キャップ革命 ボトルマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
キャップ革命 ボトルマン
ジャンル ホビー
アニメ
原作 タカラトミー
監督 川崎逸朗
シリーズ構成 クオリアライターズ
(八木崇夫、下村健、世俵まこと)
キャラクターデザイン 小野早香
南方麻奈美
メカニックデザイン 田村亮太
音楽 HIROSHI WATANABE
アニメーション制作 ガイナ
製作 タカラトミー
配信サイト YouTube
配信期間 2020年10月9日 - 2021年2月5日
話数 全25話
ゲーム
ゲームジャンル シューティングゲーム
対応機種 Nintendo Switch
開発元 タカラトミー
発売元 タカラトミー
メディア ダウンロード
プレイ人数 1人 - 2人
発売日 2020年10月24日
漫画
作者 槙吾
出版社 小学館
掲載誌 月刊コロコロコミック
発表号 2021年3月号 -
発表期間 2021年2月15日
話数 全1話
アニメ:キャップ革命 ボトルマンDX
原作 タカラトミー
監督 川崎逸朗
シリーズ構成 Qualia Writers Inc.
山本カズヨシ
キャラクターデザイン 小野早香
音楽 HIROSHI WATANABE
アニメーション制作 ガイナ
製作 テレビ大阪、ガイナ
放送局 テレビ大阪・テレビ東京系列
放送期間 2022年4月3日 -
テンプレート - ノート
プロジェクト ゲームアニメ
ポータル ゲームアニメ

キャップ革命 ボトルマン』(キャップかくめい ボトルマン)は、タカラトミーから発売された玩具[1]

概要[編集]

後方のトリガーを押し込むことにより発射口から装填したペットボトルキャップをホールドパーツと呼ばれる腹部の固定パーツの反発力を用いて発射する二頭身の人形玩具であり、構造的には旧タカラが販売していた『ビーダマン』の系譜を汲んでいる[1]。キャップについてはボトルマン本体に付属もしくは関連商品として発売されるボトルマンの公式キャップの他に一般の飲料用のペットボトルキャップで遊ぶこともできる[注 1]が、遊ぶ際は本体が汚れるなどの事態を防ぐために事前にキャップを洗浄する必要があり、公式サイトやパッケージ、公式の関連動画等でもその旨が記載されている。

タカラトミーのマーケティング本部ボーイズ事業部の山本修平によると、遊びの主流がデジタル化する中、メインターゲットとなる子供たちにあえて手を動かすアナログな遊びや感触を提供したいとするコンセプトがあり、バトルやキャップ集めを通じて、子供同士のコミュニケーションやリサイクルに関心を持つきっかけになればとしている[2]。なお、山本は「デュー山本」として『コロコロコミック』のボトルマンの関連記事や『おはスタ』の特集コーナー、タカラトミー公式YouTubeチャンネルの関連動画に登場し、Webアニメ版にも本人役で登場し声優も担当する。

反響[編集]

正式発表の前に『新プロジェクト「BM」』と題してシルエットを公開したところ、発表直後からSNSを中心に話題沸騰し、公式オンラインショップでは予約販売を開始してから数時間で予約分が完売した[2][3]。予約者の内訳はサブターゲットであった20 - 30代前半の若者が中心で、親子2代で遊ぶために購入する人も見られたという[3]

玩具[編集]

2020年10月24日よりタカラトミーから順次発売[4]。メインとなるボトルマンはスーパービーダマン以降のビーダマンシリーズとは異なりプラモデルのようなランナーが付いておらずなおかつ組み立て済みのパーツが封入されておりスムーズに組み立てが可能で、かつコアボトルと呼ばれる本体を中心に各種パーツをカスタマイズさせ自分だけのボトルマンを作ることも可能。そのため、ビーダマンシリーズで別売りで発売されたマガジンなどのオプションパーツは公式キャップやデジタル対戦セット、神ワザチャレンジ10シリーズの2種類、DXエントリーセット、DXカスタマイズセット、ロイヤルグリフォンDXを除いて単体発売されていない。ドリンクロスシステムではカスタマイズに加え各パーツをコアボトルから分離・合体させ、ボトルマンのモチーフとなった星座の姿になる「星獣アーマー」と呼ばれる形態が新たに追加された。

ボトルマンのタイプ[編集]

ボトルマンには4種類のタイプが存在する。

パワータイプ
強力なショットを放つ、パワーに特化したタイプ。
スピードタイプ
ホールドパーツに内蔵されたローラーによってスピーディーにキャップを発射できる、連射に特化したタイプ。
コントロールタイプ
ホールドパーツにバレルを取り付けることでキャップの軌道を補正する、狙撃に特化したタイプ。
マルチタイプ
先述した3つのタイプを兼ね合わせたタイプ。

プロトタイプシステム(BOT-01 - BOT-27)[編集]

