川那部浩哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川那部 浩哉(かわなべ ひろや、1932年5月10日 - )は、日本生物学者京都大学名誉教授滋賀県立琵琶湖博物館前館長(名誉学芸員)。専門は群集生態学動物社会学理学博士(京都大学 , 1960年)。

来歴[編集]

京都市出身。1951年、京都大学理学部に入学[1]宮地傳三郎教授を師事し、動物学と生態学を学んだ[1]

1960年、京都大学の助手に任官[1]。その後、1967年に助教授、1977年に教授に昇任[1]。1996年に教授を退官後、滋賀県立琵琶湖博物館館長に就任した[1]。2010年に滋賀県立琵琶湖博物館館長を退任。

学問上の関心[編集]

淡水生物の生態を主に研究。ことに種間の相互作用を重視した群集の研究を行う。実地調査においては、1977年開始のアフリカ・タンガニーカ湖における魚類の群集生態学および動物社会学的研究。インドネシアにおけるアゼネズミの個体群の動態研究を行う(いずれも、具体的な研究・調査上の方法・内容不明。研究成果不明)[2]

略歴[編集]

受賞[編集]

栄典[編集]

  • 2010年 フランス共和国 レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエ

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

編著・監修[編集]

  • 川那部浩哉・水野信彦編・監修、桜井淳史ほか写真『日本の淡水魚』山と溪谷社〈山溪カラー名鑑〉、1989年、ISBN 4635090213
  • 川那部浩哉監修『淡水魚 改訂版』東海大学出版会〈フィールド図鑑〉、1993年、ISBN 4486009533
  • 川那部浩哉・水野信彦編・監修、桜井淳史ほか写真『日本の淡水魚 第2版7刷(改定刷)』山と溪谷社〈山溪カラー名鑑〉、1995年、ISBN 4635090213
  • 川那部浩哉編著『博物館を楽しむ - 琵琶湖博物館ものがたり』(岩波書店岩波ジュニア新書〉、2000年、ISBN 4005003605
  • 川那部浩哉・水野信彦・細谷和海編・監修、桜井淳史ほか写真『日本の淡水魚 改訂版』山と溪谷社〈山溪カラー名鑑〉、2001年、ISBN 4635090213
  • 川那部浩哉編『生物多様性の世界 - 人と自然の共生というパラダイムを目指して - 第17回「大学と科学」公開シンポジウム講演収録集』 クバプロ、2003年、ISBN 4878050330

訳書[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 滋賀県立琵琶湖博物館の川那部浩哉前館長がレジオン・ドヌール勲章を受章”. 駐日フランス大使館 (2019年1月17日). 2021年6月29日閲覧。
  2. ^ 京都大学百年史委員会編『京都大学百年史 部局史編一』財団法人京都大学後援会、1997年、635頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]