大腿二頭筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
大腿二頭筋
分類
所在分類: 骨格筋 musculus skeleti
支配神経: 坐骨神経
部位
体肢筋
下肢の筋
大腿筋
屈筋群
ラテン名
musculus biceps femoris
英名
Biceps femoris muscle
起始・停止

短頭 - 大腿骨中部後面

大腿二頭筋(だいたいにとうきん、biceps femoris )は人間の下肢の筋肉

二頭の名の通り起始部が長頭と短頭に分かれている。長頭は坐骨結節で半腱様筋と総頭をつくってから起こり、短頭は粗線の外側唇の中1/3と外側筋間中隔から起こる。両頭は合して二頭筋となって、腓骨頭に停止する。

支配神経は長頭は脛骨神経(L5~S2)、短頭は総腓骨神経(S1とS2)である。

作用としては股関節においては大腿の伸展を行う。膝関節では大腿二頭筋は屈曲するように働き、屈曲した状態では下腿を外旋する。

大腿二頭筋、半膜様筋半腱様筋の3つの下腿後面にある筋(この他に大内転筋を含むこともある)を合わせてハムストリングと称し、大腿二頭筋は外側ハムストリングと呼ばれることがある。

大腿二頭筋の筋力トレーニング[編集]

走る競技にとっては最重要筋肉といえる大腿二頭筋だが、その重要性に反して有効なトレーニングの難しい筋肉である。一般的にアンクルウエイトレッグカールマシンを使用してのレッグ・カールが有効だが意識的なトレーニングをしなければ効果は期待出来ない。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]