魔法少女 俺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
魔法少女 俺
ジャンル 魔法少女ファンタジー
ギャグコメディ[1]
漫画
作者 毛魂一直線
出版社 ふゅーじょんぷろだくと
掲載誌 COMIC Be
レーベル ポーバックス Be comics
発表号 vol.10 - vol.22
vol.64 - 連載中
発表期間 2012年11月13日 - 2014年2月13日
2018年4月13日 - 連載中
巻数 既刊2巻
話数 全10話
アニメ
原作 毛魂一直線
監督 川崎逸朗
シリーズ構成 川崎逸朗
脚本 川崎逸朗
キャラクターデザイン 伊部由起子
音楽 中塚武
アニメーション制作 ぴえろプラス
製作 「魔法少女 俺」製作委員会
放送局 AT-XTOKYO MXほか
放送期間 2018年4月 - 6月
話数 全12話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

魔法少女 俺』(まほうしょうじょ おれ)は毛魂一直線による日本漫画作品。マンガ雑誌「COMIC Be」にて2012年から2014年まで連載。2018年4月から同年6月はテレビアニメ版が放送された。また、これに合わせて原作漫画においても、「COMIC Be」vol.64(同年4月13日)で続編の連載が開始された。

あらすじ[編集]

アイドルユニット・マジカルツインのメンバーである卯野さきは、人気アイドルグループ・STAR☆RICEのメンバーで幼馴染の御影桃拾に密かな想いを寄せていた。そんなある日、さきは母がかつて魔法少女だったことを知って衝撃をうける。そして、桃拾への強い恋心はさきを魔法少女へと目覚めさせるが、衣装こそ魔法少女風だが筋骨隆々な男という思いもよらない姿に変身する。

登場人物[編集]

