こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE FINAL 両津勘吉 最後の日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
こちら葛飾区亀有公園前派出所 > こちら葛飾区亀有公園前派出所 (アニメ) > こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE FINAL 両津勘吉 最後の日
こちら葛飾区亀有公園前派出所
THE FINAL
両津勘吉 最後の日
ジャンル テレビアニメ / ギャグアニメ /
アクション / 特別番組
原作 秋本治
(集英社「週刊少年ジャンプ」)
企画 情野誠人(フジテレビ)
麻生一宏(ADK)
脚本 山田隆司
監督 しぎのあきら
演出 しぎのあきら
声の出演 ラサール石井
森尾由美
宮本充
佐山陽規
ほか
オープニング 堂島孝平葛飾ラプソディー
エンディング 両津勘吉とこち亀うぃ〜ん合唱団「おいでよ亀有
製作
プロデューサー 橋爪駿輝(フジテレビ)
高橋知子(ADK)
制作 フジテレビ
放送
音声形式 ステレオ
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2016年9月18日
放送時間 日曜日 9:00 - 10:00
放送分 60分
回数 1
こちら葛飾区亀有公園前派出所〜THE FINAL 両津勘吉最後の日〜 - フジテレビ
テンプレートを表示

こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE FINAL 両津勘吉 最後の日』(こちらかつしかくかめありこうえんまえはしゅつじょ ザ・ファイナル りょうつかんきちさいごのひ)は、2016年9月18日日曜日)9:00 - 10:00(JST、一部地域除く)に放送されたアニメ作品。『こちら葛飾区亀有公園前派出所』のテレビスペシャルである。

概要[編集]

2008年11月に放送された「こちら葛飾区亀有公園前派出所 目指せ!亀有スーパースター!! 両津式アイドルへの道!」から8年ぶりに制作されたアニメとして、原作連載40周年を記念する形で放送されることになった[1]。放送前日の9月17日発売の『週刊少年ジャンプ』(集英社)42号で、原作版『こちら葛飾区亀有公園前派出所』連載が終了したため、原作最終回も記念する形となる。シリーズとしては初にして唯一の地上デジタル放送となる。

アバンタイトルは両津勘吉中川圭一秋本・カトリーヌ・麗子大原大次郎本田速人が「テ、テ、テレビを見るときはぁ部屋を明るくしてはなれて見てね!」と歌い注意を促すものが使用されている[注 1]

ゲストキャラクターの声優には竹内順子神谷明草尾毅森田成一置鮎龍太郎といった週刊少年ジャンプのアニメ作品に多数出演した声優が起用されている[2]

日暮熟睡男擬宝珠纏・両津勘兵衛はレギュラー放送終了後のスペシャルとしては初登場となる。セリフはないが、両津の両親、父・銀次と母・よねも両津の爆死する場面をTVで見ているという形で後姿のみ登場している。

本作のオープニングでは、原作にしか登場しないキャラクターである御堂春、飛鷹月光、飛鷹日光、スペース・ダンシング刑事クララ、アントワネットが初登場している。他にも、過去にアニメで登場したことがあるキャラクター[注 2]も一瞬ではあるが多数登場している。エンディングは原作である漫画からの名場面(両津・中川・麗子の初登場シーンなど)が使われた。

番組の最後には「秋本先生からのメッセージ」と題し、原作者の秋本治描き下ろしによる両津のセリフ付きイラストが映し出された。

視聴率は、6.7%(ビデオリサーチ関東地区)。

ストーリー[編集]

ボーナスでドローンを購入しようと変装して銀行に向かう両津だったが、いつものように商店街の人達に追い詰められ逃げるも、8年間忘れ去られ激怒した日暮によって全額借金返済に当てられてしまった。そんなある日、両津は祖父の勘兵衛が監視カメラでスパイをしているのを目撃し、両津の悪行の映像を削除する代わりに秘密にすることを彼と約束する。

その後、超神田寿司の出前のバイトをしていた両津は玉突き事故の現場で怪しげな集団が一人の少女を誘拐するのを目撃する。勘兵衛らの協力もあり救出に成功するが、その少女は「アッタカイーノ王国」から東京見学で来日したサブリナ王女だった。サブリナは自分とそっくりの檸檬と意気投合し仲良くなり、両津は臨時ボーナスが出るのを理由にサブリナの護衛をすることになる。スケジュールが残っているが、東京見物をしたいと願うサブリナの気持ちを汲んだ檸檬はお互いに入れ替わろうと提案する。両津は「檸檬を危険な目に遭わせるわけにはいかない」と断るが、サブリナのペンダントがボーナスより価値があると思い、欲に目がくらんで入れ替わるのを許し、中川と麗子にサブリナに扮した檸檬の護衛を頼む。

