山上たつひこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
山上たつひこ
山上龍彦
生誕 1947年12月13日(66歳)
徳島県
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家小説家
活動期間 1965年 -
ジャンル ギャグ漫画SF漫画4コマ漫画
代表作 光る風
喜劇新思想大系
がきデカ
テンプレートを表示

山上 たつひこ(やまがみ たつひこ、男性、1947年12月13日 - )は、漫画家小説家徳島県生まれ、大阪府育ち。現在は金沢市在住。小説家としての名義は山上龍彦大阪鉄道高校(現・大産大附属高校)卒業。代表作は、ギャグ漫画がきデカ』、SF作品『光る風』など。

来歴[編集]

高校卒業後、大阪の光伸書房(いわゆる日の丸文庫)に入社し、編集の傍ら貸本劇画を描きはじめる。1965年 、日の丸文庫「影 別冊」掲載の『秘密指令0』で正式に漫画家デビュー。以後、SF、ホラーなどを執筆する。雑誌デビューは1968年芳文社「コミックmagazine」3月12日号掲載の『第七病棟異常なし』。

1969年には「週刊少年マガジン」に『二人の救世主』を発表してメジャーデビューを果たす。翌1970年には同誌で初期の代表作である『光る風』の連載を開始。当時の社会情勢を巧みに反映させ、軍国主義の台頭とその恐怖を描いた内容は読者に強い衝撃を与えると同時にポリティカル・サスペンスをいち早く手掛けたことによって、高い評価を受けた。

1972年には、『喜劇新思想大系』の連載を開始。これまでのシリアスな内容とはうって変わったスラプスティックで過激なギャグは驚きと絶賛を浴び、ギャグ漫画の新境地を開拓。1974年、「週刊少年チャンピオン」にて連載開始された『がきデカ』が爆発的な大ヒットを記録。『がきデカ』は、水島新司の『ドカベン』と並ぶ「週刊少年チャンピオン」の部数増に貢献した作品となり、社会現象を巻き起こした。

1980年に『がきデカ』の連載を一旦終了。その後の1980年代は作風が変わり、『湯の花親子』に代表されるような「平凡な日常生活に潜む微妙な不条理・違和感」と「日本的な日常風景」を主題としたギャグ漫画を多く描くようになる。一方では、体型が真ん丸なキャラクターたちが活躍する『鬼刃流転―孤高の天才剣士柳左近』のような前衛的なギャグ漫画も発表している。

しかし、漫画表現に限界を感じ、1990年の『がきデカ』完結編の脱稿とともに漫画執筆をやめ、小説家に転向したが、近年はまた漫画執筆に意欲を見せ、2004年には『がきデカ』の続編となる『中春こまわり君』を「ビッグコミック」にて発表した。

逸話[編集]

  • 『光る風』のショッキングな内容が話題となっていたため、『喜劇新思想大系』や『がきデカ』の破天荒な内容から、「山上は当局に捕まり、人格改造を受けた」などという噂がたった。
  • 発表当時はそれほど評価されていなかった『がきデカ』は『喜劇新思想大系』の内容をやや薄めて俗っぽくしたものである。しかし爆発的な大ヒットとなった事で、むしろ苛立ちや嫌悪を感じていたと後年語っている。
  • 山上が小説家への転向を目指したきっかけは、『光る風』連載時、編集者に勝手にネーム(台詞)を書き換えられたことだと言われている。当時本人はマンガファン向けミニコミ誌のインタビューで、「小説だったらこんなこと(作者に無断で内容を書き換えられること)はあり得ないだろう」と語っていた。

作品リスト[編集]

漫画[編集]

漫画原作[編集]

選集等[編集]

  • 山上たつひこ選集・全20巻(双葉社、1992年) 各巻に山上の自伝の連載が収録されていたが、この連載は単行本化されていない。
  • 山上たつひこ撰集・全5巻(小学館クリエイティブ) 2008年から江口寿史監修、フリースタイル吉田保編集。
    • 能登の白クマうらみのはり手
    • にぎり寿司三億年
    • 天気晴朗なれども日は高し
    • 原色日本行楽図鑑
    • つんつるてん
  • 単行本未収録傑作選(小学館クリエイティブ 2008 - )
    • 一軒家
    • 神代の国にて
    • 人間共の神話

小説[編集]

テレビドラマ原作[編集]

  • おろし金にしろい指

関連人物[編集]