それぞれにボトルマン頭部もしくはコアボトルに付けられるキャップと発射用のキャップが1個ずつ付属している。

BOT-01 コーラマル
2020年10月24日発売。「甲賀コータ」モデル。右側のホールドパーツに組み込まれた軟質パーツによって強力なショットを放ち、腕部分のウイングパーツを用いてホールドパーツを締めつけキャップ発射時の威力を高める『締め撃ち』が特徴のパワータイプのボトルマン。カラーリングは赤で、公式キャッチフレーズは『轟発射不死鳥』。
BOT-02 アクアスポーツ
2020年10月24日発売。「帆狩リョウ」モデル。後頭部に搭載のロングマガジンによりキャップを3発装填できるスピードタイプのボトルマン。カラーリングは青で、公式キャッチフレーズは『連射海龍』。
BOT-03 ギョクロック
2020年10月24日発売。「大井ゴエモン」モデル。兜型の照準と刀型のロングバレルが特徴のコントロールタイプのボトルマン。カラーリングは緑で、公式キャッチフレーズは『狙撃侍』。
BOT-04 ボトルマン デジタル対戦セット
2020年10月24日発売。詳しくは後述。
BOT-05 ボトルマン 公式キャップ
2020年10月24日発売。コーラマル・アクアスポーツ・ギョクロックのキャップが各2個付属。
BOT-06 ワンダーグレープ
2020年11月28日発売。初のライバル機。「峰崎ハンタ」モデル。パワータイプで横撃ちの他のボトルマンとは異なり、縦撃ち(ドライブショット)が可能。カラーリングは紫で、公式キャッチフレーズは『縦回転氷狼』。
BOT-07 ライジングミルク
2020年12月26日発売。ライバル機。「武闘ユキジ」モデル。8連射が可能となる太鼓形状の大型マガジンを搭載したスピードタイプのボトルマン。カラーリングは白で、公式キャッチフレーズは『超連射雷神』。別売りのBOT-09 フウジンブラックと合体して龍神ブレンドラゴンにパワーアップ。
BOT-08 ボトルマン 公式スピードキャップ
2020年12月26日発売。肉抜きされて連射しやすいスピードキャップが6個付属。
BOT-09 フウジンブラック
2021年1月23日発売。ライバル機。「武闘ジョージ」モデル。パワータイプのボトルマン。カラーリングは黒で、公式キャッチフレーズは『超強化風神』。別売りのBOT-07 ライジングミルクと合体して龍神ブレンドラゴンにパワーアップ。
BOT-10 龍神ブレンドラゴン
2021年1月23日発売。ライジングミルクとフウジンブラックのセット品で、シールはホログラフィック仕様に変更されている。「武闘兄弟」モデル。マルチタイプのボトルマン。カラーリングは白と黒で、公式キャッチフレーズは『超合体龍神』。
BOT-11 ボトルマン 公式メタルキャップ
2021年1月23日発売。メタル内蔵で重いメタルキャップが3個付属。
BOT-12 コーラマル GOLD
2021年2月27日発売。コーラマルのリカラー品にNintendo Switch用のJoy-Conスタンドを同梱し、ゲームDLコードを封入した仕様となっている。「甲賀コータ」モデル。パワータイプのボトルマン。カラーリングは金で、公式キャッチフレーズはコーラマル同様『轟発射不死鳥』。
BOT-13 アクアスポーツ GOLD
2021年3月20日発売。アクアスポーツのリカラー品に限定カラーのスピードキャップを4個同梱した仕様となっている。「帆狩リョウ」モデル。スピードタイプのボトルマン。カラーリングは金で、公式キャッチフレーズはアクアスポーツ同様『連射海龍』。
BOT-14 ギョクロック鋼
2021年4月24日発売。ギョクロックのリカラー品に限定カラーのボトルターゲットを同梱した仕様となっている。「大井ゴエモン」モデル。コントロールタイプのボトルマン。カラーリングは鋼で、公式キャッチフレーズはギョクロック同様『狙撃侍』。アニメ本編未登場。
BOT-15 神ワザチャレンジ10 スマッシュセット
2021年4月24日発売。『爆球連発!!スーパービーダマン』に登場したスタッグスフィンクスの目シールが付いたパーツなしのボトルマン(プロトホワイト〈ギョクロック本体(コアボトル)のリカラー品〉)、ストラックターゲット、ホッケーパック、ボトルターゲット3個のセット。遊び方は後述。
BOT-16 神ワザチャレンジ10 アクロバットセット
2021年4月24日発売。『爆球連発!!スーパービーダマン』に登場したワイバーンシリーズの目シールが付いたパーツなしのボトルマン(プロトブラック〈アクアスポーツ本体(コアボトル)のリカラー品〉)、ジャンプ台、バスケットゴール、ボトルターゲット3個のセット。遊び方は後述。
BOT-17 ワンダーグレープ炎
2021年6月26日発売。ワンダーグレープのリカラー品に限定カラーのスピードキャップを4個同梱した仕様となっている。パワータイプのボトルマン。カラーリングは赤で、公式キャッチフレーズは『紅蓮氷狼』。アニメ本編未登場。
BOT-18 ボトルマン 公式キャップ ビビッドカラーVer.
2021年6月26日発売。コーラマル・アクアスポーツ・ギョクロックのキャップが各2個付属。BOT-05 ボトルマン 公式キャップのリカラー品。
BOT-19 スカルピストル
2021年7月24日発売。バレルを装着できるコントロールタイプのボトルマン。カラーリングは青で、公式キャッチフレーズは『砲撃海賊』。アニメ本編未登場。
BOT-20 ケルペプス
2021年8月21日発売。発射角度を3段階まで下に傾けることが可能なパワータイプのボトルマン。カラーリングは黒で、公式キャッチフレーズは『地鳴三ツ首獣』。アニメ本編未登場。
BOT-21 フウジンエメラルド
2021年10月2日発売。フウジンブラックのリカラー品。パワータイプのボトルマン。カラーリングは青で、公式キャッチフレーズはフウジンブラック同様『超強化風神』。アニメ本編未登場。
BOT-22 サラファイア&ブラストボス 大討伐セット
2021年11月6日発売。ローリングフットにより機動力の高いスピードタイプのボトルマン「サラファイア」と電動ターゲット「ブラストボス」のセット。合体するとコントロールタイプのボトルマン「プレミアムサラファイア」になる。カラーリングはサラファイアは赤でブラストボスは青。公式キャッチフレーズは『超機動火龍』(サラファイア)と『暴走巨大龍』(ブラストボス)。アニメ本編未登場。
BOT-23 ボトルマン 公式レーザーキャップ
2021年10月23日発売。蓄光素材のキャップが6個付属。
BOT-24 サーメッツ
2021年11月20日発売。ダブルスプリングトリガーとサーバーアームが特徴のスピードタイプのボトルマン。カラーリングは緑で、公式キャッチフレーズは『超速射鮫』。アニメ本編未登場。
BOT-25 ランダムコレクションVol.01
2021年12月29日発売。4種類のボトルマンの内1種類がランダムで封入。ラインナップは「コーラマル・エナジー」、「アクアスポーツ・シールド」、「ギョクロック・4G」とマルチタイプの新規ボトルマンレア枠「デュアルゴールド」の4種。公式キャッチフレーズは存在しない。アニメ本編未登場。
●コーラマル・エナジー
強化ホールドパーツを内蔵したパワータイプのボトルマン。ヘッドパーツが新規に造形されたコーラマルのリデコ品である。カラーリングはメタリックレッド。
●アクアスポーツ・シールド
強化ホールドパーツを内蔵したスピードタイプのボトルマン。アームパーツが新規に造形されたアクアスポーツのリデコ品である。カラーリングは白。
●ギョクロック・4G
強化ホールドパーツを内蔵したコントロールタイプのボトルマン。フットパーツが新規に造形されたギョクロックのリデコ品である。カラーリングはオレンジ。
●デュアルゴールド
レア枠であり、他の3機にある新規造形のパーツを全て兼ね備え、コアボトルはギョクロックのものにアクアスポーツ・シールドの強化ホールドパーツを装着している。この構成から他の3機体を持っていれば同じ性能の機体が作れる。カラーリングは金。
BOT-26 ダブルスパークリングセット
2021年12月29日発売。リングサイトとレールトリガーが特徴のコントロールタイプのボトルマン「スパーキングナイト」とパワーウイングが特徴のパワータイプのボトルマン「タンサターン」の2体セット。スパーキングナイトのカラーリングは白で、タンサターンのカラーリングは黒。公式キャッチフレーズは『超聖度騎士&強化翼魔人』。アニメ本編未登場。
BOT-27 C.C.レオン
2022年1月29日発売。コースナビフット搭載のコントロールタイプのボトルマン。C.C.レモン公認ボトルマン。カラーリングは黄色で、公式キャッチフレーズは『広角砲獣王』。アニメ本編未登場。

非売品(プロトタイプシステム)[編集]

ここでは懸賞やイベントのキャンペーン等で配布された商品について解説する。

BOT-00 プロトタイプボトルマン(キャンペーン品)
ビーダマンを題材にした漫画『爆球連発!!スーパービーダマン』に登場した主人公機・フェニックスシリーズの目シールが付いたパーツなしのスピードタイプのボトルマン(コアボトル自体はコーラマルのコアボトルのリカラー品だが、ホールドパーツがローラー内蔵のため)。
タカラトミー公式Twitterのリツイートキャンペーンや『コロコロコミック』の懸賞、デジタル対戦セットの初回購入特典として手に入ることができた。カラーリングはプレーンクリア。
BOT SP-01 デカビタマル
「ボトルマン×デカビタC」キャンペーン限定のパワータイプのボトルマン。コーラマルのリカラー品。カラーリングは金で、公式キャッチフレーズは『大弾火焔鳥』。アニメ本編未登場。
BOT SP-02 神ワザ王キャップ
神ワザチャレンジコンテストにて50名×3回のみ与えられたゴッドレアのキャップ。後にDXシステムでコロツアー2022の6会場にて100個づつ配布された。
BOT SP-03 コーラマルZERO
タカラトミーバトルホビーキャンペーンとコーラマルZEROゲットキャンペーン限定のパワータイプのボトルマン。コーラマルのリカラー品。カラーリングはメタルブラックで、公式キャッチフレーズはコーラマル同様『轟発射不死鳥』。アニメ本編未登場。
BOT SP-04 サラファイア ゴールドVer.
『月刊コロコロコミック』2021年10月号にて行われた銀はがしキャンペーン限定のスピードタイプのボトルマン。サラファイアのリカラー品。カラーリングは金で、公式キャッチフレーズはサラファイア同様『超機動火龍』。ブラストボスは付属せず、コーラマル GOLD等と同じサイズの箱が新造された。アニメ本編未登場。
BOT SP-05 公式キャップBLACK Ver
何も印字されていない黒色のキャップ1つが説明書と共に袋へ入れられたもの。『コロコロBASE ブラザーズ祭り!!』で配布された。DXシステムではボトルマンに付属の印字なしのブレットキャップが一般的だが、この時期では珍しく希少だった。
BOT SP-06 ギョクロック鋼ブルーKidsStation&ANIMAX Ver.
アニマックス&キッズステーション合同キャンペーン限定のコントロールタイプのボトルマン。ギョクロック鋼と別添えの袋に入ったシール&オリジナルデザインのキャップをセットにしたもの。アニメ本編未登場。

