより、面白さを伝えるのは画期的であった[3]

作者が大阪府育ちだったということもあり、ストーリー展開は正に吉本新喜劇そのものである。コケる、平気で人の頭を殴る、「ずるむけあかちんこ」、「人間のクズ」、「社会のゴミ」など暴言を吐くなどは当たり前で、時に西城までも「なんでやねん!」とツッコむなど大阪弁が随所に現われており、吉本新喜劇の影響を色濃く受けている。また、「直接的な肉体性から発する、下品さ」も吉本新喜劇と共通している。

流行語となった「死刑!」「八丈島きょん!」「あふりか象が好き!」「慣れればおいしいくさやの干物」などの意味不明な一発ギャグでも有名である(ギャグ一覧はこまわり君の項目を参照)。また、少年誌での掲載ながら、こまわり君が自慰をしている所、尿をジュンにぶっかける所、ソープランド、お座敷ストリップなど過激な下ネタや描写、単語が頻発しており、連載当時は全国のPTAから槍玉にあがった。特にそれまでなかった、男性器をかぼちゃ、茄子、大根、バット、ヘチマ、ごぼう、きゅうりなどに「具象化」したことは特筆できる。

こまわり君が他の動物などに変身(メタモルフォーゼ)したのち、従来のギャグ漫画ならすぐ元の姿に戻っていたのだが、『がきデカ』では変身した姿のまま物語が暴走することが多い。この点は、従来のギャグ漫画にない画期的な点であり、文芸評論家の渡部直己が、そのデビュー時の論文でテキスト論的な指摘をした[4]

ブームが落ち着いた頃に鴨川つばめの『マカロニほうれん荘』が連載を開始、登場人物が変身したまま物語が暴走する特徴も、『がきデカ』と共通しており作者はライバル視していた。そのせいか絵のタッチが鴨川つばめに酷似し始め[5]、作中において西城君やモモちゃん、ジュンちゃんまでもが目玉が大きく3頭身のいびつなキャラとなってしまった時期もある。

大人気作ゆえ作者は連載中にかなり精神的に追い詰められていたらしく、編集長を呼びつけて嫌味を言ったり、仕事場へ訪ねてきた小学生を怒鳴り追い返しており、後に「大人気なかった」「申し訳ないことをした」と述懐している。

1974年に『週刊少年チャンピオン』誌上に第1回が掲載された時の最終コマは、友人(友犬?)の栃の嵐に制帽を奪われ逮捕されているというシーンであり、こまわり君の頭はボサボサの髪があらわになっていた。しかし連載が進むにつれ、この第1回目を読んでいないファンの間で「こまわり君の髪型はどうなっているのか?」という話題が盛り上がった。第1回目を読んだ読者からすれば「普通のボサボサの髪型だよ」となるところだが、このミステリアスなブームを長続きさせようと企図した編集部は、チャンピオン・コミックス採録時にこまわり君が制帽を被ったままの最終コマへ変更した。よって、こまわり君の髪型を確認するには連載初回時の1974年『週刊少年チャンピオン』44号を入手するか漫画雑誌を収集している図書館に行って読むか以外にない。

『週刊少年チャンピオン』連載当時の最終回は、通常の一話読み切り型で、一見すると最終回とは全く解らない話になっている。これは作者が「連載を打ち切らせてほしい」と編集部へ申し出た際、当時の編集長から「いつでも連載を再開できる形で終わらせてほしい」と頼まれ、そのような形になった、とのエピソードがある。1989年にアニメ化された際に、並行して『週刊少年チャンピオン』誌上において月1連載で全12話の『完結編』("がきデカ"ファイナル)が連載された。作者は意図的に当時の画風に合わせて描いており(作者自身は「技術的な事なので難しくはない」と後に述べている)、「あまりにも連載当時と変わらない」と言われた。最後はこまわり君が種田山頭火の句と衣装で放浪の旅に出て完結となった。

2009年には、『週刊少年チャンピオン』創刊40周年記念として、同誌19号に描き下ろし新作を掲載した。ここでは、「中春こまわり君」のキャラクターが「がきデカ」のキャラクターを演じる、という形式を取っている[6]

