黒田崇矢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
くろだ たかや
黒田 崇矢
プロフィール
性別 男性
出生地 日本の旗 日本東京都
生年月日 1965年4月17日(49歳)
血液型 AB型
身長 183 cm
職業 声優俳優ナレーター
事務所 アクセルワン
声優活動
活動名義 2000年 -
ジャンル アニメゲーム吹き替えナレーション
俳優活動
活動時期 1980年代 -
ジャンル テレビドラマ映画舞台
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

黒田 崇矢(くろだ たかや、1965年4月17日[1] - )は、日本声優俳優ナレーターアクセルワン所属[2][3]東京都出身。身長183cm。体重77kg。血液型AB型

概要[編集]

来歴[編集]

1984年文学座養成所入所(23期)。2000年公開の『どら平太』までは旧芸名「黒田隆哉」として、俳優として主にテレビドラマ映画舞台に出演していた。その年からは体調不良などもあり声優へ転身、アニメ・ゲーム・ナレーションなど声の仕事を主に行う様になる。その際、芸名を現在の「黒田崇矢」に改名する。

過去には伊藤事務所(89年)(この間別の事務所に変更している)、さいど事務所(93年)、紅屋25時(00年)、青二プロダクション(01年)、マウスプロモーション(04年)、ウォーターオリオン(06年)に所属し、ウォーターオリオン所属時にはドラゴンカフェ声優塾で講師も兼務していた。2008年2月組織変更に伴う塾の閉鎖と業態変更によって同社を退所。

フリー期間を経て、2008年5月より同じくウォーターオリオンに所属し、番組での共演もあった金谷ヒデユキと共に81プロデュースに所属となった。2012年7月、81プロデュースを退社し、フリーとなる[4]。同年12月からアクセルワンに所属。

2013年、ファミ通アワード2012にて「キャラクターボイス賞」を受賞[5]

エピソード・人物像[編集]

5歳前後までブラジルに住んでいた[6]。背骨(頸椎)を痛めており、その関係で弱視である。ゆえにサングラスを手放すことが出来ない[7]

フリーだった時期に、プレゼントや手紙の送り先として、マネージャーの住所、氏名をブログに掲載していた。その後指摘を受け削除し、後輩の整体院を送り先にさせてもらっていた[8]

「ギャグは他人が不快感をおぼえたら成立しない、センスがない奴はギャグ言うな」[9]と発言するなど、ギャグにはこだわりがある。特に駄洒落に対しては「ガキの頃から駄洒落は嫌いで、死ぬまで言わない」[10]と断言するなど、広告がそうであっただけで「番組を降りようかと思った」と発言する[11]ほど強い嫌悪感を示す。反面、下ネタには非常に寛容で駄洒落ですら笑う。現状では、blogや、番組投稿等に見られるように、わざとファンが駄洒落を言いそれに怒ってみせるというやりとりも予定調和になりつつある。そのように嫌悪している駄洒落ではあるが、『エレメントハンター』の最終話では、連呼するシーンが存在する。又、同業者であり駄洒落を良く言う福山潤によく弄ばれていることで有名である。

キックボクシング空手の経験者であり、『龍が如く』で自身が演じる主人公、桐生一馬役のモーションキャプチャー担当者に格闘技のアドバイスを行った[12]。強面な外見から謂われのない職務質問を受けるなどした経験も有ってか、警察など公権力には反感があり、チーマー狩りをしていた。

「売れてキャリアがあり挨拶もせず偉そうにしてる人がいない現場は少ない」[13]、「ある大きな事務所にいた時気持ちよく挨拶が出来ない奴が多すぎた」[14]と語るなど、こと挨拶については何度も大事にするように言及している。また「年齢だけで大人になっている気がしている大人、精神年齢が中小学生の奴らの為の教育施設を作らないと日本は駄目だ」[15]、「自分さえ良い思いができればいい、自分の言った言葉にいっさい責任を取らない人間が多い」[16]など、行動や結果などに大人は責を負うべきという信念もある。それに加え、インターネット上の発言は公人だけがするべきだと語り[17]、言責は明らかにすべきという立場を取っている。

「龍が如く Presents 神室町ラジオステーション」放送内で、桐生のライバルキャラクター・真島吾朗の声を担当する宇垣秀成と文学座の同期である事を語った。ラジオの際、同じパーソナリティーである宇垣や演じる真島を非難するような発言が多く、メールや自身のブログ、同ゲームの上映会などでファンから「宇垣さんと仲が悪いのですか?」「もっと仲良くしてください」と度々声をかけられる様になった。なお、ラジオやプロモーションなどではお互いを「黒ちゃん」「秀ちゃん」と呼び合う仲である。

出演作品[編集]

太字は主役・メインキャラクター

テレビアニメ[編集]

2000年

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

OVA[編集]