ドリンクロスシステム(BOT-28 - )[編集]

それぞれにボトルマン頭部もしくはコアボトルに付けられるキャップ1個と印字されていないボトルマンをイメージした色のブレットキャップが付属している[注 2]

BOT-28 コーラマルDX
2代目コーラマル(テレビアニメ版では初代コーラマル)。2022年4月23日発売。「甲賀コータ」モデル。締め撃ちのパワーショットができるパワータイプのボトルマン。カラーリングは赤色で、星獣アーマーはほうおう座。DXショットはスプラッシュボルケーノ。
BOT-29 アクアスポーツDX
2代目アクアスポーツ(テレビアニメ版では初代アクアスポーツ)。2022年4月23日発売。「帆狩リョウ」モデル。ショートマガジン搭載で3連射ができるスピードタイプのボトルマン。カラーリングは青色で、星獣アーマーはみずがめ座[注 3]。DXショットはスクリュートライデント。
BOT-30 ライフルガーディワンDX
2022年4月23日発売。「宇佐美セイメイ」モデル。ショートバレル搭載でコントロールショットができるコントロールタイプのボトルマン。カラーリングは緑色で、星獣アーマーはりょうけん座。DXショットはハウンドストライク。
BOT-31 ボトルフェニックスDX
2022年4月23日発売。レジェンドシリーズ第1弾。フェニックスシリーズのボトルマン版。「爆球連発!!スーパービーダマン」の主人公「戸坂玉悟」モデルのパワータイプのボトルマン。BOT-28コーラマルDXのリカラー品。カラーリングは白色。DXショットはキャノンショット。
BOT-32 ボトルマン DXエントリーセット
2022年4月23日発売。コーラマルDX(ブルーVer.)とアクアスポーツDX(レッドVer.)、BOT-04デジタルターゲットセット付属のボトルターゲット(リカラー)、BOT-15神ワザチャレンジ10 スマッシュセット付属のホッケーパック(リカラー)、BOT-16神ワザチャレンジ10 アクロバットセット付属のバスケットゴール(リカラー)がセットで付属。
BOT-33 ボトルマン 公式キャップ DX Ver.
2022年4月23日発売。コーラマルDX・アクアスポーツDX・ライフルガーディワンDXのキャップが各2個付属。
BOT-34 レイドブレイブDX
2022年8月6日発売。「赤牛ツバサ」モデル。パワータイプで他のボトルマンとは異なり縦撃ち(ドライブショット)ができ、ラバー搭載のパワーホールドパーツとバーティカルコアボトルにより、 強力な縦回転パワーショットを撃つことが可能。カラーリングは藍色で、星獣アーマーはおうし座。DXショットはブレイブハリケーン。他の星獣アーマーとの互換性はないが、ドラゴジーナDXとの連動ギミックで3連射が可能になる。
BOT-35 ドクペピオンDX
2022年8月6日発売。「葉加瀬カオリ」モデル。スピードタイプのボトルマン。指をかけて押しやすいフックトリガーを搭載し着脱式フックの位置や向きを変えることで片手撃ちと両手撃ちを使い分けられる。カラーリングは暗い赤紫色で、星獣アーマーはさそり座。DXショットはラピッドスティンガー。
BOT-36 アースローラーDX
2022年8月6日発売。「亜末ローランド」モデル。コントロールタイプのボトルマン。両腕と両脚のローラーにより横移動に特化している。カラーリングは橙色で、星獣アーマーはかに座。DXショットはローリングクラブ。
BOT-37 C.C.レオンDX
2代目C.C.レオン(テレビアニメ版では初代C.C.レオン)。2022年7月16日発売。「金土師レオ」モデル。4個のキャップが装填できるクイックローダーマガジンを2本搭載したスピードタイプのボトルマン。C.C.レモン公認機。カラーリングは黄色で、星獣アーマーはしし座。DXショットは獣連咆哮撃。
BOT-38 ボトルマン 公式スピードキャップ DX Ver.
2022年7月16日発売。肉抜きされて連射しやすいDX仕様のスピードキャップが6個付属。BOT-08 公式スピードキャップのリカラー品。
BOT-39 ボトルマン DXカスタマイズセット
2022年8月6日発売。2体のボトルマンとロングバレル(緑色)、ロングマガジン(紺色)、マガジンスタンド、緑色のコーラマルDXヘッド、コントロールコアボトルのセット。2000通り以上のカスタマイズをする事ができる。同梱ボトルマンはケルペプスDXとアヤワシDX。
●ケルペプスDX
2代目ケルペプス(テレビアニメ版では初代ケルペプス)。「伊獣院シマン」モデル。デュアルコアボトルとロングトリガーにより2発同時発射ができるパワータイプのボトルマン。カラーリングは銀色で、星獣アーマーはてんびん座。DXショットはデュアルインパクト。
●アヤワシDX
「江原田アヤタ」モデル。レバートリガーにより高速連射ができるスピードタイプのボトルマン。カラーリングは緑色で、星獣アーマーはわし座。BOT-28 コーラマルDXのリデコ品。(頭部とホールドパーツ、トリガーのみ新規造形)
BOT-40 アロサイダーDX
2022年8月6日発売。「宰田ミツヤ」モデル。ACアローにより安定したパワーショットを撃つことができる機体。ACアローを組み替えることで3モード(アローグリップモード・アロースタビライザーモード・アローバレルモード)に変化することができるコントロールタイプのボトルマン。カラーリングは白色で、星獣アーマーはいて座。ACアローを3個装着することで、トライアローモードになる。DXショットはサイダインパクト。
BOT-41 タンサターンDX
2代目タンサターン(テレビアニメ版では初代タンサターン)。2022年9月24日発売。「斬サンタ」モデル。先端にローラーが装備されたTSブーストウィング、ローラーが内蔵された背の低いTSブーストフットを装備したパワータイプのボトルマン。カラーリングは黒色で、星獣アーマーはやぎ座。DXショットはブーストサイクロン。
BOT-42 コーラマル・エナジーDX
2.5代目コーラマル(テレビアニメ版では1.5代目コーラマル)。2022年10月29日発売。「甲賀コータ」モデル。ホールドパーツと連動したスプリング付きの「CMEキャノンサスアーム」と呼ばれるパーツによってパワーアップしたパワータイプのボトルマン。カラーリングは赤色で、星獣アーマーはほうおう座。DXショットはスプラッシュボルケーノエナジー。
BOT-43 ブレンド合体 ロイヤルグリフォンDX
2022年11月12日発売。「紅ハク」モデル。「RグレンオーDX」と「LミルカイザーDX」が星獣アーマーと合体するマルチタイプのボトルマンで、合体するとキャップが左右で横撃ち、真ん中で縦撃ちの3個同時発射が可能。カラーリングは赤色と白色で、星獣アーマーはふたご座。金色のロングバレルと黒色のロングマガジンが付属する。DXショットはトリプルインパクト。
●RグレンオーDX
右手用のRGグリップを装備し、片手撃ちが可能なコントロールタイプのボトルマン。地面に接するように伸びたRGグリップスタビライザーにより、安定したショットが可能。ロングバレル装着で精度がアップ。頭部にはRGヘッド、胴体部にはRGキャップ、RGアーム、片方の親指で押し込むことができる小型のRGトリガー、脚部にはRGフット(かかとが後方に伸びた背の高いフットパーツ)を装備。カラーリングは赤色。
●LミルカイザーDX
左手用のLMグリップを装備し、片手撃ちが可能なスピードタイプのボトルマン。地面に接するように伸びたLMグリップスタビライザーにより、安定したショットが可能。ロングマガジン装着で連射性能がアップ。頭部にはLMヘッド、胴体部にはLMキャップ、LMアーム、片方の親指で押し込むことができる小型のLMトリガー、脚部にはLMフット(かかとが後方に伸びた背の高いフットパーツ)を装備。カラーリングは白色。
BOT-44 ドラゴジーナDX
2022年12月29日発売。「シトラス」モデル。マルチタイプのボトルマン。左右のサーバーウイングによりキャップを4個装填し、左右のロングトリガーを同時に押して縦撃ちの4個同時発射、もしくはロングトリガーを左右交互に押してキャップを同時に2個ずつ発射することが可能。カラーリングは金色で、星獣アーマーはりゅう座。DXショットはクワトロインパクト。サーバーウイングの一部を組み替えてBOT-34レイドブレイブDXのマガジンにすることができる。
BOT-45 ランダムコレクションVol.02
2022年12月29日発売。5種類のボトルマンの内1種類がランダムで封入。ラインナップは「ボトルワイバーンDX」、「ヴァルハスDX」、「アースローラーDX ブルーVer.」、「アロサイダーDX レッドVer.」、「ヴァルハスDX ゴールドVer.」の5種。全種類に強化コアボトルが採用されている。
●ヴァルハスDX
「水野イロハ」モデル。サイトでターゲットを狙うことができるVHヘッド、先端にローラーが装備されたVHブーストウィング、ローラーが内蔵された背の低いVHブーストフットを装備したマルチタイプのボトルマン。カラーリングは白色。コアボトルのホールドパーツはスピードタイプ、ボトルはコントロールタイプ。タンサターンDXのリデコ品。(頭部のみ新規造形)DXショットはマルチトルネード。(パッケージに書かれていないがアニメで使用)
●アースローラーDX ブルーVer.
アースローラーDXのリカラー品。カラーリングは青色。コアボトルのホールドパーツはパワータイプ、ボトルはコントロールタイプ。
●アロサイダーDX レッドVer.
アロサイダーDXのリカラー品。マルチタイプのボトルマン。カラーリングは赤色。コアボトルのホールドパーツはパワータイプ、ボトルはスピードタイプ。
●ボトルワイバーンDX
レア枠の一つ。レジェンドシリーズ第2弾でスーパービーダマンの初代ワイバーンシリーズ「ワイルドワイバーン」のボトルマン版。「爆球連発!!スーパービーダマン」の主要人物「西部丸馬」モデルのマルチタイプのボトルマン。カラーリングは黒色。コアボトルのホールドパーツはコントロールタイプで、ボトルはスピードタイプ。BOT-35ドクペピオンDXのリカラー品。
●ヴァルハスDX ゴールドVer.
レア枠の一つ。ヴァルハスDXのリカラー品で金色のラメが入ったコアボトルが輝く貴重な機体。カラーリングは金色。
BOT-46 ボトルフェニックス・エナジーDX
2023年2月4日発売予定。レジェンドシリーズ第3弾でスーパービーダマンの2代目フェニックスシリーズ「バトルフェニックス」のボトルマン版。「爆球連発!!スーパービーダマン」の主人公「戸坂玉悟」モデルのパワータイプのボトルマン。カラーリングは白色。BOT-42コーラマル・エナジーDXのリカラー品。DXショットはキャノンショット。
BOT-47 ケーニッヒケルぺプスDX
2023年2月4日発売予定。レジェンドシリーズ第4弾でスーパービーダマンのライバル機「ケーニッヒケルベロス」のボトルマン版。「爆球連発!!スーパービーダマン」のライバルキャラクター「伊集院圧政」モデルのパワータイプのボトルマン。カラーリングは黒色。BOT-39ボトルマンDXカスタマイズセット付属のケルぺプスDXのリカラー品。DXショットはダブルバースト。