卯野 さき(うの さき)/ 魔法少女オレ
- 大橋彩香(変身前)、石川界人(変身後)[2]
本作の主人公。マジカルツインのメンバーだが、中々売れなくて困っていた。なお、歌もダンスもかなり下手で、歌に関してはカラオケでの練習を聞いた他の客が音漏れだけで昏倒するほどひどい。 
想いを寄せている桃拾を妖魔から救うために、桃拾への愛を高ぶらせ魔法少女に変身するも、魔法少女の格好をした屈強な男の姿になってしまう。咄嗟に「魔法少女オレ」として名乗り、それから同様に名乗るようになる。アホ毛がトレードマーク。
武器は倒した妖魔の血を吸う魔法のステッキとよく似た棒。妖魔を棒で撲殺しまくる戦闘方法を基本とするが、アニメ7話でさきの無茶な使用が祟り壊れてしまい、その後、アニメ8話で母のさよりから、彼女が使用していた魔法のステッキを託された。ココロからはこの他にヘアピン型のマジカル手榴弾や、弾数が無限大のマジカル拳銃(チャカ)も武器として提供されている。
御翔 桜世(みかげ さくよ)/ 魔法少女サキガスキ
声 - 三澤紗千香(変身前)、羽多野渉(変身後)[2]
マジカルツインのもう一人のメンバー。さきとは反対に、歌もダンスも上手い。さきとは幼い頃からの親友で、常にさきを支えるクールで優しい性格。御翔桃拾の妹で、さきが桃拾に想いを寄せているのを理解しながら、さきのことを「性的な意味」で好きで居続けている。さきに続いて想いを高ぶらせ魔法少女(さきと同様に屈強な男の姿)に変身し、「魔法少女サキガスキ」として名乗るようになる。
さき(オレ)とは違い、武器を用いず素手で戦う。さきへの愛が力の源であるため、さきにピンチが及んでいないときにはカマキリにも劣る戦闘力とされており、実際に原作では妖魔にズタボロにされる描写が目立つ。一方、アニメではそのような設定は自称しているものの、共闘して足を引っ張らない程度の戦闘能力は保持しており、アニメオリジナルの温泉旅行では十数人いる妖魔を数十秒で蹴散らしている。
卯野 さより(うの さより)/ 魔法熟女さよちん
声 - 久川綾[3](変身前)、津田健次郎(変身後)
さきの母で、かつての魔法少女。旧姓は田中。牡牛座のB型、朝ごはんは絶対和食派。さき同様、屈強な男の姿に変身し、中学生の頃から魔法少女をしていたが、物語の1ヶ月前に戦闘で腰を痛めたことをきっかけに密かに引退した。アホ毛が2本ある。
アニメでは、さきと同じ魔法のステッキ(色違い)を武器として所有している。魔法少女としての能力はまだ捨ててないらしく、アニメ8話では、変身前でも魔法を使い剥がしのスタッフを蹴散らした他、妖魔に不意を突かれたさきと桃拾を守るために再び魔法熟女に変身して妖魔を倒した。しかし、この戦いで腰痛が悪化してしまい、自身のステッキをさきに託したのちに完全な引退となった。
御翔 桃拾(みかげ もひろ)
声 - 豊永利行[3]
人気アイドルグループであるSTAR☆PRINCEのメンバーで、桜世の兄。さきの意中の相手で、何を考えているのかわからない無口な性格だが、心優しい青年。その歌声は動物たちをも呼び寄せるが、自作の歌(特に作詞)のセンスは壊滅的。
なお、桃拾のセリフのみ吹き出しがなく、手書きの文字で書かれている。アニメでは吐息と字幕でしゃべる演出が施されており、字幕を読み上げられる描写もあるがこの声は桃拾役の豊永ではなくオレ役の石川が担当している[要出典]。最終決戦では喉を潰した関係でオレの手の平に指でなぞることで意思疎通をはかり、この時の朗読が豊永が読み上げる唯一の桃拾のセリフとなった[要出典]
兵衛(ひょうえ)
声 - 遊佐浩二[3]
STAR☆PRINCEのメンバーで、桃拾の相方。何かにつけてさきの邪魔をしてくる、さきの天敵。
桃拾が妖魔に襲われている間、姿をくらますなど、不可解な行動が多いが、その正体は魔法界の妖精王の跡取り息子にして次期妖精王である存在。人間界には長期バカンスに来ていた。前述のさき達の邪魔をしたり陥れたりする行動は魔法少女の力をアイドル活動に利用するという契約違反に制裁を加える目的で行っていた。
アニメオリジナルで戦闘シーンが描写され、風にまつわる風魔法で妖魔を蹴散らしていた。
矢茂 小波(やも こなみ)
声 - 森久保祥太郎
さきと桜世のマネージャー。魔法少女オタクで、憧れの魔法少女を探しに上京した過去がある。
さきと桜世が妖魔と戦っている現場に神出鬼没に現れてはネットにアップロードして宣伝材料に使ったりして、彼女たちを確実にスターへと仕上げていっている。