本作品は、水島新司の『ドカベン』(中学・高校編)や手塚治虫の『ブラック・ジャック』と共に1970年代の「週刊少年チャンピオン」の黄金期を築いた。

登場人物[編集]

こまわり君[編集]

声 - 三ツ矢雄二(テレビ版) / 千葉繁(ビデオ版)
名前の由来は、『小さなおまわり(巡査)』から『こまわり』となった。東京都練馬区在住。連載当時は苗字は不明であったが「中春こまわり君」で「山田こまわり」と判明する。日本初の少年警察官。
2頭身(連載当初はもう少し大きかった)で、しもぶくれな顔。第1話の劇中で、「夏休みを利用して警察学校に通い、日本で初めての少年警察官になった。」と発言しているが、その経緯は作中で語られていない。ちなみに本人の幼少の頃の写真でも警察官の制帽を被っている。いつもバカでかい警察の制帽をかぶっており、ランニングシャツと派手な水玉模様ネクタイ、制服風のズボンを着用している。頬の中に白菜や縄がすっぽり入る。高島平近辺に所在するらしい『警視庁ねこ自慢警察署』所属。シロアリ防除士の資格を持っている事が後に判明している。
「死刑!」「あふりか象が好き!」「八丈島のきょん!」などの意味不明なギャグを連発する。変質少年かつややこしい(この作品世界での「いやらしい」を指す語)性格で、興奮したりするとタマキンがゴムタイヤを溶かすほど高熱を発する。こまわりの母親も含む女性の登場人物は、ことごとく彼のセクハラの餌食にされている。
こまわり七変化として人間や動物はおろか、虫にさえも化けることができるが、しもぶくれの顔と2頭身という外見のシルエットだけは変わらないのでバレバレである。よく化けるのは、周囲の人間やクマゾウなどの哺乳類加藤茶風のハゲオヤジなど。
動物と会話する事が出来るが学業の成績は非常に悪い。栃の嵐の経営する犬猫専門の学習塾に通うものの、授業内容についていけず、更にレベルの低い塾へ転入している。
1975年葡萄畑というバンドが原作5巻では歌詞も掲載している「恐怖のこまわり君」(作詞 - 山上たつひこ / 作曲 - 青木和義)という曲を発売し、ヒットした。
外見・性格ともに、同作者の短編ギャグ漫画『さるとび佐助』の主人公がほぼ転用されている。

ギャグ一覧[編集]

「死刑」

基本的にそれぞれのギャグにはポーズがある。文章で説明するのは難しいが、たとえば「死刑!」のポーズは、以下に従ってもらうと再現することができる。

  1. ダンディ坂野の「ゲッツ!」のポーズをする。
  2. 体は動かさずに、首を右または左に回し、腕もその方向を指差すように平行移動させる。
  3. 最後に尻もそちらの方向を向くようにする。

『がきデカ』連載当時、子供達は競ってこのポーズのまねをした。

  • 死刑!」
  • 「ずるむけあかちんこ」
  • 「んが!」
  • 「んぺと」(腕で力こぶを作る様に大腿二頭筋を盛り上げる)
  • あふりか象が好き!」
  • 八丈島きょん!」
  • 「職務と本能はちがうもーん」
  • 「モモちゃん、モモちゃん、これこれ」
  • 鶴居村ツルが来るぅ~」
  • 「白クマ黒クマ白クマクマ、赤ブタ青ブタ赤ブタブタ」
  • 「お兄さんではない、実はお姉さん」
  • 「制裁をくわえる」
  • 「じわぁー」
  • 「おしり段違い」
  • 「銀座ワシントン靴店社長の顔~」
  • 「練馬名物股座納豆」「練馬名物あやつり納豆」
  • イヨマンテの夜
  • ぺぽかぼちゃ~」「千両二号~」(倉田まり子松田聖子を見て。勃起した男性自身メタファーである)
  • 「うし時きょん分きつね秒」(※動物時計。他に「●時◎分○秒」で派生バリエーションあり)
  • 「禁じられた ゼ ゼットォ~」
  • 「にゃおんのきょうふ」
  • 「くまかかか」
  • 「えいっ、とても珍しいニホンカモシカのおしりっ」(下半身がニホンカモシカっぽくなり、相手に尻を見せつける。カモシカ以外のバリエーションあり)
  • 「男がパンツを脱ぐ時!!」「ときめきの午後ー!!」(亀吉とのかけ合いで下のフレーズへ)
  • 「ヒューマンライフこまわり君 海岸通りの糖尿病!!」(当時の化粧品CMのもじり。友人2人と展開する)
  • 「あ〜かい あ〜かい おなごの下着、下着の中は、そうぞう、そうぞう」