非売品(ドリンクロスシステム)[編集]

ここでは懸賞やイベントのキャンペーン等で配布された商品について解説する。

BOT SP-07 新シリーズ始動 シール&キャップGETキャンペーン景品
2022年4月23日に発売されたDXシリーズ第一弾(BOT-28~BOT-33)の発売キャンペーンとして、店頭でボトルマン製品2000円以上の購入者を対象にボトルマンDXのロゴ入りキャップ(メタリックマゼンタカラー)とコーラマルDX・アクアスポーツDX・ライフルガーディワンDXのスペシャルバージョン用追加ステッカーが配布された。
BOT SP-08 ボトルスターキャップ
「ボトルスターチャレンジ!」開催店舗にて行われたエイトハンティング・ボウリング・スリーピラミッドを攻略することで手に入るキャップ(アニメ設定ではランキング1位~10位、わずか10人のボトルバトラーしか持っていない)。余談だが、BOT SP-13のプレイシートはこのボトルスターチャレンジに使われていたものの改訂版である。
BOT SP-09 C.C.レオンDX発売記念 シール&キャップGETキャンペーン景品
2022年7月16日に発売されたCCレオンの発売キャンペーンとして、店頭でボトルマン製品2000円以上の購入者を対象にボトルスター三闘神キャップ(アニメではボトルスター三闘神、わずか3人のボトルバトラーしか持っていない)とC.C.レオンDX・ドクペピオンDX・ケルペプスDXのスペシャルバージョン用追加ステッカーが配布された。
BOT SP-10 公式キャップ おはスタVer.
2022年7月30日 - 7月31日に池袋コミュニティ・カレッジで開催された小学生限定イベント「おはスタカップ」でオリジナル競技「10ターゲット」を90秒以内に攻略することで手に入る、白色のキャップにおはスタの番組ロゴが印字されたキャップ。
BOT SP-11 C.C.レオンDX 炎帝Ver.
月刊コロコロコミック2022年9月号で行われた銀はがし景品で、抽選200名限定のレッドカラーのC.C.レオンDX。
BOT SP-12 コーラマルZERODX
対象製品のバーコードを規定数送付することで当たる黒色のコーラマルDXで、BOT-28コーラマルDXのリカラー品にオリジナルデザインのステッカーが付いている。対象製品はロイヤルグリフォンDX(1枚)、コーラマル・エナジーDX+公式キャップを除いたBOT-28コーラマルDX以降のボトルマン全製品(2枚)。
BOT SP-13 プレイシートGETキャンペーン景品
ロイヤルグリフォンDXの発売記念として、店頭でボトルマン製品2000円以上の購入者を対象に公式の店舗開催キャンペーンと同じ競技を自宅で出来るようになるプレイシートが配布された。6種競技のターゲット配置図と遊び方が印刷されている。遊び方は後述。

公式あそび方[編集]