翌日、両津はサブリナと共に東京下町の観光を楽しむが、その一方でホテルの飲食会にて誘拐犯の策略により檸檬が誘拐されてしまう。両津は勘兵衛や特殊刑事課の力を借りて誘拐犯を退治し檸檬を救うが、誘拐犯が所持していた爆弾が落としたはずみで作動し始めた。両津は街を救おうと東京スカイツリーの頂上で爆弾を投げ捨てようとするが、あと一歩のところで爆弾が両津の手に絡まり爆発し両津は死亡。両津は閻魔大王に会うも、地獄と天国の住民から受け入れを拒否され地上に戻される。サブリナも檸檬も両津の無事を喜んで涙を流し、後日サブリナは両津と檸檬に別れを告げ帰国した。

そのあとは何事もなかったかのようにいつも通りの日常を過ごす両津だが、大原からスカイツリーの弁償代として百億円の請求書を見せられる。当然そんな大金を払えるわけもなく、「ペンダントを売り払っても払いきれない」といつものように大原から逃げ出す。それを見ていた中川と麗子も笑みを浮かべるのだった。

登場キャラクター[編集]

主要キャラクター[編集]

両津勘吉
本作の主人公。破天荒かつトラブルメーカーな一面は本作でも健在。本作ではサブリナの護衛を頼まれる。
秋山・カトリーヌ・麗子
両津の同僚の婦人警官。
中川圭一
両津の後輩の新人警官。
大原大次郎
両津の上司で葛飾署の部長。両津に厳しいのは相変わらず。
本田速人
両津の部下。相変わらずバイクに乗ると性格が豹変する。
日暮熟睡男
両津の同僚。オリンピックが開催される4年に一度しか起きない男(当時2016年はオリンピックが開催される年であった)。本作では8年間も眠り続けており両津からも存在を忘れ去られていたために激怒し、両津から借金を分捕った。
屯田五目須
葛飾署の部長。両津にサブリナの護衛を頼む。
警視総監
警視庁の警視総監。
両津勘兵衛
両津の祖父。本作ではスパイを結成、サブリナや檸檬を救助するために活躍する。
擬宝珠檸檬
本作ではかなり重要なキャラクターとなっている。超神田寿司の次女。幼稚園児の癖に時代劇が大好き。自分にそっくりなサブリナ王女と意気投合する。
爆竜大佐
アメリカ軍人の大佐。特殊刑事課と共に檸檬を救うために両津に協力する。
特殊刑事課
海パン刑事、ドルフィン刑事、月光刑事などが結成するエリート刑事集団。檸檬を救うために活躍する。

ゲストキャラクター[編集]

サブリナ
日本の文化や伝統を堪能するため「アッタカイーノ王国」から来日した王女。外見は檸檬そっくりだが、髪の毛と瞳の色が異なり、礼儀正しく言葉遣いも丁寧。
玉突き事故の現場で誘拐犯にさらわれるが、両津により助けられる。東京見物をしたいことを理由に檸檬と入れ替わることとなる。日本語が堪能で、日本のテレビドラマを見ながら、日本語をマスターしたという知能の持ち主。常にダイヤモンドの入ったペンダントを首にかけている。
誘拐犯
身代金目的でサブリナ王女を誘拐しようと企む正体不明の集団。全員本名は不明で、金髪でヒゲを生やした長身の男がリーダー。
玉突き事故の現場でサブリナを誘拐するも、両津によって邪魔され一時撤退。翌日、サブリナと入れ替わった檸檬を誘拐し特殊刑事を含んだ包囲網を次々と掻い潜って逃走し、挙句には所持していた爆弾で東京スカイツリー周辺もろとも爆破させようとするが、両津が飛ばした下駄が当たって怯まされた後、逮捕される。リーダーの男は極悪人ではない模様で爆弾が作動してしまった際には周囲に避難を促していた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 秋本治、アトリエびーだま
  • 企画 - 情野誠人(フジテレビ)、麻生一宏(ADK)
  • 脚本 - 山田隆司
  • キャラクターデザイン・作画監督 - 時永宜幸
  • 音響監督 - 高桑一
  • 音楽 - 米光亮佐橋俊彦
  • 美術監督 - 柴田聡
  • 色彩設計・色指定・検査 - 黒田隆志
  • 撮影監督 - 小野剛史
  • アニメーションプロデューサー - 田中日出男
  • プロデューサー - 橋爪駿輝(フジテレビ)、高橋知子(ADK)
  • メカ作画監督・プロップデザイン - 角谷修一
  • 編集 - 中川晶男
  • ビデオ編集 - 浦賀弘光
  • 録音・調整 - 依田章良
  • 効果 - 武藤晶子
  • 音響制作 - 阿部秀平
  • 録音スタジオ - 神南スタジオ
  • キャスティング協力 - ネルケプランニング
  • 監修協力 - 集英社
  • 企画協力 - 週刊少年ジャンプ、ADK
  • 広報担当 - 瀬田裕幸・太田真紀子(フジテレビ)、野口かずみ
  • 監督・絵コンテ・演出 - しぎのあきら
  • アニメーション制作・撮影 - ぎゃろっぷ
  • 製作 - フジテレビADK

