TARAKO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
たらこ
TARAKO
本名 非公表
生年月日 1960年12月17日(55歳)
出生地 日本の旗日本群馬県太田市
民族 日本人
身長 158cm
血液型 AB+
ジャンル 俳優声優
活動期間 1981年 -
事務所 トルバドール音楽事務所
公式サイト 公式プロフィール

TARAKO(たらこ、本名非公表、1960年12月17日 - )は、日本女優声優ナレーターシンガーソングライター脚本家トルバドール音楽事務所所属。群馬県太田市出身。群馬県立太田女子高等学校卒業。血液型はAB型

特色・経歴[編集]

活発で幼い子供の役が多いが、『HUNTER×HUNTER』のセンリツ、『ノワール』のアルテナのような落ち着いた大人の女性の役もこなす。

声優デビューは1981年、アニメ『うる星やつら』で演じた幼稚園児役。TARAKOは同アニメのヒロイン・ラム役のオーディションを受けるも落選。ただその際に、その特徴ある声がスタッフに気に入られ、ほぼ毎回脇役として出演していた。

1990年からは、『ちびまる子ちゃん』で主人公・まる子役を担当。同作品が人気作になったこともあり、知名度を上げバラエティ番組の司会としても活動。ナレーションの仕事も数多くこなしている。

シンガーソングライターとしてのデビューは、1983年に発表したLPアルバム「とっておきの瞬間」。一時はビーイングのプロデュース下だったという時代もある。その関係で沢田聖子と友人になり、彼女が木曜のパーソナリティを務めていたラジオ番組『はいぱぁナイト』(KBS京都)にてたびたびゲストで出演しては彼女と2人で「かしまし漫才」ばりのトークを展開していた。

演劇集団WAKUを主宰し、舞台の作・演出・出演も数多く手掛けている。

となりのトトロ』では、サツキのクラスメート役で「またね」の一言だけで出演。

エピソード[編集]

芸名は、学生時代、『サザエさん』の息子のフグ田タラオ(タラちゃん)のようなしゃべり方だったために友人から付けられたニックネーム「タラ子(『タラ』に女のから)」に由来する。これをローマ字表記にし、芸名とした。ルビについては片仮名標記で行われる場合もあるが(主に新聞のテレビ欄で行われる)、事務所の公式プロフィールでは平仮名表記であり本稿でもそれに従っている。また、『しぜんとあそぼ』出演時にはたらこと平仮名表記で紹介された。

『ちびまる子ちゃん』のオーディションで主役であるまる子に選ばれたのは、TARAKOの声が原作者のさくらももこの声とそっくりだったためである。また、TARAKO自身も同アニメで脚本を担当したこともある。
歌手のイルカにも声がそっくりである。それが縁で同作のエンディングテーマ『針切りじいさんのロケンロール』(歌・植木等)で共にコーラス担当した。

1988年の夏に、名古屋でライブを終えた後にファンのスタッフから差し入れとして好物の生タラコのおにぎりをもらい、それを食べた後に食あたりを訴えて入院した事があった。翌日に退院したが、歌が歌える程度には回復しておらず、ライブは急遽トークショーに変更された。このエピソードは『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜』で紹介された。当該放送回では『ちびまる子ちゃん』スタッフによるアニメも製作され、TARAKOが本人役で出演している。

出演作品[編集]

太字は主役・メインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1988年

1989年

1990年

1992年

1994年

1995年

  • ちびまる子ちゃん2期(さくらももこ〈まる子〉[5]、次回予告ナレーション)

1996年

1997年

1998年

1999年

2001年

2003年

2004年

2005年

2006年

2011年

  • 日常(第16話予告ナレーション)

2013年

2016年

OVA[編集]

1986年

1987年

1990年

1991年

1993年

  • NG騎士ラムネ&40DX ワクワク時空 炎の大捜査戦(ヘビメタコ)

2000年

2002年

2008年

2010年

  • うる星やつら ザ・障害物水泳大会(しゅがあ)

劇場アニメ[編集]

1983年

1984年

1986年

1988年

1990年

1991年

1992年

1993年

2006年

2009年

2015年

Webアニメ[編集]

2007年

ゲーム[編集]

