ならはしみき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ならはし みき
プロフィール
本名 楢橋 美紀
(ならはし みき)[1]
性別 女性
出生地 日本の旗 日本東京都[2]
生年月日 (1960-01-25) 1960年1月25日(62歳)
血液型 B型[3]
職業 声優
事務所 アーツビジョン[4]
著名な家族 田中裕二(従弟)[5]
公式サイト ならはしみき - 株式会社アーツビジョン
公称サイズ([6]時点)
身長 / 体重 154[2] cm / 46 kg
活動
活動期間 1980年代 -
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

ならはし みき1960年昭和35年)1月25日[7] - )は、日本女性声優東京都出身[2]アーツビジョン所属[4]

代表作は『クレヨンしんちゃん』(野原みさえ)、『ちびまる子ちゃん』(みぎわ花子)など[8]

経歴[編集]

恵泉女学園中学校・高等学校卒業[9]

円演劇研究所、NHKプロモートサービス、ボイスアーツ、舞台芸術学院、アクターズゼミナールに在籍し、現在はアーツビジョン所属[4]。また、日本ナレーション演技研究所の講師としても活動し、教え子に早見沙織内山夕実がいる[10][11]

爆笑問題田中裕二従弟である [5]

人物 [編集]

演じる役は女性役が多いが、少年役も演じる[12]

趣味・特技はピアノキーボードの声、柔軟体操バレエ[4]

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1983年
1985年
1987年
1988年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
2000年
2001年
2002年
2004年
2005年
2006年
2010年
2011年
2012年
2018年
  • パズドラ(2018年 - 2021年、明石ひとみ、ゴン、ニャドラ)
2019年

OVA[編集]

1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
  • 埼玉暴走最前線 フラッグ! 死にものぐるいの青春!!(女生徒A)
1996年
1999年
2000年
2001年

劇場アニメ[編集]

1985年
1986年
1989年
1990年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
2020年
2021年
2022年

Webアニメ[編集]

2007年
2016年
2017年

ゲーム[編集]

1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2013年
2014年
2015年
2017年
2021年

ドラマCD[編集]

吹き替え[編集]

洋画[編集]

ドラマ[編集]

海外アニメ[編集]

テレビドラマ[編集]

CM[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ[編集]

その他コンテンツ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 上杉と書かれている回もあり。
  2. ^ 天野由梨が休業していることによる一時代役。

シリーズ一覧

  1. ^ 『NEO』(2002年)、『SEED』(2004年)
  2. ^ 『あつまれ!祭りだ!!四代目』、『ゴーゴー!五代目』(2004年)、『7』、『とびっきり!アニメスペシャル』、『ぽ〜たぶる』、『わいわいハッピー!六代目』(2005年)、『8』、『ぽ〜たぶる2』、『ドカッ!と大盛り七代目』、『9』(2006年)、『DS タッチでドコドン』、『10』(2007年)、『11』、『めっちゃ!太鼓の達人DS 7つの島の大冒険』、『12』、『Wii』(2008年)、『12 ド〜ン!と増量版』、『Wii ドドーンと2代目!』、『13』(2009年)、『DS ドロロン!ヨーカイ大決戦!!』、『14』、『Wii みんなでパーティ⭐︎3代目!』(2010年)、『ぽ〜たぶるDX』、『太鼓の達人(新筐体)』、『Wii 決定版』(2011年)、『ちびドラゴンと不思議なオーブ』、『Wii 超ごうか版』(2012年)、『Wii Uば〜じょん!』(2013年)、『どんとかつの時空大冒険』、『特盛り!』(2014年)、『Vバージョン』、『あつめて★ともだち大作戦!』(2015年)、『ドコドン!ミステリーアドベンチャー』(2016年)、『セッションでドドンがドン!』(2017年)、『Nintendo Switchば~じょん!』(2018年)、『ドコどんRPGパック!』(2020年)、『ドンダフルフェスティバル』(2022年)

出典[編集]

