キョン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キョン
Muntiacus.muntjak.jpg
キョン Muntiacus reevesi
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 鯨偶蹄目 Cetartiodactyla
: シカ科 Cervidae
: ホエジカ属 Muntiacus
: キョン M. reevesi
学名
Muntiacus reevesi
(Ogilby, 1839)
英名
Reeves's muntjac
動植物園で飼育されているキョン
頭部。目の横にあるのが臭腺。

キョン(羌/羗、英名:Reeves's muntjac、学名:Muntiacus reevesi、中国名:小麂、山羌、黃麂)はシカ科ホエジカ属に分類されるシカの一種である。環境省指定特定外来生物

学名や英語名は東インド会社の茶の鑑定人で、1812年広東を訪れ、この種の記録を残したイギリス人ジョン・リーヴス(John Reeves)にちなむ[2]。和名は「羌」を台湾語で読んだ「kiong(キオン)」による。

分布[編集]

中国東部台湾に自然分布。日本房総半島伊豆大島)やイギリスに移入[2][3]

日本での化石記録はないが、リュウキュウムカシキョン(Dicrocerus sp.)の化石が琉球列島で見つかっている[4]

形態[編集]

体長70-100cm、肩高40-50cm、体重10-15kg。オスには短い角と牙がある。目の下方に臭腺(眼下腺)の開口部があり、これがつぶった眼のように見えるため、四目鹿(ヨツメジカ)とも言う。

歯式は、0/3・1/1・3/3・3/3=34[4]

生態[編集]

森林、低木林に生息し、群れは形成せず単独で生活。草食性で木の葉や果実などを食べる。繁殖形態は胎生で1回に1匹の幼体を出産する。特定の繁殖期はなく、雌は1年を通じて繁殖する[5]イヌに似た声で鳴く[6]

外来種問題[編集]

日本では動物園などで飼育されていた個体が逃げ出し野生化した。2005年には外来生物法により特定外来生物に指定されたため、許可なく日本国内に持ち込んだり国内で飼育したりすることは禁止されている[7]千葉県伊豆大島の両地域では、キョンによるイネ、トマト、カキ、ミカン、スイカなどの農作物被害が発生している[8]。自然植生の食害も懸念され、ニホンジカが嫌って食べないアリドオシを採食する[8]。さらに、庭にまで侵入して樹木や花を食べ漁ったりする[9]

千葉県[編集]

千葉県では勝浦市にあった観光施設「行川アイランド」から逃げ出したとされ、1980年代から野生化した個体が目撃されるようになる。気候が温暖で餌となる下草に恵まれていることもあり、個体数は年を追うごとに増えていった[10]。そこで同県は2000年に「県イノシシ・キョン管理対策基本指針」をまとめ、防除計画の策定を進めるなど駆除に取り組んだ[11]。ところがその後も個体数は増え続け2007年度の調査では3,400頭と推計された。同県は2008年度にも防除計画を策定しているが駆除が進まず、2012年度に計画の練り直しを迫られている。さらに2014年度末までの調査では推定個体数が47,000頭まで激増したため、同県は2015年度から各自治体に捕獲費の半額を上限に補助する対策強化に乗り出した。2014年度の捕獲数は約2,200頭にとどまっている。なお、鳥獣保護法ではキョンは狩猟鳥獣に指定されていないため、2015年現在ではを使った捕獲が中心となっている[10]

伊豆大島[編集]

伊豆大島では1970年の台風被害で「都立大島公園」内にある動物園の柵が壊れ、逃げ出した十数頭が天敵のない島全域で野生化したとされている[12]1973年8月には動物園に近い都道轢死したメスの個体が発見され、妊娠していたとの記録がある[13]東京都では2007年度から駆除を開始した。2010年度の調査から個体数が約3,250頭と推計されたため、2012年度より毎年1,000頭のペースで捕獲し、5年後をめどに根絶する計画が立てられた。2014年度までほぼ計画どおりに捕獲が進められたが、農作物被害や市街地での目撃情報は増加の一途をたどった。これにより都が調査方法に誤りがあったとして、基礎データを増やし2014年度中に個体数を再調査したところ、島民の人口8,300人を上回る11,000頭と推計された。計算上では駆除しても毎年15%の割合で増え続けているとみられ、従来のペースの2倍から3倍ほど捕獲しても増加を食い止めるのがやっとであり、都は大幅な防除計画の見直しを迫られている。同島では特産品アシタバを主とした農業被害が深刻さを増し、2014年度の被害総額は380万円に上っている[12]

利用[編集]

なめし皮はきめがとても細かく、セーム革の中でも最高級品とされる。楽器やカメラレンズ、骨董品、刀剣などの手入れのほか、理美容用品の素材としても使われている。

肉質は柔らかく、脂肪も少ない。福建料理台湾料理安徽料理などの中華料理では、薄切りまたは細切りにして、単独で、あるいは野菜と共に炒め物などにされる。

脚注・参考文献[編集]

  1. ^ Leasor, H., Chiang, P.J. & Pei, K.J-C. (2008年). "Muntiacus reevesi". IUCN Red List of Threatened Species. Version 2013.2. International Union for Conservation of Nature. 2014年5月19日閲覧. 
  2. ^ a b Reeves’ Muntjac Deer (PDF)”. The British Deer Society. 2015年9月27日閲覧。
  3. ^ Muntjac make Birmingham their home”. BBC Birmingham. 2011年6月24日閲覧。
  4. ^ a b S. D. Ohdachi, Y. Ishibashi, M. A. Iwasa, and T. Saitoh (2009-07). The Wild Mammals of Japan. SHOUKADOH. ISBN 978-4-87974-626-9. 
  5. ^ 阿部永・石井信夫・伊藤徹魯・金子之史・前田喜四雄・三浦慎悟・米田政明 『日本の哺乳類 改訂版』 東海大学出版会2005年7月20日ISBN 4-486-01690-4
  6. ^ キョン”. 秋田市大森山動物園. 2015年9月27日閲覧。
  7. ^ “<続 身近なエイリアン>鈴木欣司 キョン 房総半島大にぎわい”. 東京新聞. (2007年12月25日). オリジナル2007年12月30日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20071230011757/http://www.tokyo-np.co.jp/article/technology/science/CK2007122502074929.html 2015年9月27日閲覧。 
  8. ^ a b 村上興正・鷲谷いづみ(監修) 日本生態学会(編著) 『外来種ハンドブック』 地人書館2002年9月30日ISBN 4-8052-0706-X
  9. ^ 鈴木欣司 『日本外来哺乳類フィールド図鑑』 旺文社2005年7月20日ISBN 4-01-071867-6
  10. ^ a b “脱走した?キョン、南房総で大繁殖…駆除進まず”. 読売新聞. (2015年9月4日). http://www.yomiuri.co.jp/eco/20150904-OYT1T50029.html 2015年9月5日閲覧。 
  11. ^ 多紀保彦(監修) 財団法人自然環境研究センター(編著) 『決定版 日本の外来生物』 平凡社2008年4月21日ISBN 978-4-582-54241-7
  12. ^ a b “大島のキョンが猛繁殖 島民より多い1万1000頭 アシタバ被害”. 東京新聞. (2015年9月4日). http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015090390135941.html 2015年9月27日閲覧。 
  13. ^ 東京都キョン防除実施計画 (PDF)”. 東京都環境局 (2015年4月). 2015年9月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]