2003年

2004年

2006年

2007年

2009年

2010年

  • テイルズ オブ シンフォニア THE ANIMATION テセアラ編(ボータ)
  • 殿といっしょ(織田信長)

2011年

2012年

劇場アニメ[編集]

2004年

2007年

2013年

ゲーム[編集]

2000年

2001年

  • ザ・キング・オブ・ファイターズ2001(麟、ロン)

2002年

2003年

2004年

2005年

2006年

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

ナレーション[編集]

吹き替え[編集]

映画
テレビドラマ
アニメ、人形劇

パチンコ・スロット[編集]

特撮[編集]

2004年

2006年

2007年

2009年

2011年

2012年

2013年

CD[編集]

ドラマCD[編集]

BLCD[編集]

  • 間の楔I 〜DESTINY〜(ラウール・アム)
    • 間の楔II 〜NIGHTMARE〜(ラウール・アム)
  • 影の館(アザゼル)
  • 彩おとこ(中室岩吾/攻め)
    • 彩おとこ〜兄弟篇〜(中室岩吾/攻め)
  • 追われる夜の獣(脇坂鴻志/攻め)
  • キスは大事にさりげなく(福田功児)
  • きみがいるなら世界の果てでも(黒田/攻め)
  • 吸血鬼には向いてる職業(黒田瑞祥/攻め)
  • 軍服は鷹の獲物(ファイサル・ビン・ハマド・ジル・アブドルカリーム/攻め)
  • 追われる夜の獣 (脇坂鴻志/攻め)
  • 契約不履行(土屋/攻め)
  • 親猫は愛を宿す(深見 大地/攻め)
  • 獣たちの…妄執。(陣)
  • 極道シリーズ(芦澤祐介/攻め)
    • 極道はスーツがお好き
    • 極道はスーツを引き裂く
    • 仕立屋も極道がお好き
    • 極道はスーツに刻印する
  • 世界の果てで待っていて〜天使の傷跡〜(黒澤統一郎)
  • 滴る牡丹に愛~レオパード白書 3~(郡司)
  • ジャングル・キング(熊神/攻め)
  • そして、ひらく扉 ~Futaridake no Eien~(麻生俊継)
  • ダブルミンツ(佐伯/攻め[45]
  • 生意気な遺伝子〜Long Version〜(香坂明彦)
  • ハートストリングス(榊一彦/攻め)
  • 花扇〜座布団2 初助編〜(寺田銀治郎/攻め)
  • 華と龍(伊庭)
  • 秘書育成中。(鍛冶宗嵩/攻め)
  • 秘書は艶然とうそをつく(鈴原)
  • ファインダーシリーズ麻見隆一/攻め)
    • ファインダーの標的〜高羽秋仁の麻見隆一調査報告書〜 ※BE×BOY GOLD 2009年8月号付録
    • 勤労カメラマン高羽秋仁の優雅なる夏休み ※BE×BOY GOLD 2011年6月号付録
    • ファインダーの隻翼
  • ブルーサウンドシリーズ(嘉悦政秀/攻め)
    • 目を閉じればいつかの海
    • 手を伸ばせばはるかな海
  • BRONZE-ZETSUAI since 1989-(南條晃司/攻め)
  • 欲望という名の愛(樋口貴奨/攻め)

朗読CD[編集]

ラジオ[編集]

  • 黒田崇矢&大塚明夫 Knock Out Voice!!音泉 2006年10月 - 2007年11月 )
  • 紅ラジオ「おとなの時間」(音泉、ランティス・ネットラジオ 2008年3月 - 2008年6月25日)
  • 龍が如く Presents 神室町ラジオステーション(龍が如く.com、セガ 2008年9月 - 2009年2月)
  • 黒田崇矢・緑川光 朝までイっちゃう!?いけない生添い寝(ニコニコ生放送 2011年12月16日)

インターネットテレビ[編集]

  • 黒田崇矢・金谷ヒデユキのクロガネ(WorldNet.TV 2008年4月 - )

テレビドラマ[編集]

いずれも旧芸名・黒田隆哉での出演

映画[編集]

  • どら平太(鳥居角之助)(2000年公開)
  • 部屋とYシャツと私(1993年公開)

その他[編集]

  • アニマックス開局10周年記念『VIPER'S CREED』全12話一挙放送(アニマックス 2009年6月28日、本人出演)
  • 実録!世界の愛憎ミステリー 妻VS夫 殺しの修羅場ファイル(声の出演)

出典[編集]