EZプレイ
パッケージ側面に書かれている基本の遊び方。市販の500mlペットボトルを使用する。
  • ボトルクラッシュ - ペットボトルを縦3列並べ、ペットボトル1本分の距離から何本倒せるか。(コーラマル、デカビタマル)
  • スリーボトルショット - ペットボトルを横3列並べ、ペットボトル2本分の距離から3回シュートで何本倒せるか。(アクアスポーツ、CCレオン)
  • ロングボトル - ペットボトルを置き、ペットボトル3-5本分の距離から当て、どこまで遠くから倒せるかを競う。(ギョクロック、フウジンエメラルド、ダブルスパークリングセット)
  • ボトルフリーキック - ペットボトル2本をキャップ2個分の隙間を空けて立てる。ボトル4本分離れた場所から隙間を通せるか?(ワンダーグレープ)
  • パイプボトルショット - ぺットボトル1本分離れた場所にトイレットペーパーの芯を置き、そこからペットボトル1本の距離にペットボトルを立てる。芯を通り抜けて倒せるか。(スカルピストル)
  • ボトルブリッジスルー - キャップを2つ貼り合わせて倍の厚みにしたものを2つ作り、キャップ4本分離して並べる。その上に定規を置き、定規の上にペットボトルを立てる。ボトル1本分の距離から3発、ペットボトルを倒さずに隙間を通せるか。(ケルペプス)
  • 神ワザにチャレンジ! - (『下図のように』配置とのことで説明が困難)(サーメッツ)
  • PKボトルショット - ペットボトル2本をキャップ2個分の隙間を空けて立て、後ろにJoy-conスタンドを伏せて置く。ボトル2本分の距離からキャップを入れられるか。(コーラマルGOLD)
  • フォースボトルショット - ペットボトルを横4列並べ、ペットボトル2本分の距離からシュートで何本倒せるか。(回数制限は書かれていない)(アクアスポーツGOLD)
  • ロングボトル2 - ターゲットを装着したペットボトルを逆さに置き、ペットボトル3-5本分の距離から当て、どこまで遠くから倒せるかを競う。(ギョクロック鋼)
  • スキマショットスルー - ペットボトル2本を上下逆にピッタリくっ付けて立てる。ペットボトル5本分離れたところから4連続で隙間を通せるか。(ワンダーグレープ炎)
  • ボトルキャップバスター - ペットボトル1本分の距離にボトルキャップを6個積み重ねて置く。さらにそこからペットボトル1本分の距離にペットボトルを立てる。8発でキャップを崩し、ボトルを倒せるか?(ライジングミルク)
  • クラッシュボトルタワー - ペットボトルキャップ7個を円に並べて、その上にペットボトルを置く。ペットボトル1本分の距離から3発で倒せるか。(フウジンブラック)
  • デュアルインパクトクラッシュ - 2lペットボトル3本を3角形に並べ、2lペットボトル1本分の距離からシュートする。3回以内に倒せるか。(ブレンドラゴン)
デジタルバトル
『ボトルマン デジタル対戦セット』付属のフィールドを使用して遊べる。
Nintendo Switchを使用しての遊び方はゲームの項目を参照のこと。
Nintendo Switchを使用しない時の遊び方
バスケット以外はデジタル対戦セットに付属のボトルターゲットを用いてプレイする。
  • ボウリング - 1人プレイ。ボウリングの要領でターゲットを並べ、3発で何個倒せるか競う。
  • バスケット - 1人プレイ。スロープでキャップをジャンプさせゴールカップに入れる。
  • スナイパー - 1人プレイ。赤青交互に置いたターゲットを自分の指定した色のみ倒す。
  • ロングターゲット - 1人プレイ。3m離したターゲットを狙う。
  • ストラックアウト - 1人プレイ。上下2段に並べたターゲットを倒す。
  • ターゲットシューティング - 対戦プレイ。相手陣地の4本のターゲットを先に倒す。
  • プッシュボトル - 対戦プレイ。中央に置いた1本のターゲットに撃ち合って、相手ゴールまで押し込む。ターゲットを2本以上連結することで難易度を上げることも可能。
  • PK - 対戦プレイ。トンネルを作りその隙間に相手より多くキャップを通す。
  • バトルスナイプ - 対戦プレイ。中央に赤青交互に置いた8本のターゲットを自分があらかじめ決めた色のみ倒し、その色のターゲットを4本倒すと勝利となる。誤って相手の指定した色のターゲットに当ててしまうと相手にポイントが入る。スナイパーの対戦バージョンでもある。
  • ロングバトル - 対戦プレイ。3m離したターゲットを相手より早く倒す。ロングボトルおよびロングターゲットの対戦バージョンでもある。
神ワザチャレンジ10 BOT-15 スマッシュセット
  • 001:ゲートスルー
  • 002:プッシュホッケー
  • 003:円盤投げ
  • 004:ホッケーボウリング
  • 005:PKタイムアタック
  • 006:タイムアタックゲート
  • 007:ストラックナイン
  • 008:ダルマストーン
  • 009:スナイパースマッシュ
  • 010:ハイジャンプ
神ワザチャレンジ10 BOT-16 アクロバットセット
  • 001:ロングジャンプ
  • 002:スロープハント
  • 003:ダンクシュート
  • 004:フープショット
  • 005:タイムアタックシュート
  • 006:カップイントリック
  • 007:フリースローシュート
  • 008:トリックカーブ
  • 009:ジャンピングゴルフ
  • 010:アクロバットフープショット
神ワザチャレンジ10 BOT-15とBOT-16の連動
両方のキットを複合させることで、最高難度の神ワザにチャレンジできる。
  • アクロバットスロープスマッシュ
BOT-32 ボトルマンDXエントリーセット
  • タワー崩し
  • ホッケーボウリング
  • フリースローシュート
  • ガンマン5
  • ボトルボウリング
  • フープショット
  • 円盤投げ
  • ダルマストーン
BOT-SP13 プレイシート
ターゲットを使用して遊ぶが、ターゲットは同梱されていないため別キットからの流用が必要になる。
  • エイトハンティング - シートに描かれている○にターゲットを8個並べ、スタートラインから狙う。3回以内に7個以上倒せばクリア。
  • ボウリング - シートに描かれている△の中にターゲットを10個置き、スタートラインから狙う。20秒以内に全て倒せばクリア。
  • スリーピラミッド - シートに描かれている◎の中に逆にしたターゲットを6個並べ、その上にターゲットを3つセットしたらスタートラインから狙う。4回以内に8個以上倒せばクリア。
  • スリーライン - シートに描かれている□の中にターゲットを9個置き、スタートラインから狙う。5回以内に7個以上倒せばクリア。
  • テントライアングル - シートに描かれている☆の中にターゲットを10個置き、スタートラインから狙う。20秒以内に全て倒せばクリア。
  • スリースルーショット - シート手前に描かれている○の中にターゲットを4個、奥に描かれている◎の中にターゲットを3個置き、スタートラインから狙う。4回以内に奥のターゲットを全て倒せばクリア。

ゲーム[編集]

BOT-04 ボトルマン デジタル対戦セット
Nintendo Switchと連動可能な対戦ソフト。連動可能なスタンドとバトルフィールド、アナログ対戦時のボトルターゲット、限定色のコーラマル1体がそれぞれオールインワンで登場。ソフトはダウンロードソフトとして無料で入手できる[4]
  • ドリンクエスト
  • スコアアタック
  • ハンティング
  • ジャストタイム5
  • ターゲットブレイク
  • ボトミントン
BOT-12 コーラマルGOLD デジタルスキルチェッカー
Nintendo Switchと連動可能な一人用ソフト。Nintendo Switch用のJoy-Conスタンドと金色成型のコーラマル1体が同梱されている。ソフトはダウンロードソフトとして無料で入手できる。
  • パワーチェッカー - 80cm離れた位置から3発当て、合計威力値を競う。
  • スピードチェッカー - 80cm離れた位置から9発当てるまでの時間を競う。
  • コントロールチェッカー - 80cm離れた位置から左右交互に6発当て、正確性を競う。

アニメ[編集]

2020年10月9日よりYouTubeのタカラトミーチャンネル・おはスタ公式チャンネル・コロコロチャンネルNEXT、タカラトミーの公式TwitterにてWebアニメが約5分のショートアニメとして毎週金曜日に配信された。基本的に1話ずつの配信だが、一部の回は2話同時配信された。Webアニメ版は全25話[5]

2022年4月からはテレビアニメ『キャップ革命 ボトルマンDX』(キャップかくめい ボトルマン ディーエックス)がテレビ大阪・テレビ東京系列で15分枠で放送[6][7]。主要人物はWebアニメ版と同一だが設定をリセットし新たなキャラクターも登場し、キャラクターの等身を上げている。そのほか、ボトルバトルを巡る陰謀や主人公機の交代劇などWebアニメ版では描かれなかった展開も用意されている。番組フォーマットは、オープニング→CM→本編→CM→次回予告となる。テレビ大阪製作のアニメとしては珍しく、製作クレジットに広告代理店がクレジットされていないほか、本編ではなくオープニング冒頭で「字幕」のテロップが表示されるといったテレビアニメとしては異例の現象が発生している。また、放送枠が15分に短縮されたのに伴い、テレビ大阪の日曜朝9時30分の全国ネット枠としては、約40年の歴史で初めて提供読みが廃止されたほか、提供クレジットも本編中の前提供の右下表示のみとなった[注 4]

登場人物[編集]

各登場人物の名前はそれぞれ実在するペットボトル飲料に由来する[要出典]

主要人物[編集]