実は妖魔達の世界の者であり異世界侵略局長という役職についていて、人間界に送り出していた部下が魔法少女(さきの母・さより)に倒され、かねてより魔法少女オタクだった為部下に本心を隠して人間界の担当へ志願したが、さよりの魔法少女姿を見て絶句してニートと化していたものの諸事情で働くことになり芸能マネージャーとなった。
そしてある時、魔界からの最後通告(実質的な死の宣告)を受け、さき達を応援したい気持ちと保身のために人間を手にかけることに葛藤していたときにさきがココロにスカウトされているところに遭遇し、これ幸いと妖魔達を桃拾に襲わせ上記の通りさきの戦ってる姿を宣伝することで自作自演をしていた。
兵衛や藤本に正体を気づかれた為、最終的な行動を起こす。
妖魔の親玉ではあるが、戦闘能力はさほど高くないと自称しているものの、喧嘩する妖魔を治めたり、桃拾を電撃で苦しめたりする程度の雷魔法は使える。
ココロちゃん
声 - 一条和矢
愛称「コーさん」。外見はほとんどヤクザにしか見えないが、魔法界魔法少女マスコット部門のお供のマスコット(妖精)。語尾は「ゴラァ」。2頭身キャラになることもできるが、厳つい顔はそのまま。2頭身になると背中に天使のような羽が生える。アニメ第8話では、通常の人間態で羽を生やして飛翔したこともある。
戦闘能力はかなり弱いようだが、アニメオリジナルの最終決戦ではマジカルチャカで戦闘に参加していた。
妖魔
声 - 渋谷彩乃八木侑紀吉田有里、三澤紗千香
マスコットのような姿の敵キャラ。首から下はマッチョな姿になり、種によっては下半身が触手になってるものもいる。人間を異界のゲートに連れ去ろうとし、魔法少女にしか倒すことができない。
アニメでは温泉旅館に慰安旅行として行っていたり、カラオケで歌っているなど、コミカルな描写も見える。
藤本 一郷(ふじもと いちごう)
声 - 緒方恵美
改造人間で正義の味方。魔法少女オレを敵視している。戦闘能力は高くなく、急所蹴りやスタンガンなど、人間とあまり変わらない攻撃方法をする。ただし、改造人間なのは事実であり、不良に刺されたはずみで胴体のパーツが飛び出たり、スタジオのセットの石柱(おそらく材質は本物)を握り潰すなどの身体能力を発揮することもある。
原作では兵衛の支援もあって最終決戦にて妖魔から人間界を守る役として善戦していたが、アニメではこの描写はカットされた。
弟に二剛(にごう、声 - 山寺宏一)、三豪(さんごう、声 - 優希比呂)、四業(よんごう、声 - 関智一)、五鋼(ごごう、声 - 岩永哲哉)、六轟(ろくごう、声 - 石田彰)がいる。
王川 未散(おうかわ みちる)/ 魔法少女エターナルデンジャラスプリティ
声 - 田村ゆかり(変身前)、谷山紀章(変身後)
アニメオリジナルキャラクター。瑠可とともに「PRISMA」として活動するアイドル。
素直じゃない性格で口も悪いが、アイドルとして人一倍のプライドを持っている。
アニメ4話でオレ(さき)に助けられて以降、彼女に一目惚れしている。アニメ9話では、ファンの減少に悩まされていた所にハッピーちゃんから魔法少女のスカウトを受ける。そして、彼との契約によって瑠可とともに魔法少女となるが、自身のラブパワー不足と契約のデメリットにより、他の魔法少女に比べて劣化が早く、変身する度に老化してしまう。合同ライブ時に襲撃してきた妖魔との戦いに敗れた事で自身の力に限界を感じて諦めそうになるも、オレ(さき)の励ましによって立ち直り、彼女に自身の想いを打ち明けた。
桐生 瑠可(きりゅう るか)/ 魔法少女エブリシングクレイジービューティー
声 - 内山夕実(変身前)、鈴木達央(変身後)
アニメオリジナルキャラクター。未散とともに「PRISMA」として活動するアイドル。
しっかりもので未散のことをとても大切に思っている故、未散のこととなると感情が高まり冷静さを失う。
アニメ9話にて、ハッピーちゃんとの契約によって未散とともに魔法少女となる。未散への強すぎる想いがラブパワーの源となっているため、ハッピーちゃんからも「申し分なし」と評価されている。本人はその想いを未散に伝えられずにいたが、合同ライブでの妖魔襲撃事件にて彼女に本心を打ち明けた。
ハッピーちゃん
声 - 林勇
アニメオリジナルキャラクター。外見はサングラスをかけたチンピラ風の男だが、魔法界魔法少女マスコット部門のお供のマスコット(妖精)。喫茶店で詐欺まがいのやり方で「PRISMA」の二人を魔法少女にした。マスコット形態は顔に羽根が付いただけのスタイル。合同ライブでの事件終了後、ココロちゃんから自身の縄張りを荒らした事と違法契約ギリギリのグレーな活動がバレて折檻を受ける。