1992年

1993年

1995年

1996年

1997年

1998年

2000年

2001年

2008年

2009年

2011年

2012年

2013年

2017年

吹き替え[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ・DVD[編集]

ラジオ[編集]

CD[編集]

テレビ番組[編集]

CM[編集]

その他[編集]

音楽[編集]

シングル[編集]

  • 夢みるワンダーランド/ナゾナゾ夢の国(キャニオン、1983年10月)
  • 不思議うふふ(キャニオン、1984年7月21日。古川登志夫の「シャバダバだけど」B面)
  • 誘惑ゲーム/九月の風にのせて(キャニオン、1984年9月21日)
  • オレ タルるート/キミと世界征服!?(日本コロムビア、1990年10月1日)
  • あなたが大好き/笑顔(BMGビクター、1990年11月7日)
  • ハートのジョーカー/ゆびきりげんまんONDO!(BMGビクター、1991年3月21日)
  • 愛ってやつかもしれない/リリーメル(BMGビクター、1991年6月21日)
  • タルル・カタブラルル/いっしょう いっしょっしょ(日本コロムビア、1991年9月21日)
  • ふ・わ・ふ・わ/Take it easy(BMGビクター、1991年12月4日)
  • はみがき音頭/ブレックファースト・イン・ドリーム(アポロン、1992年10月5日)
  • おじいさんへのおてがみ/でっかいキャンバス(アポロン、1992年11月5日)
  • JUST LIKE A MOTHER/みかんにKissして(ポリスター、1995年1月25日)
  • アララの呪文(ポニーキャニオン、2004年7月10日。爆笑問題爆チュー問題)とのコラボレーション)

アルバム[編集]

  • とっておきの瞬間(キャニオン、1983年6月21日)
  • 風がちがう(キャニオン、1984年2月21日)
  • 笑わない恋人(キャニオン、1984年9月21日)
  • 告白(キャニオン、1985年9月21日)
  • 少しだけ愛が足りない(キング、1986年12月21日)
  • あなたが大好き(BMGビクター、1990年11月21日)
  • 彼女(BMGビクター、1991年6月21日)
  • My dear(BMGビクター、1991年12月4日)
  • 天国より高いとこいこうよ(徳間ジャパン、1993年12月21日)
  • わ〜い。(TDKコア、1995年6月25日)
  • 悲しいほど優しくて…TARAKO〜バラード・コレクション(バンダイミュージック、1998年8月21日)

作詞[編集]

ライブビデオ[編集]

  • 「あなたが大好き」'91 in KUDAN KAIKAN(BMGビクター、1991年6月21日、VHS)

脚本[編集]

出典[編集]

  1. ^ がんばれ!キッカーズ”. ぴえろ公式サイト. 2016年6月22日閲覧。
  2. ^ ちびまる子ちゃん(第1期)”. 日本アニメーション. 2016年6月10日閲覧。
  3. ^ まじかる☆タルるートくん”. 東映アニメーション. 2016年7月9日閲覧。
  4. ^ みかん絵日記”. 日本アニメーション. 2016年6月18日閲覧。
  5. ^ ちびまる子ちゃん(第2期)”. 日本アニメーション. 2016年6月10日閲覧。
  6. ^ 探偵少年カゲマン”. メディア芸術データベース. 2016年8月5日閲覧。
  7. ^ 冒険遊記プラスターワールド”. メディア芸術データベース. 2016年11月5日閲覧。
  8. ^ “活劇少女探偵団”. トムス・エンタテイメント. http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=281 2016年5月5日閲覧。 
  9. ^ 天空の城ラピュタ”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月4日閲覧。
  10. ^ ちびまる子ちゃん 劇場版”. 日本アニメーション. 2016年6月9日閲覧。
  11. ^ キャスト・スタッフ”. ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年. 2016年6月10日閲覧。
  12. ^ 裏切りのゲームは来年2月16日スタート! 『極限脱出ADV 善人シボウデス』キャラ情報も公開”. 電撃オンライン. 2011年11月4日閲覧。
  13. ^ 【先出し週刊ファミ通】『ニューダンガンロンパV3』各キャラクターの声優判明! “嘘”を使った議論や“パニック議論”の詳細も(2016年10月20日発売号)”. ファミ通.com. 2016年10月18日閲覧。

外部リンク[編集]