その他、小ネタ的な各種こまわり七変化も含まれる。

他の登場人物[編集]

特に区別せずに記述しているものは、テレビ版のみのキャストを指す。

西城 ヨシオ
声 - 古谷徹 / 佐々木望(ビデオ版)
こまわりの同級生。西城秀樹がモデル。通称「西城くん」。ハンサムで学業もスポーツも万能な優等生の少年。本作の主要ツッコミ役だが、時にはかなりのボケをやることも。「中春こまわり君」では「西城良夫」。
木の内 モモ子
声 - 江森浩子 / 水谷優子(ビデオ版)
こまわりの同級生。山口百恵がモデル。通称「モモちゃん」。実家は洋裁店を経営する母親と兄・妹のジュンとの母子家庭で、西城くんのガールフレンド。黒髪のショートヘアで、基本的には真面目な性格の優等生。ツッコミ役が多い。
木の内 ジュン
声 - 鳥飼真己子 / 松井菜桜子(ビデオ版)
こまわりの同級生。風吹ジュンがモデル。通称「ジュンちゃん」。モモちゃんの双子の妹。明るい髪色のロングヘアーで、成績は中位。モモちゃんよりも軽めの性格で、軽いボケ役的存在として、こまわりに同調することがたまにある。
福島
声 - 塩屋浩三
こまわりの同級生。作者のアシスタントがモデルで、こまわり曰く「がばっとしたゴリラ男」で魚屋「魚福」の息子。寒中水泳の授業中に全身火傷を負う。という変わった経歴がある。
亀吉(かめきち)
声 - 龍田直樹
こまわりの同級生。鼻の穴を中心に奇妙な顔パーツのキャラで、手足にポーズをつけながらしゃべる。実家は銭湯経営。
あべ 美智子
声 - 勝生真沙子 / 松井菜桜子(ビデオ版)
逆向小学校に勤務する若い女教師で、こまわりの担任。通称・あべ先生。あべ静江がモデル。毎回のように起きるこまわりのセクハラや奇行に頭を痛めている。しかし本人も相当な変わり者で、教師としての自覚が足りないと生徒から言われることも。
清治(せいじ)
声 - 難波圭一
サラリーマンで登場時は大抵スーツ姿、あべ先生の婚約者。あべ先生との「最後の一線」をなかなか越えられない。
義一(ぎいち)
声 - 田の中勇 / 西村知道(ビデオ版)
こまわりの父。「昭和生命」に勤務する平凡なサラリーマンで、基本的には常識人だが、自宅に持ち帰った社の業務書類を前に花笠音頭を踊ったり、流し台で体を洗うなどの奇行も見られる。「中春こまわり君」では「山田常雄」。
としえ
声 - 向井真理子 / 一城みゆ希(ビデオ版)
こまわりの母。専業主婦、なかなかの美人。一見常識人だが、的外れなことを平気で言ったり、金にがめつい面も。
モモ子・ジュンの母
声 - 増山江威子 / 一城みゆ希(ビデオ版)
夫に先立たれ、女手一つで「木の内洋裁店」を経営して三人の子供を育てている。こまわりにとっては恰好のセクハラの標的であるが、こまわりを天敵のように恐れており、こまわりの下品攻撃にモモ子が反撃するのが定番の展開となっている。
木の内 文夫
モモ子とジュンの兄。連載初期のみ登場したためアニメには未登場。短髪で、筋骨たくましいマッチョ青年。彼の腕っ節を恐れるこまわりのおだてを額面どおり信じ込む、単細胞な性格。
西城 正直(さいじょう まさなお)
声 - 平野正人
西城ヨシオの父。パイプを愛用するダンディな小説家。妙にこまわりと息が合い、一緒にボケ役に回ることもしばしば。
西城 雪子
声 - 高木早苗
ヨシオの母。眼鏡をかけた専業主婦。しょっちゅう夕飯をたかりに来るこまわりに手を焼いている。
猫又刑事
雪国である某県警察の、かめはまんねん警察署に所属する刑事。顔のパーツはそのもの。雪国から東京に凶悪犯を護送する任務で警視庁から派遣されてきたこまわりと同行する予定であったが、結局こまわりが東京まで凶悪犯に護送されるハメになった。当初は一話のみの登場であったが、後にこまわり達の住む区域の警察署転勤となり、準レギュラーとなる。府県を越えて転勤している事からキャリア組か?
栃の嵐
声 - 龍田直樹 / 二又一成(ビデオ版)
元野良犬。犬猫進学塾を経営して大成功を収め、資産家として街の名士の座に収まる。
栃の介
声 - 冬馬由美
栃の嵐の息子。犬猫大学の建築科に入学し、将来は建築や都市計画プロジェクトに取り組む夢を持つ。
声 - 拡森信吾
練馬変態クラブ
ブリーフ一枚の姿で突如ポーズをとりながら現われる三人組。

