総腓骨神経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

総腓骨神経(そうひこつしんけい)は、坐骨神経に由来する脛骨神経とならぶやや径の大きな神経で、解剖学的正位で、下腿部においては、膝窩の上方で腓骨に沿って外側を走行する。膝窩で外側腓腹皮神経腓骨頭を回って、浅腓骨神経及び深腓骨神経に分枝する。

支配筋[編集]

総腓骨神経麻痺[編集]

  • 原因としては外傷、圧迫、ギプス固定、神経炎、腰椎仙椎の疾患、大腿骨骨折、股関節脱臼などが考えられる。
  • 症状は下垂足(内反尖足)。鶏歩、足関節背屈不能などの運動麻痺。下腿外側背側、第二中足骨周辺部の知覚異常。
  • 治療穴は足三里穴陽陵泉穴懸鐘穴

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]