アピエス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社アピエス
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
351-0101
埼玉県和光市白子1-22-7
設立 1974年(昭和49年)7月10日
(アイ・ピー・エム株式会社)
業種 その他製品
法人番号 1030001048984
事業内容 コインオペレーション電子機器のレンタル・販売等
代表者 代表取締役社長 小口満夫
資本金 2000万円
関係する人物 辻本憲三(創業者)
外部リンク http://apies.jimdo.com/
テンプレートを表示

株式会社アピエスは、埼玉県和光市に本社を置く、アミューズメント機器のレンタル・販売を行う企業である。1974年、辻本憲三(後のカプコン社長)によって創業された。かつてはアミューズメント施設運営も行っていたが、撤退している。 かつてはアイ・ピー・エム株式会社アイレム株式会社の社名でゲームの開発・販売を行っていた。アイ・ピー・エムの社名は米IBM社から「名前が紛らわしい」との手紙が届いたためアイレムに名称を変更した[1]。IPMはInternational Playing Machineの意であり、アイレム(IREM)はインターナショナル・レンタル・エレクトロニクス・マシンの略である[2]。ゲーム事業は1997年、アイレムソフトウェアエンジニアリングに譲渡したため、現在、ゲームの開発・販売は行っていない。アミューズメントベンダー事業は残されたため、現在は占い機や千社札販売機などのアミューズメントベンダーが主力商品となっている。

沿革[編集]

  • 1969年 アイ・ピー・エム商会として、辻本憲三によって大阪府で創業される。
  • 1974年 アイ・ピー・エムIPM株式会社設立される。駄菓子屋などへのゲーム機設置業を行っていた。
  • 1977年 『ブロックくずし』のブームに伴い、石川県ナナオグループ・七尾電機と生産提携した。七尾電機はブラウン管テレビなどを作る機器メーカーであったため、テレビゲームに必要なブラウン管の調達が容易であり、後述の『ブロックくずし』や『インベーダー』の亜流を作る際、他社と比べ短期間に大量製造するのに有利であった。
  • 1979年 社名をアイレム株式会社に変更する。
  • 1980年 ナナオが大株主となる。
  • 1982年 高嶋哲ナナオ社長がアイレム社長を兼任する。辻本憲三は代表権のない会長になる。
  • 1983年 辻本憲三が会長を退任する。
  • 1985年 ゲーム開発部門及び販売部門をアイレム販売株式会社に分社。1989年再合併。
  • この頃 ダイエーがナナオから株式の半数を取得。ダイエー傘下となる。後に経営不振に伴い、全株式がナナオに売却され、再びナナオ傘下となる。
  • 1994年 ゲーム開発から撤退、開発部門をナナオのある石川県に移す。この時退社した開発者の多くは、ナスカ、SNK(アイレム元専務の高堂良彦が副社長、のちに社長を務めていた)など、さまざまなゲーム会社に移籍する。
  • 1996年 『ぐっすんぱらだいす』でゲーム開発に復帰。
  • 1997年 アイレムソフトウエアエンジニアリング株式会社にゲーム開発部門を譲渡した後、ナナオからユウビスに売却され、ユウビス傘下に。
  • 1998年 社名を株式会社アピエスに変更する。
  • 1999年 前年よりユウビスに資本参加していたアトラス(旧社)に買収される。
  • 2001年 アトラス(旧社)が全株式を、当時のアピエス社長(元アトラス社員)にMBO方式で売却する。売却額は1000円。

発売したゲーム作品[編集]

アーケードゲーム[編集]

『R-TYPE』以前[編集]

『R-TYPE』以後[編集]

1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年

家庭用ゲーム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞2016年8月12日夕刊3面「人生の贈り物-私の半生-」より。
  2. ^ ゲームマシン 121号広告より
  3. ^ 株式会社QBQ 編 『懐かしファミコン パーフェクトガイド』 マガジンボックス(M.B.ムック)、2016年、ISBN 9784906735891 p103

関連項目[編集]

かつての親会社
かつての子会社

アフィリエイト[編集]

外部リンク[編集]