  1. ^ 『声優名鑑』成美堂出版、1999年7月、211頁。ISBN 978-4-41-500878-3 
  2. ^ a b c ならはしみき(出典:VIPタイムズ社)”. ORICON NEWS. オリコン. 2019年9月18日閲覧。
  3. ^ ならはしみき|声優名鑑”. 声優グランプリweb. 2019年9月18日閲覧。
  4. ^ a b c d ならはしみき - 株式会社アーツビジョン”. 2019年12月22日閲覧。
  5. ^ a b お笑い芸人の知られざる血縁関係”. リアルライブ. フェイツ (2014年8月13日). 2014年8月18日閲覧。
  6. ^ 『日本タレント名鑑(2004年版)』VIPタイムズ社、2004年4月8日、656頁。ISBN 978-4-9901242-2-9 
  7. ^ 作品リスト - ならはしみき - 人物 - Yahoo!映画”. 2019年9月18日閲覧。
  8. ^ ならはしみきのアニメキャラ・最新情報まとめ”. アニメイトタイムズ. 2019年12月22日閲覧。
  9. ^ 『日本タレント名鑑(2000年版)』VIPタイムズ社、2000年、757頁。 
  10. ^ 日本ナレーション演技研究所出身 早見沙織さん 後編(Wayback Machineによる2016年2月29日時点のアーカイブ)”. アニメイトTV. 2019年12月22日閲覧。
  11. ^ 日本ナレーション演技研究所出身 内山夕実さん 後編(Wayback Machineによる2016年3月4日時点のアーカイブ)”. アニメイトTV. 2019年12月22日閲覧。
  12. ^ 【声優の履歴書】第41回 『クレヨンしんちゃん』野原みさえ役・ならはしみき”. リアルライブ (2014年10月31日). 2020年12月15日閲覧。
  13. ^ “ストーリー”. アニメ『ミスター味っ子』公式サイト. https://www.sunrise-inc.co.jp/ajikko/story/index.html 2020年12月4日閲覧。 
  14. ^ ユリシーズ31”. トムス・エンタテインメント. 2016年6月20日閲覧。
  15. ^ NG騎士ラムネ&40”. 株式会社 葦プロダクション 公式サイト. 葦プロダクション. 2020年11月22日閲覧。
  16. ^ ちびまる子ちゃん(第2期)”. 日本アニメーション. 2016年6月10日閲覧。
  17. ^ 声の出演&スタッフ”. クレヨンしんちゃん. 2016年6月10日閲覧。
  18. ^ CHARACTER”. ガオガイガーポータルサイト. 勇者王ガオガイガー. サンライズ. 2022年3月24日閲覧。
  19. ^ CHARACTER”. ガオガイガーポータルサイト. 勇者王ガオガイガー. サンライズ. 2022年3月24日閲覧。
  20. ^ CHARACTER”. ガオガイガーポータルサイト. 勇者王ガオガイガー. サンライズ. 2022年3月24日閲覧。
  21. ^ カスミン”. メディア芸術データベース. 2017年1月2日閲覧。
  22. ^ CHARACTER”. ガオガイガーポータルサイト. 勇者王ガオガイガーFINAL. サンライズ. 2022年3月24日閲覧。
  23. ^ キャプテン翼 ヨーロッパ大決戦”. メディア芸術データベース. 2022年9月28日閲覧。
  24. ^ キャプテン翼 危うし! 全日本Jr.”. メディア芸術データベース. 2022年9月28日閲覧。
  25. ^ キャプテン翼 明日に向って走れ!”. メディア芸術データベース. 2022年9月29日閲覧。
  26. ^ ものがたり”. 映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲. 2001年2月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年6月10日閲覧。
  27. ^ キャラクター”. 映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦. 2002年10月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年6月10日閲覧。
  28. ^ キャラクター”. 映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード. 2003年12月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年6月10日閲覧。
  29. ^ スタッフ”. 映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ. 2004年8月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年6月10日閲覧。
  30. ^ スタッフ”. 映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!. 2006年8月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年6月10日閲覧。
  31. ^ クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス”. メディア芸術データベース. 2016年10月23日閲覧。
  32. ^ トップページ”. 映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃. 2014年12月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月10日閲覧。
  33. ^ 「映画クレヨンしんちゃん」30作目は“ニンジャしんのすけ”、来年4月公開”. コミックナタリー (2021年12月10日). 2021年12月10日閲覧。
  34. ^ 「熱血人類学 魂のボイスコレクション」 『ゲーメストムック Vol.123 私立ジャスティス学園 熱・血・大・全 2』新声社、1998年5月15日、135頁。ISBN 4-88199-460-3 
  35. ^ キャラクター”. クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ カスカベ映画スターズ!. 2013年12月22日閲覧。
  36. ^ 参加声優紹介”. キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~ 公式サイト. KLab. 2017年6月21日閲覧。
  37. ^ 『ブレイブリーデフォルト2』ピクトマンサーやシールドマスターなどの新ジョブ、赤魔道士や狩人のアスタリスク所持者など最新情報が公開”. ファミ通.com. 2020年12月10日閲覧。
  38. ^ キャラクター紹介”. ライブ・ア・ヒーロー!. Lifewonders. 2021年3月16日閲覧。
  39. ^ キャスト”. ヒロイン忍法帖「姫影」. 米子ガイナックス. 2021年9月17日閲覧。
  40. ^ “アダムス・ファミリー2 アメリカ横断旅行!”. ふきカエル大作戦!!. (2022年1月24日). https://www.fukikaeru.com/?p=17432 2022年1月25日閲覧。 

外部リンク[編集]