忠臣蔵 風の巻・雲の巻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

忠臣蔵 風の巻・雲の巻』(ちゅうしんぐら かぜのまき・くものまき)は、1991年12月13日フジテレビ系列で放送されたテレビドラマ仲代達矢主演。赤穂事件を脚色、赤穂浪士たちの側から描く。(仲代が59歳の誕生日を迎えた当日に放送された)。

概要[編集]

浅野内匠頭の勅使饗応役就任から、赤穂城開城までを描く「風の巻」(本編・約1時間36分)、大石内蔵助の遊蕩から吉良邸討入の顛末までを描く「雲の巻」(本編・約1時間42分)の二部構成で描かれた単発大作時代劇。本編総時間は約3時間18分。放送枠は19:30開始の約3時間45分。

内蔵助を演じた仲代は、抑えた演技で「昼行燈」と渾名される飄々とした雰囲気をじっくり漂わせ、いざという時の決断力との対照を鮮やかに表現する演技を披露。

古田求の脚本は多く侍言葉を用いて台詞に格調を与え、また見せ場を整理したオーソドックスな『忠臣蔵』に仕上げており、この脚本が後に他の『忠臣蔵』ドラマで用いられることになった(1996年のフジテレビ系連続ドラマ『忠臣蔵』、2003年テレビ東京系『忠臣蔵~決断の時』、2004年テレビ朝日系連続ドラマ『忠臣蔵』でそれぞれ用いられた)。

じっくり作りこまれた大作時代劇として評判を呼び、ビデオ化もなされた(ビデオは現在廃盤。DVD化はなされていない)。

出演[編集]

赤穂浪士[編集]

赤穂藩関係者[編集]

吉良家関係者[編集]

幕府[編集]

その他[編集]

スタッフ[編集]