テレビアニメ[編集]

テレビ版は1989年10月16日1990年3月26日フジテレビなどで放映。ローカルセールス枠のため未放送または遅れネットとなった地域が大半だった。アニメ化されるのは初めてであったが、連載終了からかなり間が空いた為リメイク的な印象があった。TV放映するにあたり、放送コードによる規制への配慮から原作で見られた過激な下ネタ的表現は抑えられた。

関東地区での放送時間は月曜17時30分~18時だが、この枠は、前番組『パラダイスGoGo!!』(月~金の17:00~18:00)が17:30までに短縮したのに伴い、開いたこの枠に当番組を含む日替わりのアニメ(火=『かりあげクン』、水=『まじかるハット』、木=『たいむとらぶるトンデケマン!』、金=『らんま1/2熱闘編』)を設置したもので、『ティーンズゴールデンタイム』と呼ばれていた。しかし当番組の終了に伴い、残る4つの番組は金曜16:00~18:00に移動して、『金曜アニメランド』となってしまった。だがわずか3ヶ月後に『まじかるハット』が終了し、『ゲゲゲの鬼太郎(第3期)』の再放送に代わったため、『金曜アニメランド』の枠名も廃止された。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

  • オープニングテーマ - 「こまわり・MAM-BO」
  • エンディングテーマ - 「わたし・プルプル・未体験」
    • 作詞 - 紅玉 / 作曲・編曲 - りゅうてつし / 歌 - 三ツ矢雄二(オープニング)、鳥飼真己子(エンディング) 

各話リスト[編集]

サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 放送日
1 んぺと!こまわりくん登場!! 柳川茂 辻初樹 榎本たけあき 1989年
10月16日
楽しい授業参観!んが!!
2 タマキンパワーで体力テスト 辻本悠 岡田聡 湖川友謙 10月23日
闘犬は犬とうちがいじゃ!! 松本勝次
3 アナコンダでニゲコンダ 三井秀樹 落木正文 中村旭良 10月30日
顔面ペイントで変身じゃ!! 池中筒彦 落木正文
4 少年警察官はつらいのよ 荒川稔久 藤森一真 桜井弘明 11月6日
テストで遭難じゃ!!
5 少年野球で珍チンプレイ 柳川茂 辻初樹 榎本たけあき 11月13日
一人暮らしは危険じゃ!!
6 居候は男心がウキ・ウキ?! 三井秀樹 池中筒彦 仲村時次郎 湖川友謙 11月20日
芸術鑑賞はペタリンコ?! 落木正文
7 出た!驚異のタマキンパワー!! 家本泰 岡田聡 松本勝次 11月27日
わが子いとしや栃の嵐!
8 危ない美少女に御用心!! 柳川茂 青山弘 佐々木裕之 半田由利 12月4日
チョッキンナで精神統一!!
9 飛べ!ラジコンこまわり!! 三井秀樹 藤森一真 松井仁之 大宅光子 12月11日
友情の押し売りは亀の湯で!! 照井啓司
10 クリスマスなんか大嫌い!! 三井秀樹 日巻裕二 佐藤好春 12月18日
お歳暮はジングルベルにのって!! 照井啓司
11 年の初めの抱負合戦!? 柳川茂 家本泰 岡田聡 松本勝次 1990年
1月8日
おせち料理は父ちゃんの味!!
12 珍技!? こまわり式スケート術!! 照井啓司 湖川友謙 1月15日
タマキン出しても火事だすな!!
13 あたしみだらな冬山登山家!! 三井秀樹 仲村時次郎 池中筒彦 榎本たけあき 1月22日
スカートの中は神秘が一杯!! 落木正文
14 おとめ心は複雑なのじゃ!? 柳川茂 日巻裕二 半田由利 1月29日
女子大生で気分転換じゃ!?
15 熱闘!バレンタイン・DAY!! 三井秀樹 藤森一真 松井仁之 大宅光子 2月5日
姉妹ゲンカはマタにして!! 桜井弘明
16 ハダカが好きなのよねぇェ♥ 柳川茂 森本晃司 佐藤好春 2月12日
はらはら!セクハラ!雪合戦!! 照井啓司
17 珍ちん兵器?マタドリル?! 柳川茂 佐々木裕之 松本勝次 2月19日
見栄張りは財布に毒よ!! 照井啓司
18 頭はピーマン!股に大根!! 柳川茂 中村主火 沢田正人 2月26日
まかせておネェさんお引越し!!
19 銭湯は自由なカオリ!! 三井秀樹 藤森一真 松井仁之 大宅光子 3月5日
ジュンちゃんの禁じられたA・B・Z!! 桜井弘明
20 茶道修行でさあどうじゃ? 柳川茂 藤森一真 中村主火 半田由利 3月12日
飲みネェ、食いネェ、んぺと寿司! 中村主火 松本勝次
21 花見やりたし、ホーヤレホー! 三井秀樹 佐々木裕之 3月19日
必殺!こんなに奥さん好きや投げ!!
22 んぺと!春・桜・愛の旅立ち! 柳川茂 桜井弘明 大宅光子 3月26日
フジテレビ 月曜17時台後半枠
ティーンズゴールデンタイム
前番組 番組名 次番組
パラダイスGoGo!!
(月 - 金の17:00~18:00)
※30分短縮して継続
がきデカ
君の瞳に恋してる!(再)
(月~木17:00~17:55)
番組案内
(月~木17:55~18:00)

OVA[編集]

1989年11月24日発売。1994年3月11日発売の再版もある。

スタッフ[編集]

  • 原作 - 山上たつひこ
  • 絵コンテ - 中村孝一郎、逆井春助、佐藤竜雄
  • プロデューサー - 池田哲也、岡村雅裕
  • 監修 - 小林治
  • 脚本 - 浦沢義雄
  • キャラクターデザイン、作画監督 - 山田みちしろ
  • 美術監督 - 金村勝義
  • 撮影監督 - 金子仁
  • 音響監督 - 山崎宏
  • 原画 - 林桂子、原博文、木村文代、玉川真人、藤森雅也
  • 動画 - 関根昌之矢野篤
  • 仕上 - スタジオ・ノエル
  • 色指定 - 松永葉子
  • 背景 - スタジオWHO、スタジオブーカ
  • 撮影 - 東京アニメーションフィルム
  • 録音 - 内藤幸恵
  • 選曲 - 合田豊
  • 効果 - 加藤昭二
  • 録音助手 - 林毅史
  • 音響制作デスク - 村山一臣
  • 編集 - 布施由美子、安藤洋子
  • 制作担当 - 小林常夫
  • 制作進行 - 根岸宏樹
  • 現像 - 東京現像所
  • 監督 - 中村孝一郎、佐藤竜雄
  • 制作・発売元 - 大映映像株式会社
  • 販売元 - 大映株式会社映像事業部
  • 品番 - SIH-1001
再版

中春こまわり君[編集]

