日本生態学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

一般社団法人日本生態学会(にほんせいたいがっかい、英称:Ecological Society of Japan、ESJ)は、1953年に設立された、生態学学会

生態学に関する学術誌や刊行物を発行する他、学術講演会を年1回開催している。また環境保護の立場から、日本の侵略的外来種ワースト100を制定したり、行政事業等への要望書を提出するなど、活動は多岐にわたる。

歴史[編集]

  • 1953年 創立。
  • 1990年 横浜で大会開催。INTECOL同時開催。
  • 2001年 「Ecological Research Award」を創設。
  • 2003年 保全生態学研究会で発行していた「保全生態学研究」の発行権を日本生態学会に委譲。同研究会が発行していた「保全生態学研究」が第2和文誌となる。
  • 2003年 「日本生態学会賞」を創設。
  • 2006年 新潟大会開催。EAFES同時開催。
  • 2008年 「日本生態学会大島賞」を創設。
  • 2010年 保全生態学研究会解散。
  • 2012年 大津大会開催ESJ59。EAFES5同時開催。


歴代会長[編集]

主な催事[編集]

  • 日本生態学会全国大会(毎年3月頃)

主な出版物[編集]

  • 日本生態学会誌(機関誌) 2・7・11月発行
  • Ecological Research(英文機関誌) 奇数月発行
  • 保全生態学研究(第2和文誌) 5・11月発行
  • 『生態学入門』(東京化学同人
  • 『外来種ハンドブック』(地人書館
  • 『生態学事典』(共立出版、日本生態学会50周年記念出版)
  • 『エコロジー講座』シリーズ(文一総合出版、大会公開講演会資料)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]