ぬ〜ぼ〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ぬ~ぼ~は、森永製菓株式会社製造していたチョコレート菓子モナカ生地にエアインチョコが挟まったもの。また、この商品のキャラクターの名前でもある。ラテン文字表記は「noobow」。

沿革[編集]

1986年発売の菓子「スプーナ」で開発されたエアインチョコの技術を応用・発展させて、1988年に発売した。キャラクターの広告活動にも力を入れ、絵本やゲームなどにも展開していき、東京渋谷には「ぬ~ぼ~カフェ」もオープンさせたが、1996年に販売終了した。ぬ~ぼ~のキャラクターを付けた商品には「ぬ~ぼ~アイス」・「ぬ~ぼ~グミ」もあったが、販売終了している。

販売終了後[編集]

森永製菓は、1996年の販売終了後も「ぬ~ぼ~」と同じ内容のチョコレート菓子を、名称を変えて再発売している。

  • ほわほわチョコ(1998年発売・2002年販売終了。パッケージにぬ~ぼ~の名前はないがキャラクターの絵は書かれていた)
  • くまのプーさんモナカチョコ(2003年発売・2004年販売終了。キャラクターも書かれなくなった)

一方、2004年頃にはパッケージにぬ~ぼ~のキャラクターを付けた「おやつな梅干し」がみやぶんから発売されたが、既に販売終了となっている。

また、近年、ぬ~ぼ~のキャラクターを使用した、ポップコーン自動販売機がシュアジャパン株式会社によって開発され、設置されている。

キャラクターの版権マーランドが管理している。

新スタート[編集]

2008年7月、「ぬ~ぼ~」誕生20周年を機に、菓子とは独立したキャラクター単体として「ぬ~ぼ~」が新スタートした。 キャラクター本来の「のんびり、ゆったり、心のゆとり」というコンセプトに加え、「人へのやさしさとエコロジー」という21世紀に向けたテーマを新たに掲げた点が新生「ぬ~ぼ~」の特徴である。 急激な変化やスピード化に追われる現代社会において、人々がつい見失いがちの一番大切な思いやりの心を「ぬ~ぼ~」を介して思い出してもらいたい。そして自分の心にゆとりが生まれたら、それを他者に向けてもらいたい。 そのような願いを込めたメッセージ性を持つキャラクターである。

「ぬ~ぼ~」の運営主体はぬ~ぼ~プロダクションズと称する任意の団体であるが、主管が森永製菓、版権管理がマーランドという点はこれまでと変わりはない。

ぬ~ぼ~プロダクションズは、「人へのやさしさとエコロジー」という「ぬ~ぼ~」のメッセージに共感・賛同する様々な企業・団体に「ぬ~ぼ~」の起用を広めるライセンスビジネスを展開するとともに、最終的には社会還元をめざしている。

2008年の活動スタートと同時に公式Webサイト『ぬ~ぼ~なこころ』が開設された。

2009年10月に催されたアワード「ライセンシング・オブ・ザ・イヤー2009」では新活動のスタートが認められニューフェイス賞を受賞した。

現在、各種デジタルコンテンツ会社からの有料配信を皮切りに、雑貨・文具玩具・アパレル・食品といった多くの業種・カテゴリーにライセンスが広がりつつある。 2010年6月には新生「ぬ~ぼ~」としては初めての絵本『ぬ~ぼ~なこころ』が主婦と生活社から発売された。 ぬ~ぼ~プロダクションズは、このような有形無形のライセンス拡大により、世界に向けて「ぬ~ぼ~」のメッセージを発信し続けている。

TVアニメ[編集]

1995年10月5日から1996年3月28日(毎週木曜日、全26回)にかけ、テレビ東京系列『あにめあさいち』(木曜午前07:35-午前08:05)で放送された。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

『キライにならないで』
作詞・作曲 - 杉山加奈/歌 - SWAY

OVA[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督 - 太田博光
  • 音楽監督 - 千葉耕市
  • プロデューサー - 松浦賢子
  • 製作 - 株式会社アウベック

キャスト[編集]

ゲーム[編集]

絵本[編集]

Webアニメ[編集]

  • 公式サイト「ぬ~ぼ~なこころ」のミニシアターにて、2009年8月3日より毎週月曜日に1話ずつ公開中。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]