桜井弘明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

桜井 弘明(さくらい ひろあき、1958年12月15日[1] - )は、静岡県沼津市出身のアニメーション監督。代表作に『デ・ジ・キャラット』シリーズ、『斉木楠雄のΨ難』など。日本大学文理学部国文学科出身。妻は脚本家の大場小ゆり

経歴[編集]

大学に5年半在籍し、バンド活動に明け暮れ、ベーシストオーディションなどを受け続ける日々を過ごす。ある時、ふとしたキッカケでアニメーションに興味を持ち、卒業後は代々木アニメーション学院を経て、25歳で演出助手を募集していたスタジオワールドに入社。演出助手として最初に携わった作品は『超時空騎団サザンクロス』。テロップに最初に名が出たのは『よろしくメカドック』。よろしくメカドックを担当していた頃の先輩が小島正幸馬場健だった。1988年春にスタジオワールドが解散し、馬場健が設立したフィルムマジックへと移籍し、そこを拠点とした。しかし、同社は『赤ずきんチャチャ』のグロス請けが原因で倒産[2]。その後はフリーに転じる。

ウクレレをこよなく愛し、現場でも常に持ち歩くことで知られている。また、『魁!!クロマティ高校』のサウンドトラックでは長年ファンであったという同郷出身のプログレッシヴ・ロックバンド美狂乱を劇伴音楽に起用し、バンドともベーシストとして共演している(のちに正式メンバーとなる)。

テレビ東京『デ・ジ・キャラットにょ』のエンディング曲「ダイナマイト★I・N・G」でもベーシストして参加しており、ソロパートも披露した。当時は左利き用ベースを9本持っていたと語っている。

作品リスト[編集]

監督作品[編集]

1999年
2000年
2001年
2002年
  • ゲロタン(Webアニメ)※アスキー運営の"enban.net"で公開されていたFlashアニメ。
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2016年
2017年
2018年
  • 斉木楠雄のΨ難(第2期)
2019年
2020年
2021年
2022年

絵コンテ・演出など[編集]

1986年
1989年
1990年
1991年
1992年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2010年
2011年
2012年
2014年
2015年
2017年
2019年

脚注[編集]

[脚注の使い方]