甲賀 コータ(こうが コータ)
声 - 平田真菜[5]
  • 使用ボトルマン - コーラマル(Webアニメ版)→コーラマルDX(テレビアニメ版)→コーラマル・エナジーDX(テレビアニメ版)
本作の主人公である少年[5]。努力や工夫を通し、チャレンジを何度も繰り返して叩き上げる性格。彼が使用するコーラマルはWebアニメ版では元々リョウが使用していたが、使えないという理由で捨てられ、その場に居合わせたコータに成り行きという形で渡され、テレビアニメ版のコーラマルDXはある経緯で手に入れた白色のオリジンが変化したものであり、コーラマル・エナジーDXは破損したコーラマルDXがカオリの手で復活したものである。必殺技はコーラマルの締め撃ち機能を活かした「スプラッシュバースト」(web)⇒「スプラッシュボルケーノ」(DX)。
帆狩 リョウ(ほかり リョウ)
声 - KENN[5]日野まり(幼少期(テレビアニメ版))
  • 使用ボトルマン - アクアスポーツ(Webアニメ版)→アクアスポーツDX(テレビアニメ版)
ボトルマンやボトルバトルを生み出した企業「BMBC」(テレビアニメ版では「BMA」)の創設者・帆狩スエゾウの孫で「蒼龍の連射プリンス」の異名を持つゴールドランクのボトルバトラー。クールに見えるが、熱い性格を持つ少年。コータとはライバルに当たる。テレビアニメ版ではある理由から父親・イオとボトルバトルを憎んでいる。必殺技はアクアスポーツのロングマガジンで3発装填されたキャップを一気に3連射する「トライマシンガン」(web)⇒「スクリュートライデント」(DX)。
宇佐美 セイメイ(うさみ セイメイ)
声 - 奈良徹
  • 使用ボトルマン - ライフルガーディワンDX
ミリタリースタイルに身を包んだ一匹狼。過去のトラウマから、熱い友情を見ると体がかゆくなる。
赤牛 ツバサ(あかうし ツバサ)
声 - 木村昴
  • 使用ボトルマン - レイドブレイブDX
ボトルキングに次ぎ世界最高峰であるボトルスター三闘神の一人。明るく好戦的で爽やかな性格。兄貴肌で慕っているボトルバトラーも多い。
葉加瀬 カオリ(はかせ カオリ)
声 - 関根明良
  • 使用ボトルマン - ドクペピオンDX
天才ボトルマンエンジニア(自称)でありながら、ボトルマンを駆使するアクティブな少女。
帆狩 イオ(ほかり イオ)
声 - 速水奨
元ボトルキングであり、リョウの父。BMAの社⻑。BMA創設者の帆狩スエゾウを父に持つ。
Webアニメ版・テレビアニメ版に登場[編集]
帆狩 スエゾウ(ほかり スエゾウ)
声 - 黒田崇矢[5]
リョウの祖父。富豪であり、BMBC(テレビアニメ版ではBMA)の創設者でもある。
大井 ゴエモン(おおい ゴエモン)
声 - 福原かつみ[5]
  • 使用ボトルマン - ギョクロック(Webアニメ版)
精密射撃的な侍の少年。最近コータの街に引っ越してきた。時折会話が歌舞伎口調になる。必殺技はギョクロックの狙撃能力を活かした「ギョク眼流 茶柱一極」。ボトルバトルカップではユキジに敗北しその際左目を負傷してしまい、以降は眼帯を着用している。
テレビアニメ版ではゲストキャラクターとして登場。
水野 イロハ(みずの イロハ)
声 - 渋谷彩乃
  • 使用ボトルマン - ヴァルハスDX(テレビアニメ版のみ)
コータの友人。丸メガネをかけている。ボトルマン好きでデータ分析が好きな天才だが、リアクションやツッコミに回ることも多い。
宰田 ミツヤ(さいた ミツヤ)
声 - 五十嵐裕美
  • 使用ボトルマン - アロサイダーDX(テレビアニメ版のみ)
コータの友人。イロハと同様ボトルマン好きだが、共にリアクションやツッコミに回ることも多い。
Webアニメ版のみ登場[編集]
峰崎 ハンタ(みねざき ハンタ)
声 - 岩崎諒太[5]
  • 使用ボトルマン - ワンダーグレープ
コータのライバルの一人である少年。リーゼントで眼光が鋭い。
武闘兄弟(むとう きょうだい)(武闘 ユキジ〈むとう ユキジ〉 & 武闘 ジョージ〈むとう ジョージ〉)
声 - 今井文也(ユキジ)、檜山修之(ジョージ)
  • 使用ボトルマン - ブレンドラゴン
メタルバンド「メタミルハイウェイ」のメンバーである兄弟。Webアニメ版のラスボス。熱血漢で競技者気質な弟がユキジで、物静かだがスイッチが入ると好戦的になる兄がジョージ。コータとリョウの噂を聞いてボトルバトルカップに参加した。
ジャッジーナ・ナツ
声 - 松井恵理子[5]
ボトルバトルの進行を務めるギャルAI。活発な性格で時折口調が悪くなる。
ジャッジーナ・モモ
声 - 結城光[5]
ナツと同様、ボトルバトルの進行を務めるギャルAI。おっとりとした性格。
デュー 山本(デュー ヤマモト)
声 - デュー山本(山本修平)
コンビニ「デューヤマート」の店長。ボトルマン好きでもあり、店番をサボってボトルバトルを観戦してはジャッジーナを差し置いて解説している。
テレビアニメ版のみ登場[編集]
亜末 ローランド(あすえ ローランド)
声 - 土岐隼一
  • 使用ボトルマン - アースローラーDX
世にも美しいボトルバトラー。ランキング9位のボトルスター。常に美しさを求め、どんなときでも美しいバトルを展開することにこだわる。少年時代、ある夫婦に救われたことがきっかけで、ボトルバトルを始めた。カニを見るのも食べるのも好きで、深く温かい知識を持つ。自らのファンを「ローランズ」と呼び、常に横一線で平等に扱うことから、カニ対応として知られている。
金土師 レオ(きんじし レオ)
声 - 檜山修之
  • 使用ボトルマン - C.C.レオンDX
ボトルスター三闘神の一人。三闘神一の好戦的な性格。どんな相手でも常に全力で倒しにかかる容赦ないバトルスタイルから、「百獣の殲滅王」と恐れられている。果物を荒々しく食べるのが好き。ボトルキング・シトラスを倒すことを目標にボトルバトラーになったが、成長した頃には、シトラスはすでに失踪していた。目標達成に間に合わなかったという思いから、さらに速さにこだわるようになった。
伊獣院 シマン(いじゅういん シマン)
声 - 梅原裕一郎
  • 使用ボトルマン - ケルペプスDX
とても真⾯⽬なランキング7位のボトルスター。常にフェアでルール違反のない戦いを求め、不正は即座に糾弾する。⼀⽅で、⾃分に間違いがあれば素直に謝ることができる。その性格ゆえに、練習のやりすぎが原因で⾻折した過去があるとかないとか。
江原田 アヤタ(えばらた アヤタ)
声 - 藤原夏海
  • 使用ボトルマン - アヤワシDX
ノーマルランクのボトルバトラーにも関わらず、BMAの最新型ボトルマンの適任者として選ばれたことで強さと⾃信を持つようになった。周囲のボトルバトラーよりも年下だが、堂々としたバトルスタイル。
紅 ハク(くれない ハク)
声 - 柿原徹也
  • 使用ボトルマン - ロイヤルグリフォンDX
ボトルスター三闘神の⼀⼈。三闘神⼀の模範的ボトルバトラー。常に笑顔でファンサービスを⼤事にしており、サインを断らない。戦い⽅も穏やかで、脅威の安定感を誇っている。
斬 サンタ(ざん サンタ)
声 - 岩崎諒太
  • 使用ボトルマン - タンサターンDX
ブロンズランク333位のボトルバトラー。明るくて卑屈な性格。人気者になりたくてボトルキングを目指している。考えるより直感で動くタイプで、よくトラブルに巻き込まれる。自分は地味なボトルバトラーだと自覚しており、そんな自分がボトルキングになれば同じような子たちに勇気を与えられるのではないかと思っているが、恥ずかしいので口にしたことはない。
アップ 奈々(アップ なな)
声 - 松井恵理子
BMAの公式実況アナウンサー。元ラッパーという経歴から、興奮するとラップ口調が出てしまう癖を持つ。現在も才能を生かし自身のラジオ番組を持っている。
流行 ポンタ(はやり ポンタ)/ シトラス
声 - 大塚剛央
  • 使用ボトルマン - ドラゴジーナDX
コータの先輩であり良き友人。のんびり屋で頼りないが、いつも手作りの差し入れを持ってきてくれる。そんな優しさと面倒見の良さで、コータをはじめ後輩たちから愛されている。その正体は、失踪中のボトルキング「シトラス」であることが第32話で判明した。第39話でAIに意識を乗っ取られてしまう。
帆狩 エリ(ほかり エリ)
声 - 長沢美樹
リョウの⺟にしてイオの妻。イオとの結婚後は、ボトルキングの夫を⽀えるためあらゆるサポートを⾏ってきた。数年前に病に倒れて以来、意識不明のまま⼊院中。
帆狩 マチコ(ほかり マチコ)
声 - 唐沢潤
リョウの叔母。
ディーンこうちゃか(ディーンコウチャカ)
声 - ディーンこうちゃか(高坂遊太)
コンビニ「デューヤマート」の店長代理。ボトルマンを愛し、超ボトル道の配信をしている。