主題歌[編集]

作詞 - 森雪之丞 / 編曲 - 中山努・堂島孝平 / 作曲・唄 - 堂島孝平(日本コロムビア
作詞 - ラサール石井 / 作曲・編曲 - 佐橋俊彦 / 唄 - 両津勘吉とこち亀うぃ〜ん合唱団(日本コロムビア)

放送局[編集]

放送地域 放送局 系列 放送時間 放送日 備考
関東広域圏 フジテレビ フジテレビ系列 日曜 9:00 - 10:00 2016年9月18日 制作局
北海道 北海道文化放送 同時ネット
岩手県 岩手めんこいテレビ
宮城県 仙台放送
山形県 さくらんぼテレビ
福島県 福島テレビ
静岡県 テレビ静岡
長野県 長野放送
石川県 石川テレビ
中京広域圏 東海テレビ
近畿広域圏 関西テレビ
愛媛県 テレビ愛媛
高知県 高知さんさんテレビ
福岡県 テレビ西日本
佐賀県 サガテレビ
熊本県 テレビ熊本
広島県 テレビ新広島 土曜 10:25 - 11:25 2016年9月24日 遅れネット
新潟県 新潟総合テレビ 月曜 15:55 - 16:50 2016年10月10日
秋田県 秋田テレビ 土曜 1:55 - 2:55(金曜深夜) 2016年10月15日
岡山県・香川県 岡山放送 土曜 12:00 - 13:00
富山県 富山テレビ 月曜 2:55 - 3:50(日曜深夜) 2016年10月24日
鹿児島県 鹿児島テレビ 水曜 1:35 - 2:35(火曜深夜) 2016年11月2日
福井県 福井テレビ 金曜 15:48 - 16:46 2016年12月23日

本作収録の映像ソフト[編集]

こちら葛飾区亀有公園前派出所 ベストエピソードセレクション DVD-BOX
2016年12月22日に発売された。
こちら葛飾区亀有公園前派出所 TVスペシャル 第11巻(最終巻)
2016年12月22日に発売されたレンタル専用DVD。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ レギュラー放送版の第92話から第209話まで使われた物のリメイク。
  2. ^ 寺井洋一麻里愛、戸塚金次、ボルボ西郷、恵比須海老茶、電極+、左近寺竜之介、絵崎コロ助、麻里晩、丸出ダメ太郎、度怒り炎の介、チャーリー小林、凄苦残念(法条正義)、乙姫菜々、小野小町、清正奈緒子、白鳥麗次、星逃田、戸田豚平、千田珍吉等
  3. ^ エンディングのクレジット表記なし。
  4. ^ 勘兵衛はレギュラー放送版では北村弘一が担当していたが2007年に死去したため交代。

出典[編集]

  1. ^ ラサール石井らおなじみ声優陣「こち亀」8年ぶり新作アニメ放送日決定”. お笑いナタリー (2016年8月8日). 2016年9月19日閲覧。
  2. ^ 「こち亀」新作は1時間SP!竹内順子らジャンプアニメでおなじみの声優勢揃い”. コミックナタリー (2016年8月8日). 2016年9月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]