用語[編集]

魔法少女
人間界に於いて、妖魔を倒すことのできる唯一の存在。基本的に魔法少女の姿は、魔法少女風の衣装を着た筋骨隆々な男性である。
あくまでも魔法少女であるため、女性にしかなれない。ただし、変身中は男性の姿であり、声も低音の効いた野太い声に変化する。
このため、変身というよりは性転換と言った方がただしい。
魔法少女とは言え、魔法は一切使えない。このため、妖魔との戦闘方法は、妖魔を武器や素手で殴り倒す物理的攻撃が基本である。
戦闘終了後の変身解除のプロセスについては、原作・アニメ共に設定ならびに描写が全くないため、不明である。また、自分の意思で変身解除はできないようである。
妖魔
異世界から人間界に侵略を行い、人間を異界のゲートに連れ去ろうとする、敵。
通常はマスコットのような2頭身キャラだが、行動時になるとマスコットのような頭はそのままだが、首から下は筋肉質な姿となる。
原則として妖魔は魔法少女にしか倒すことができないとされているが、最終決戦では魔法少女以外の男にも倒されている。

書誌情報[編集]

テレビアニメ[編集]

単行本の刊行と同時に告知され[4]2018年4月より6月までAT-XTOKYO MXほかにて放送された[4]。 AT-Xでは、同年3月25日に第1話と第2話が先行放送された[5]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「NOISY LOVE POWER☆」[7](第1話 - 第12話)
作詞 - こだまさおり / 作曲・編曲 - 本多友紀 / 歌 - 大橋彩香
先行放送版第1話ではエンディングテーマとして使用[8]
エンディングテーマ「硝子の銀河」[3](第1話 - 第8話、第10話、第12話)
作詞 - em:óu / 作曲 - 浅岡雄也 / 編曲 - 浅田祐介 / 歌 - STAR☆PRINCE[桃拾(豊永利行)、兵衛(遊佐浩二)] / コーラス - 緒方恵美、浅岡雄也
第1話では挿入歌としても使用。

挿入歌[編集]

「ハチミツフラッシュ-変わるわね-」(第1話、第6話、第7話、第12話)
作詞 - em:óu / 作曲・編曲 - 渡辺剛 / 歌 - マジカルツイン[さき(大橋彩香)、桜世(三澤紗千香)]
第7話では矢茂小波(森久保祥太郎)も歌唱。
靴が鳴る」(第3話)
作詞 - 清水かつら / 作曲 - 弘田龍太郎
ゆうやけこやけ」(第3話)
作詞 - 中村雨紅 / 作曲 - 草川信
浜千鳥」(第3話)
作詞 - 鹿島鳴秋 / 作曲 - 弘田龍太郎
「ぶっちゃけ少女じゃない」(第4話、第9話)
作詞 - em:óu / 作曲・編曲 - 矢鴇つかさ / 歌 - MAHO☆SHOUJO[魔法少女オレ(石川界人)、魔法少女サキガスキ(羽多野渉)]
第9話ではエンディングテーマとしても使用。
「涙雨」(第6話)
作詞 - 篠原花奈 / 作曲・編曲 - コジマミノリ / 歌 - 旅館社長(一条和矢
「愛・衝撃!(ラブ ショック)」(第7話、第12話)
作詞 - em:óu / 作曲・編曲 - 渡辺剛 / 歌 - PRISMA[王川未散(田村ゆかり)、桐生瑠可(内山夕実)]
アルプス一万尺」(第7話)
作詞・作曲者不詳。アメリカ民謡。
「要注意狂女騎士(デンジャラスクレイジーナイト)」(第12話)
作詞 - em:óu / 作曲 - Dr. Dalmatian / 編曲 - Kume.、森田健吾 / 歌 - PRISMA[魔法少女エターナルデンジャラスプリティ(谷山紀章)、魔法少女エブリシングクレイジービューティー(鈴木達央)]
七つの子」(第10話、第12話)
作詞 - 野口雨情 / 作曲 - 本居長世

各話リスト[編集]