用語[編集]

ボトルマン
ボトルバトルを行うのに必要な人型ホビー。
ボトルバトル
ボトルマンを用いた競技のこと。
ボトルバトラー
ボトルマンでボトルバトルをする者の総称。
バトルキャップ
スピードキャップ
穴が空いたスピード重視のキャップ。『B-伝説! バトルビーダマン』のスピード弾や『爆球Hit! クラッシュビーダマン』のスピードバレットへのオマージュ[要出典]
メタルキャップ
Webアニメ版のみ登場。金属製のキャップ。『B-伝説! バトルビーダマン』のメタル弾や『爆球Hit! クラッシュビーダマン』のメタルバレットへのオマージュ[要出典]
ドリンクワールド
Webアニメ版のみ登場。ボトルバトルをするための電脳世界。ボトルバトラーがコアボトルの飲み口に口を当てると召喚され、ドリンクワールドに召喚されたボトルバトラーはボトルマンの内部に入ったような感じでボトルバトルに挑戦する。観客はペットボトルに顔が付いた姿になる。
BMBC
Webアニメ版のみ登場。ボトルマンやボトルバトル、ドリンクワールドを生み出した企業。
BMA(BottleMan Association、ボトルマン運営組織)
テレビアニメ版のみ登場。ボトルマンやボトルバトルを生み出した企業。

スタッフ[編集]

Webアニメ版 テレビアニメ版
原作 タカラトミー
コンセプトデザイン 西本尚央
監督・音響監督 川崎逸朗
助監督 二宮壮史 球野たかひろ
プロップデザイン 田村亮太、吉永真人
シリーズ構成 クオリアライターズ
(八木崇夫、下村健、世俵まこと)
Qualia Writers Inc.
山本カズヨシ
キャラクターデザイン 小野早香
サブキャラクターデザイン 南方麻奈美 袖山麻美、加藤春奈
メカデザイン 田村亮太
メカ監修 吉田徹
色彩設計 吉村智恵
美術監督 保木いずみ、加藤浩
美術設定 加藤浩
前田みつき
撮影監督 臼田睦
編集 佐藤貴雄 平木大輔
音楽 HIROSHI WATANABE
プロデューサー 吉田啓祐
小野原大輔、山本修平 平野恭子、髙坂遊太、谷口葵
制作プロデューサー 庄司航
アニメーション制作 ガイナ
製作 タカラトミー テレビ大阪、ガイナ

主題歌[編集]

「キャップ革命 ボトルマン」(Webアニメ版)[4]
ザ50回転ズによるWebアニメ版主題歌。作詞・作曲はダニー、編曲はザ50回転ズ。
「レディキャップ!」(テレビアニメ版、第1話 -第39話)[8]
岡崎体育によるDX第1〜第3クール主題歌。作詞・作曲・編曲は岡崎体育。
「ResQ!!」(テレビアニメ版、第40話-)
AXXX1SによるDX第4クール主題歌。作詞は杉本琢弥、作曲はPETTIN PATTIN、杉本琢弥。

各話リスト[編集]

Webアニメ版[編集]

話数サブタイトル脚本絵コンテ演出作画監督メカ作画監督初配信日
第1話オレとコーラマル!紅き伝説がいま始まる! 八木崇夫川崎逸朗南方麻奈美
2020年
10月9日
第2話蒼きドラゴン!帆狩リョウとアクアスポーツ! 池森絵美重田智(レイアウト)
  • 田村亮太
  • 吉田徹(原画)
第3話燃え上がれ、紅蓮の炎!コーラマルの底力! 大村将司10月16日
第4話参上!カブいたアイツは大井ゴエモン! 川崎逸朗二宮壮史陳達理
  • 田村亮太
  • 吉田徹
第5話緑の狙撃手スナイパー!ギョクロックは外さない 増田俊介10月23日
第6話飛べ!ゴールへ向けたロングシュート 酒井春佳10月30日
第7話真剣勝負ガチボトル!剛と柔の飛ばし合い 大村将司11月6日
第8話縦に回すスゴイやつ!峰崎ハンタの場惡地狩 斎藤瑞華三好なお南方麻奈美11月13日
第9話奇襲!カーブショットのワンダーグレープ! 高原修司
第10話延長戦!隙間を狙え、PK勝負 増田俊介11月20日
第11話パワーVS縦回転!真っ向勝負のぶつかり合い 11月27日
第12話嗚呼、栄光の金キャップ 池森絵美12月4日
第13話大会始まる!ボトルキングは誰の手に!?
  • 南方麻奈美
  • 高原修司
  • 二宮壮史
12月11日
第14話超連射!雷神ドラムは鳴り止まない! 増田俊介12月18日
第15話プレッシャーを跳ね返せ! 高原修司
第16話叫べヒート!掴めヴィクトリー! 増田俊介12月25日
第17話メタルの嵐!風神のストームは鳴りやまない! 矢的中森かや乃2021年
1月1日
第18話吼えろリヴァイアサン!覚醒のアクアスポーツ! 池森絵美
第19話激戦!海龍VS風神!
  • 森かや乃
  • 小野早香
1月8日
第20話特訓開始!勝利に向かって走れ……ない!? 田中和哉
  • 酒井春佳
  • 小野早香
1月15日
第21話黄金の輝き!スパークリングノヴァ! 高原修司
第22話コンビ対決!勝つのはどっちだ!? 川崎逸朗二宮壮史田村亮太1月22日
第23話合体BMボトルマン!龍神ブレンドラゴン! 二宮壮史増田俊介
第24話ハジケろボトルマン!オレたちのビッグバンバトル! 1月29日
第25話ふたりのカクメイ 高原修司
  • 吉田徹
  • 田村亮太
2月5日

テレビアニメ版[編集]