作者の断筆宣言・小説家転向もあり、一切こまわり君が描かれることはなかったが、突然2004年に『ビッグコミック』誌上にて江口寿史泉晴紀、元アシスタントの田村信アシスタントに従え、2話読み切りで『中春こまわり君』が掲載された。こまわり君達が38歳となり、こまわり君は妻子持ち、西城ヨシオとモモが結婚し子供がいることになっている。また、「金冠生生電器」という会社でこまわり君とヨシオが働いているという設定であった。

『チャンピオン』連載中の読み切りでは、西城がモモを正妻・ジュンを愛人に大金持ちとして裕福な暮らしを送るのに対して、こまわりは婦女暴行の犯人として投獄されその後一人寂しく貧乏な老後を過ごす、という未来をタイムマシンに乗ったこまわり一行が目撃する…といった、『中春こまわり君』とは別の未来も描かれている。

2006年、同誌で3話続編が描かれた。続編ではかつてこまわり君の同級生であった木の内ジュン(2006年版のみ木ノ内ジュン)が2回の離婚を経て現在は独身であり、2番目の夫、業原に騙されて厳しい生活を送っているという設定だった。

2008年1月に同誌にて再び集中連載され、こまわりの両親が登場。ここまではほぼ2年に1回のペースだったが、同年10月より新作が発表、1年に2度新作が掲載されたのは初めてである。

2009年1月、小学館より単行本が発売された。5月には新作が発表、同時期に『チャンピオン』にも『がきデカ』の新作が発表されている。これ以降、新作発表のペースを早め、現在は不定期ながらもシリーズ連載作品になっている。

2010年4月、小学館より単行本第2弾である『中春こまわり君 2』が発売された。

登場人物[編集]

山田 こまわり(やまだ こまわり)
妻子持ちの中年の会社員。勤務先は「金冠生生電器」営業部。奇行は相変わらずだが、基本的には常識を弁えた社会人。子供の頃は傍若無人でパワフルだったが、現在は寄る年波に勝てず、痛風の症状が出るなど体中にがたが来ており、上司の理不尽な命令に従う悲哀を味わう日々を過ごしている。
西城 良夫(さいじょう よしお)
こまわりの会社の同僚で、小学時代からの腹を割って話せる幼馴染み。子供の頃は表情豊かだったが、現在は仕事に追われる草臥れた中年男である。
山田 圭子(やまだ けいこ)
こまわりの3歳年下の妻。夫の小学時代を忌み嫌っていたが、現在は若干理解している。姑に嫌われているため、夫の両親との同居には難色を示している。
山田 登(やまだ のぼる)
こまわりの息子。母親似で、将来は僧侶になろうと考えている。若干老け顔だが今時の若者で、恋人がいる。
西城 モモ子(さいじょう モモこ)
西城の妻で二児の母。夫同様、こまわりの幼馴染みで、家族同士の付き合いがある。子供の頃は早熟で過激な面もあったが、現在は落ち着いた平凡な主婦である。
栃の光(とちのひかり)
こまわりの行きつけの居酒屋「日本料理 狛」の店主。認知症の祖父・栃の嵐(とちのあらし)を介護している。妻・夏代(なつよ)との間に息子・浩(ひろし)がいる。
木ノ内 ジュン(きのうち ジュン)
モモ子の妹。二度結婚に失敗し、底辺の生活を送る。最初の夫・伊藤園介三郎(いとうえん かいさぶろう)は既に再婚して別の家庭を築いている。二度目の夫・業原幸雄(ごうはら ゆきお)は浮気症のロクデナシで、こまわり達を巻き込んだ殺人未遂事件を仕出かして、服役中。
福島(ふくしま)
こまわりの幼馴染み。魚屋の店主。二児の父。
あべ 美智子(あべ みちこ)
小学時代のこまわり達の担任。こまわりが痛風の診察の為に訪れた病院で再会する。様々な理由から酒に溺れ、かつての面影が無くなっていた。清治(せいじ)とは大分前に離婚している。
山田 常雄(やまだ つねお)
こまわりの父。定年退職し、暇な老後を送っている。
山田 としえ(やまだ としえ)
こまわりの母。嫁・圭子の事を嫌っている。
六高寺 直久(ろっこうじ なおひさ)
こまわりの妻の弟。「おろちビール」商品開発研究所勤務。父・吉次郎(きちじろう)は『光る風』の主人公・弦の父親に容貌も行動も酷似。自宅の仏壇に『光る風』の光高(みつたか)弦(げん)の遺影がある。