話数サブタイトル絵コンテ演出作画監督プロップデザイン
第1話魔法少女☆変身 川崎逸朗山本天志翁長くみこ、石田千夏、船道愛子
阿萬和俊、内原茂、宮本幸子
阿萬和俊
第2話魔法少女☆オレ 川西泰二Shin Min Soep、Lee Sang Jin
Kim Jin Young
阿萬和俊
翁長くみこ
第3話魔法少女☆増えた 荻原露光吉田肇、服部憲知、川口弘明
第4話魔法少女☆対改造人間 高本宣弘所俊克飯飼一幸、柳孝相阿萬和俊
第5話魔法少女☆旅行中 川崎逸朗藤本ジ朗翁長くみこ、船道愛子、内原茂、有泉洋子
第6話魔法少女☆温泉営業 川西泰二Lee Sang Jin、Kim Jin Young
Shin Hyung Sik
第7話魔法少女☆レッスン 高本宣弘中田誠川口弘明、飯飼一幸
第8話魔法少女☆握手会 所俊克飯飼一幸、津熊健徳
Shin Hey Ran
第9話魔法少女☆また増えた 川崎逸朗ながはまのりひこ翁長くみこ、船道愛子、内原茂
Hue Hey Jung
宮本幸子
阿萬和俊
第10話魔法少女☆ストーキング 渡部穏寛山口美浩Lee Sang Jin、Shin Hyung Sik
Kim Jin Young
第11話魔法少女☆最終決戦 川崎逸朗飯村正之小川一郎、川崎逸朗(崩壊)
第12話魔法少女☆私 川西泰二船道愛子、吉岡佳広、石橋有希子
桜井正明、阿萬和俊、内原茂
Heo Hye Jung、Kim Yu Mi、Park Hye Ran

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[6]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [9] 備考
2018年4月2日 - 6月18日 月曜 22:00 - 22:30 AT-X 日本全域 製作参加 / CS放送 / リピート放送あり
2018年4月3日 - 6月19日 火曜 1:40 - 2:10(月曜深夜) TOKYO MX 東京都
2018年4月7日 - 6月23日 土曜 0:30 - 1:00(金曜深夜) サンテレビ 兵庫県
2018年4月8日 - 6月24日 日曜 23:00 - 23:30 KBS京都 京都府
2018年7月5日 - 木曜 0:00 - 0:30(水曜深夜) BSフジ 日本全域 BS放送 / 『アニメギルド』枠
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間
配信期間 配信時間 配信サイト 備考
2018年4月6日 - 6月22日 金曜 0:00 更新 GYAO!
ニコニコチャンネル

中国ではbilibiliにて配信。

BD / DVD[編集]

発売日[10] 収録話 規格品番
BD DVD
1 2018年7月3日 第1話 - 第3話 BIXA-1221 BIBA-3291
2 2018年10月2日予定 第4話 - 第6話 BIXA-1222 BIBA-3292
3 2018年11月2日予定 第7話 - 第9話 BIXA-1223 BIBA-3293
4 2018年12月21日予定 第10話 - 第12話 BIXA-1224 BIBA-3294

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 魔法少女 俺 - Pixivコミック
  2. ^ a b c “「魔法少女 俺」変身前の声は大橋彩香&三澤紗千香、“本当の”ビジュアルも”. コミックナタリー (ナターシャ). (2017年12月29日). https://natalie.mu/comic/news/263321 2017年12月29日閲覧。 
  3. ^ a b c d “「魔法少女 俺」EDは豊永利行&遊佐浩二が演じる作中アイドルユニットが担当”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年2月9日). https://natalie.mu/comic/news/268807 2018年2月9日閲覧。 
  4. ^ a b 魔法少女 俺:18年春にテレビアニメ放送 石川界人、羽多野渉が“魔法少女”役”. まんたんWEB. 毎日新聞 (2017年12月8日). 2017年12月10日閲覧。
  5. ^ AT-X第1話・第2話 先行特別放送が決定!”. TVアニメ「魔法少女 俺」公式サイト (2018年2月28日). 2018年4月3日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l “「魔法少女 俺」新ビジュ&新PV公開、EDコーラスに緒方恵美と浅岡雄也参加”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年2月28日). https://natalie.mu/comic/news/271541 2018年2月28日閲覧。 
  7. ^ OP主題歌は主人公・卯野さき役の大橋彩香に決定!”. TVアニメ「魔法少女 俺」公式サイト (2018年1月10日). 2018年1月10日閲覧。
  8. ^ magicalgirl_oreの2018年3月25日20:23のツイート2018年4月3日閲覧。
  9. ^ テレビ放送対象地域の出典:
  10. ^ Blu-ray/DVD”. TVアニメ「魔法少女 俺」公式サイト. 2018年7月11日閲覧。

外部リンク[編集]