話数サブタイトル脚本絵コンテ演出作画監督初放送日
第1話シュワッと誕生!コーラマルDX 山本カズヨシ川崎逸朗球野たかひろ増田俊介2022年
4月3日
第2話神速三連射!アクアスポーツDX
  • 増田俊介
  • 村井圭太
  • 森和江
  • 坂井博美
4月10日
第3話クライマックス!勝つのはオレだ!
  • Kim Ilbae
  • Jung Daewoon
4月17日
第4話シュワッとおかえり♪コーラマルDX
  • 山本カズヨシ
  • 加賀未恵
金澤洪充矢的中
  • Yu Hyeonjin
  • Bang Seungjin
4月24日
第5話解析しちゃうよ!コーラマルDX 本間理莉川島尚5月1日
第6話これで決まりだ!パワーVSスピード 吉澤太智寺島征子5月8日
第7話孤高のライフルガーディワンDX 持田康之吉田徹
  • STUDIO O2
  • STUDIO GREEN
  • Lee Mikyung
  • Hwang Mijung
5月15日
第8話波乱のチームバトル!
  • STUDIO O2
  • Lee Sangmin
  • Shin Jaeeun
  • Nam Sangtae
5月22日
第9話うなるレイドブレイブDX!倒せ三闘神! 金澤洪充渡邉哲哉
  • Kim.S
  • Lee.Y.M
  • Park.J.S
  • Lim.S.K
5月29日
第10話ハピバ!Dr.カオリのドクペピオンDX 小山眞
  • Kim.S
  • Kang.J.S
  • Park.J.S
  • Lim.S.K
  • Lee.B.S
6月5日
第11話シュワッと来い来い!コーラマルDX 日下部優樹Lee Jongman6月12日
第12話美しき蟹座!華麗なるアースローラーDX 田中和哉
  • Kim Ranyeong
  • Choi Eunyeong
  • Park Yeonghi
  • Yu Gyeongsuk
6月19日
第13話黒服たちかく語りき 川崎逸朗森和江6月26日
第14話なんで!?狙われたコーラマルDX 持田康之アミノテツロ球野たかひろ
  • Kim Ilbae
  • Jung Daewoon
  • Hong Seokpyo
7月3日
第15話百獣の殲滅王!金士師レオとC.C.レオンDX
  • 増田俊介
  • 酒井春香
  • 村井圭太
7月10日
第16話裏切り?奇襲!?大混戦! 博多正寿吉澤太智百代7月17日
第17話シュワッと!スピードコアカスタム 三好なお
  • Kim Ilbae
  • Jung Daewoon
7月24日
第18話サイ強のボトルマン!アロサイダーDX 小山眞吉田徹
  • Lee Simin
  • Lee Mikyung
  • Hwang Mijung
7月31日
第19話ヤヤ!?親友同士の大激突!
  • Lee Sangmin
  • Shin Jaeeun
  • Nam Sangtae
8月7日
第20話私がルールブックだ!伊獣院シマン 金澤洪充矢的中陳達理8月14日
第21話ケルペプスDXのフェアプレー! 山本カズヨシ8月21日
第22話もう1体のコーラマルDX!? 二宮壮史熨斗谷光孝
  • Ho Seongjin
  • Lee Jongman
8月28日
第23話まるで別人?リョウの異変 金澤洪充吉澤太智百代9月4日
第24話戦場のメェ~リィクリスマス 三好なお
  • Kim Ilbae
  • Jung Daewoon
9月11日
第25話かかってこいヤ!タンサターンDX
  • S.Kim
  • J.W.Kim
  • Y.M.Lee
  • B.S.Lee
9月18日
第26話バースト!?目を覚ませ!帆狩リョウ! 持田康之清水あきらLee Jongman9月25日
第27話取り戻せ、コーラマル・エナジーDX! 小山眞川崎逸朗球野たかひろ加藤春奈10月2日
第28話大激突!コータVSリョウ! 矢的中
  • Lee Simin
  • Lee Mikyung
  • Hwang Mijung
10月9日
第29話黒服たちカブ語りき -川崎逸朗森和江10月16日
第30話BMAの危機!?天下分け目の三番勝負! 持田康之金澤洪充球野たかひろ
  • Lee Sangmin
  • Nam Sangtae
10月23日
第31話裏切りのハク!驚異のLミルカイザーDX! 三好なお
  • 村井圭太
  • 酒井春佳
10月30日
第32話ボトルキング・シトラス現る! 山本カズヨシ熨斗谷光孝
  • 南伸一郎
  • 魏旭龍
  • 杜伟峰
  • 陈亮
11月6日
第33話解放!ロイヤルグリフォンDX!! 田中和哉我羅奈瓶太
  • 松下純子
  • 飯飼一幸
11月13日
第34話シュワッとフェアとトリプルインパクト! 小山眞二宮壮史飯塚葉子11月20日
第35話吹き荒れろキャップの嵐!レオVSリョウ! 吉田徹球野たかひろ百代11月27日
第36話止まった猛牛 渡邉哲哉三好なお
  • Lee Yeongmi
  • Min Hyeonsuk
  • Lee Seokyun
  • Jeong Sejeong
  • Jo Mijeong
  • Lee Jitak
12月4日
第37話登場!シトラスのドラゴジーナDX! 栗山美秀村井圭太12月11日
第38話決着!?コータVS紅ハク! 持田康之金澤洪充球野たかひろLee Sangmin12月18日
第39話絶対王者 水野健太郎
  • Lee Simin
  • Lee Mikyung
  • Hwang Mijung
12月25日
第40話バイタルシンク、隠された真実! 熨斗谷光孝Lee Jongman2023年
1月8日
第41話イロハの相棒!友情のヴァルハスDX! 矢的中百代1月15日
第42話チームシトラスの脅威 山本カズヨシ田中和哉栗山美秀
  • H.J.Kim
  • J.W.Kim
  • B.S.Lee
  • S.K.Im
  • Y.M.Lee
  • S.H.Park
1月22日
第43話紅ハクの逆襲! 金澤洪充信田ユウ
  • 森和江
  • 村井圭太
  • Lee Yeongmi
1月29日
第44話シュワッとを捨てろ!?
  • 飯飼一幸
  • 飯塚葉子
2月5日

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[7]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [9] 備考
2022年4月3日 - 日曜 9:30 - 9:45 テレビ大阪製作局)をはじめとする
テレビ東京系列全6局
北海道関東広域圏愛知県
大阪府岡山県香川県福岡県
海外 テレビ / 放送期間および放送時間
国・地域 放送・配信期間 放送・配信時間 放送局・配信サイト 備考
香港 2022年9月11日 - 日曜 17:15 - 17:30 無綫電視翡翠台 『激爆世紀 樽甲彈蓋人DX』というタイトルにて放送
テレビ大阪テレビ東京系列 日曜 9:30 - 9:45
前番組 番組名 次番組
マジカパーティ
(2021年4月4日 - 2022年3月27日)
※9:30 - 10:00
キャップ革命 ボトルマンDX
(2022年4月3日 - )
-

漫画[編集]

槙吾が漫画を担当した読み切りが、2021年2月15日発売の『月刊コロコロコミック』(小学館)3月号に掲載された[10]

2021年3月15日発売の『コロコロアニキ』2021年春号では今賀俊による『爆球連発!!スーパービーダマン ボトルマン特別編』と題した新作読み切りが掲載された。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b キャップ革命 ボトルマン:タカラトミーの新玩具がアニメ化 平田真菜が主人公声優に 甲賀コータが世界一のボトルキング目指す”. MANTANWEB (2020年9月15日). 2020年9月15日閲覧。
  2. ^ a b キャップ革命 ボトルマン:話題の“BM”はビーダマンではなかった!? ペットボトルキャップのシューティングホビー誕生 ゴミが宝物に!?”. MANTANWEB (2020年9月15日). 2020年9月17日閲覧。
  3. ^ a b “タカラトミーの新玩具、数時間で完売 ネットで話題”. 日本経済新聞. (2020年9月15日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO63859160V10C20A9X30000/ 2020年9月17日閲覧。 
  4. ^ a b c 【switch連動も!】新玩具『キャップ革命 ボトルマン』が10月24日発売! ペットボトルのキャップを発射できるシューティングホビーでアニメも10月配信スタート”. ファミ通.com. KADOKAWA Game Linkage (2020年9月15日). 2020年9月15日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i 「キャップ革命 ボトルマン」タカラトミーの新ホビーと連動したオリジナルアニメ発表”. アニメ!アニメ!. イード (2020年9月15日). 2020年9月5日閲覧。
  6. ^ TVアニメ「キャップ革命 ボトルマンDX」4月放送、キャップを発射する玩具が題材(コメントあり)”. コミックナタリー. ナターシャ (2022年3月2日). 2022年3月2日閲覧。
  7. ^ a b キャップ革命 ボトルマンDX”. TVO テレビ大阪. 2022年3月2日閲覧。
  8. ^ 放送・配信・楽曲情報”. キャップ革命 ボトルマンDX. 2022年3月2日閲覧。
  9. ^ テレビ放送対象地域の出典:
  10. ^ 【月コロ3月号特報】ついにやってきた! 超話題の最新ホビー『キャップ革命ボトルマン』まんが大掲載!!”. コロコロオンライン. 小学館 (2021年2月13日). 2022年3月2日閲覧。

注釈[編集]

  1. ^ 口径が28mmのペットボトルキャップにのみ対応し、それ以外は遊べない。
  2. ^ 各ボトルマンによって付属する数が異なる。
  3. ^ みずがめ座は英語でAquariusであることから、アクエリアスの要素も含まれる。
  4. ^ これらは、テレビ大阪製作の全国ネット枠全体としても開局以来初にして異例である。また、本番組の直後に放送される『ぷにるんず』でも同様の処置をとっている。

外部リンク[編集]