パチンコ[編集]

1998年に「CRがきデカ」、2006年に「新CRがきデカ」が、それぞれサンセイアールアンドディから発売された。

「新CRがきデカ」ではこまわり君へ女性声優を充てており、確変大当り時にはアニメの主題歌が流れる。 また、サンセイクラシックコレクションでは三ツ矢雄二が登板し(他のキャストは当機独自の声優が起用された。)、三ツ矢による新録の主題歌も流れる。

ボードゲーム[編集]

1978年よりエポック社から発売されたボードゲームシリーズ「まんがゲーム」の第15弾として、「山上たつひこのがきデカゲーム」が発売された。

元々このシリーズは漫画家製作によるオリジナルだったが、1つ前の第14弾「楳図かずおまことちゃんゲーム」から人気漫画をモチーフにしたゲームを平行発売した。

その他[編集]

  • 現在復刻されている単行本では、「トルコ」(という台詞)が「ソープ」に、あべ先生が下着を着用したままシャワーを浴びるなど、様々な修正が加えられている。
  • 『週刊少年チャンピオン』連載当時、CMキャラクターに起用され、何度かアニメ化されたことがある。スピーカーの大きさを売りにしたモノラルラジカセ松下電器産業「MAC-18(RQ-548)」)のCMで、こまわり君が「男は18センチ!」(声・大竹宏)と叫ぶもの(放送開始直後に「マックは18センチ!」に変更された)や、「ピタンキー」という菓子のCMで「ピッタピタされたら気持ちええじゃろがっ!」と叫ぶものがあった。
  • 萩尾望都の1976年の漫画『赤ッ毛のいとこ』[7]にも、局部を足で隠したこまわり君が登場、笑顔で「あふりかぞうが好きっ」と叫んでいる。
  • 本作連載中の1975 - 1976年に放送されたアニメ『タイムボカン』で、2度パロディが行われている。1回目は第11話「インカの宝見つけたペッチャ」で、冒頭、丹平たちが訪れた美術館に、「死刑!」のポーズをした彫刻が展示されていた。2回目は第17話「ドロロン!五右衛門だペッチャ」で、伏見桃山城の庭番役として、こまわり君に似たキャラが登場し、聚楽第に押し入った丹平・マージョ・ゴエモン君(二代目石川五右衛門)を釜ゆでにする時、「秀吉様の城に踏み入った者は、釜ゆでの刑で…死刑!」と、例のポーズをつけて叫んでいた。
  • アニメ版が放送される以前、同作品が連載中の1978年に、TBSラジオ夜はともだち」内「ラジオ劇画」にてラジオドラマ化されている。当時、同コーナーではチャンピオン連載作品が次々とラジオドラマされていた。
  • この頃の『週刊少年チャンピオン』連載作には単行本へ収録されないものが多く(『マカロニほうれん荘』や『ブラック・ジャック』などが有名)、本作にも未収録作が存在したが『月刊少年チャンピオン』の連続読み切り『たつひこスーパーフィクション』が単行本になった際、巻末へ『こまわり君』の題名で追加収録された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 藤島宇策『戦後マンガ民俗史』(河合出版、1990年、ISBN 4879990248)222頁
  2. ^ ただし、米澤嘉博の『COMIC BOX』誌での指摘によれば、川崎のぼるの『いなかっぺ大将』を先駆者とみる文章がある。
  3. ^ 米澤嘉博『別冊太陽 少年マンガの世界II』(平凡社)142頁-143頁
  4. ^ 渡部直己『Hello Good-BY 筒井康隆』収録「露出狂の現在 マンガテキスト考」。
  5. ^ がきデカ廉価版「鶴がくるくるクリスマスっ!!」のコラム「犬月猫日の記」で本人が告白している。
  6. ^ 作中の西城の台詞より
  7. ^ 萩尾望都作品集17巻『アメリカン・パイ』200p 小学館・昭和52年