  1. ^ 黒田崇矢のプロフィール”. 2012年12月20日閲覧。
  2. ^ 黒田崇矢が新加入しました!|アクセルワン”. 2012年12月20日閲覧。
  3. ^ ご報告!|黒田崇矢オフィシャルブログ「黒田ブログ」”. 2012年12月20日閲覧。
  4. ^ 新たなる旅立ち! 黒田ブログ、2012年7月2日より
  5. ^ ファミ通アワード2012授賞式が開催 ゲーム・オブ・ザ・イヤーは『とびだせ どうぶつの森』”. ファミ通.com. 2013年4月21日閲覧。
  6. ^ 黒田崇矢&大塚明夫 Knock Out Voice!! #8より
  7. ^ 黒田崇矢・金谷ヒデユキのクロガネ 第3回目放送より
  8. ^ 削除済みの記事 黒田ブログ、2008年3月19日より
  9. ^ 黒田崇矢&大塚明夫 Knock Out Voice!! #2より
  10. ^ 黒田崇矢&大塚明夫 Knock Out Voice!! #14より
  11. ^ 紅ラジオ「おとなの時間」 第2回より
  12. ^ 黒田崇矢&大塚明夫 Knock Out Voice!! #16より
  13. ^ 文学座の先輩・・・ 黒田ブログ、2008年5月13日より
  14. ^ 俺の弟たち 黒田ブログ、2008年5月16日より
  15. ^ 黒田崇矢&大塚明夫 Knock Out Voice!! #7より
  16. ^ 出会い・・・ 黒田ブログ、2008年5月30日より
  17. ^ 黒田崇矢・金谷ヒデユキのクロガネ 第6回目放送より
  18. ^ CAST”. 境界線上のホライゾン. 2012年4月10日閲覧。
  19. ^ スタッフ・キャスト”. テレビ東京・あにてれ 超速変形ジャイロゼッター. 2012年9月4日閲覧。
  20. ^ キャスト”. アニメ「義風堂々!!」公式サイト. 2013年10月21日閲覧。
  21. ^ B's-LOG 2012年7月号』、エンターブレイン、2012年5月。
  22. ^ CHARACTER”. Starry☆Sky 〜After Winter〜. 2013年8月23日閲覧。
  23. ^ キャラクター”. 戦国無双 Chronicle 2nd. 2012年8月23日閲覧。
  24. ^ 龍が如くPRESENTS『復活!神室町 RADIO STATION』第12回”. 龍が如く.com (2012年6月7日). 2012年6月24日閲覧。
  25. ^ B's-LOG』2013年12月号、エンターブレイン2013年10月19日
  26. ^ 【レポート第21回】アフレコ番外編”. ライダーゲーム開発ブログ. 2013年5月19日閲覧。
  27. ^ Character”. 境界線上のホライゾン PORTABLE. 2013年1月7日閲覧。
  28. ^ 登場人物 胡土前”. 白華の檻 ~緋色の欠片4~ 四季の詩. 2013年6月5日閲覧。
  29. ^ キャラクター”. 新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女. 2013年6月26日閲覧。
  30. ^ Character”. Starry☆Sky 〜After Winter〜 Portable. 2013年8月23日閲覧。
  31. ^ 週刊ファミ通』2012年12月6日号より。
  32. ^ 『超速変形ジャイロゼッターアルバロスの翼』の発売日が6月13日に決定”. ファミ通.com. 2013年3月14日閲覧。
  33. ^ トイ・ウォーズに豪華声優陣が登場!キャラクター&案内役ボイスに登場♪
  34. ^ Character”. 願いの欠片と白銀の契約者. 2013年2月28日閲覧。
  35. ^ ボーイフレンド(仮)”. 2014年3月19日閲覧。
  36. ^ B's-LOG2013年11月号』、エンターブレイン、2013年9月。
  37. ^ 週刊ファミ通』2014年1月23日号、エンターブレイン、2014年1月9日
  38. ^ PS Vita『デュラララ!! 3way standoff -alley- V』公式サイト”. 2014年4月10日閲覧。
  39. ^ 『龍が如く 維新!』キャラクター配役を大公開!”. 『龍が如く 維新!』公式サイト. 2013年9月9日閲覧。
  40. ^ 【CD】男遊郭の秘めたる遊戯 銀朱の交【初回生産限定版】★特典付※連動特典あり!”. ステラワース. 2013年9月20日閲覧。
  41. ^ 白華の檻~緋色の欠片4~ドラマCD 二華飾り”. TEAM Entertainment. 2012年9月21日閲覧。
  42. ^ 白華の檻 ~緋色の欠片4~ 四季の詩 ドラマCD 桜花ニ片”. TEAM Entertainment. 2012年8月1日閲覧。
  43. ^ 白華の檻 ~緋色の欠片4~ 四季の詩 ドラマCD 雪花二降”. TEAM Entertainment. 2013年9月21日閲覧。
  44. ^ 6月30日発売「ニンジャスレイヤー ザイバツ強襲!」 ドラマCDキャスト発表!!”. ニンジャスレイヤー書籍公式サイト. 2013年5月6日閲覧。
  45. ^ ダブルミンツ”. ascolto web. 2012年8月2日閲覧。

外部リンク[編集]